実践記事

「エチオピア イルガチェフェ ナチュラル」を飲んでみた

今回の飲んでみたシリーズは「エチオピア」です。

アフリカエリア特有のフレッシュな香味は一度飲んだら忘れられません!!

今回もおなじみのペーパードリップ?

それとも違った抽出方法にチャレンジするの?

そのあたりも含めて、乞うご期待っ(゚∀゚)笑

— Sponsored Link —

エチオピアは東アフリカに位置する国で、正確にはエチオピア連邦民主共和国と呼びます。

アラビカ種の原産地でもあり、世界最古の消費国といって間違いありません。

珈琲の栽培はオロミア州と南部諸民族州を中心に広範囲でおこなわれています。

中でも世界的に人気が高いのはイルガチェフェ地区で栽培されたものです。

精製は主にナチュラル(非水洗式)でおこなわれていますが、近年ではウォッシュト(水洗式)による精製も増加してきました。

ナチュラル(非水洗式)で精製されたイルガチェフェの珈琲は、ピーチやストリベリーを思わせるフレッシュでクリーンな香味があります。

 

それではさっそく抽出してみましょう!!

楽しみですねぇ。

今すぐ飲みたいですねぇ♪~(´ε` )

ではではペーパードリップで、、、と言いたいところですが、今回は水出しにして、豆本来の香味を最大限まで引き出したいと思います!!

そして、暑いのでアイスコーヒーで楽しんじゃいます!!

※普段は夏でもホットですけどね(笑)

[4人前]

 豆:エチオピア イルガチェフェ ナチュラル

 ロースト:シティ(極めてハイローストに近い)

 豆の使用量:35[g]

 粒度:中挽き(ナイスカットミル/ダイヤル:3)

 抽出方法:水出し(iwaki ウォータードリップサーバー)

 ※淹れ方が分からない場合はここをクリック!

・・・アイスコーヒーなのにシティローストだとぉー((((;゚Д゚))))

と思われたアナタ。

なかなかのアイスコーヒー通ですね。

そうです、アイスコーヒーというと深煎り(フルシティ、フレンチ)で抽出することが多いです。

が、問題ございません(`・ω・´)b

騙されたと思って試してみてください!!

取りあえず、僕が実験台になったあとに(笑)

20150425_105411

・・・3時間後。

抽出完了です。

本当はすぐに飲むよりも半日くらい置いたほうが味がまろやかになりますが、今回はすぐに頂きます。

そして、お気に入りの「ファイヤーキング ポルカドットタンブラー」を使います。

ty_ポルカドット

先に言っときますが、「えっ、コーラでも入れたの?」というツッコミはご遠慮下さい(;´∀`)

20150426_181703

それでは飲んでみます。

 

・・・・・。

 

・・・こ、これはっ!!

赤ワインを連想させるようなふんわりとした香り、ピーチを思わせる優しい甘みが心地よいです。

アイスコーヒーでは考えられないくらい、フルーティーな香りが口腔内を刺激します。

 

香りがいいアイスコーヒーが飲みたいなぁ~と思ったら「エチオピア イルガチェフェ ナチュラル」是非、お試しください。

アイスコーヒーの常識が変わります!!

※因みにカフェオレには不向きなので、ブラック推奨です。

 

それでは、良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 実践記事

    「インドネシア リントン マンデリン」を飲んでみた【水出し編】

    今回の飲んでみたシリーズは「インドネシア」です。1年前のこの時期にも登…

  2. 実践記事

    「コスタリカ タラス ラ・ロカ ケブラダ」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「コスタリカ」です。コスタリカの珈琲は"ハニ…

  3. 実践記事

    「コロンビア ブエサコ」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「コロンビア」です。収穫エリアは、ナリーニョ…

  4. 実践記事

    「ルワンダ コアカカ」を飲んでみた

    「○○」を飲んでみたシリーズ第2回目ということで、少し聞きなれない地域…

  5. 実践記事

    「東ティモール レブドゥレテン2016」○○を使って飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「東ティモール」です。1年前のこの時期にも登…

  6. ドリップ

    Cores(コレス)ゴールドフィルターで飲んでみた【使い方解説含む】

    今回の飲んでみたシリーズは抽出方法を変更しての実践です。いつもペーパー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 珈琲の知識

    ピーベリーとフラットビーンの香味の違い
  2. 珈琲の知識

    珈琲にも「新・古・古々」があるってご存知ですか?
  3. 雑記

    ☆に願いを・・・ピノ「薫るアロマ珈琲」を食してみた!!【雑食】
  4. ニュース

    珈琲の香りを嗅ぎ分けるシステムが登場
  5. 珈琲の知識

    珈琲とカフェインの関係
PAGE TOP