実践記事

「コスタリカ タラス ラ・ロカ ケブラダ」を飲んでみた

今回の飲んでみたシリーズは「コスタリカ」です。

コスタリカの珈琲は”ハニーコーヒー“と呼ばれており、世界でも注目度が高いです。

▼関連記事

イエローハニーとホワイトハニーコーヒーの比較

ハニープロセスとは? 珈琲の精製方法

-- Sponsored Link --

コスタリカは、セントラルバレー、ウエストバレー、ブルンカ、トレス・リオスなどなど、多岐にわたって珈琲の生産が行われています。

その中でも特に注目を集めているのが「タラス」になります( ̄Д ̄)ノ

今回は、サン・ホセ州タラス市カネット・アリバにあるケブラダ農園から届いた珈琲になります。

ちなみに、ラ・ロカ(マイクロミル)の名はミルから望むロカ山に由来しているようで、2014年設立のまだまだ新しい(第三世代と呼ばれている)ミルです。

とはいえカップは抜群で、品質の高さ、安定感は目を見張るものがあります。

・・・ということで、話しが難しくなってきたのでさっそく抽出していきます。

[1人前]

 豆:コスタリカ ラ・ロカ ケブラダ(ホワイトハニー)

 ロースト:シティ

 豆の使用量:15(g)

 粒度:中粗挽き(ナイスカットミル/ダイヤル:4.0)

 湯温:88℃

 抽出量:150[ml]

 抽出方法:ペーパードリップ(コーノ)

 使用器具:備品紹介のページはここをクリック!

使用した豆はこちらです。

p_20161202_143055

写真だと伝わりづらいですが、豆に若干光沢がある程度のシティローストです。

これを毎度お馴染みのコーノペーパードリップで抽出していきます。

そして、今回は珈琲のお供にもこだわりましたっ!!

それがこれだ~~(*´罒`*)ニヒヒ

%e3%81%8a%e3%81%98%e3%81%95%e3%82%93

はい、りくろーおじさんの店。のチーズケーキです。

(写真を撮り忘れてて、かじってしまいました)

では、さっそく珈琲を一口・・・

や、優しい。

それでいてボディに厚みがあり、アーモンドの芳ばしさが感じられます。

香味が非常に複雑で、さくらんぼのような柔らかい甘み、柑橘系の明るい酸も備えています。

なんとも複雑な珈琲です!!

そして、うまいですっ!!

で、気になるりくろーおじさんとの相性は??

24129272229_bec9c78c74_b

抜群だよぉ~~~!!

これはショートケーキやシフォンケーキなどにも相性が良さそうです。

クリスマスシーズンには活躍すること間違いなしでしょう。

コスタリカファンは絶対に飲んだほうがいいですね♪

それでは、良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 実践記事

    「ケニア カナケファクトリーAB」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「ケニア」です。以前、登場したカラツファクト…

  2. 実践記事

    「ケニア ンダロイニ・ファクトリー」を飲んでみた

    相手がリンゴと叫べば、こちらはゴリラと叫ぶっ!!そして相手がラッパと叫…

  3. 実践記事

    [ぶらり珈琲ぼっち旅~西国激走編~]珈琲、外で淹れます【後半:実践】

    珈琲の旅の道中、山や海でアウトドアコーヒーを楽しんできました。▼珈琲の…

  4. 実践記事

    「インドネシア リントン マンデリン」を飲んでみた【水出し編】

    今回の飲んでみたシリーズは「インドネシア」です。1年前のこの時期にも登…

  5. 実践記事

    「パナマ カフェ・コトワ リオクリスタル ゲイシャ」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「パナマ」です。パナマは北アメリカと南アメリ…

  6. 実践記事

    「コスタリカ ロス・クレストネス ラ・シーマ」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「コスタリカ」です。コスタリカは中央アメリカ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 備品

    ナイスカットミルのお掃除【後半】
  2. ドリップ

    ドリップ前に抑えておくべきポイント【前半】
  3. ドリップ

    珈琲を蒸らす理由を把握して香味を安定させる
  4. ドリップ

    ケメックスってご存知ですか?【後半】
  5. 実践記事

    「タンザニア ブラックバーン農園」を飲んでみた
PAGE TOP