備品

オススメのドリップポットはこれっ!!

耐久性に優れていて高性能!!

プロが認めるドリップポットです。

点滴抽出は勿論、お湯のボリューム調整が自由自在!!

このドリップポットを超えるものはあるんですか?

と、かなりハードルを高くしたわけですが・・・僕がオススメするドリップポットとは、

— Sponsored Link —

こちらです。

↓↓↓↓↓↓


ユキワ M型 コーヒーポット 5人用

一度、使用したらこのポット以外では淹れれなくなるでしょう(゚∀゚ )イイスギ

とは言っても耐久性に優れていますので、一度購入したら早々壊れることはありません。

事実、7年間バリバリ使用していますが現役で活躍しています。

では、なぜ「YUKIWA M-5」をオススメしているのか理由を説明していきます。

 

①ドリップポットでは珍しく、蓋と本体が結合タイプである!!

po05

多くのポットは蓋と本体が分離しています。

po04

理由は分かりませんが、結合することで製造工程が増えるため、分離タイプが多いのかもしれません。

 

では、なぜ結合タイプが良いのか?という理由ですが、

po06

抽出時に蓋を空けてお湯を注ぐからです!!

 

個人差はありますが、お湯の残量を確認しながら抽出することで、どれくらいポットを傾けるとお湯が出てくるか目視できるため、蓋を空けて抽出することを推奨します。

 

「えーっ!!別に蓋くらい外して置いておけばいいんじゃないの?」

「違うポットを購入しよっ(゚∀゚)アヒャッ」

 

 と、思いました??

今の理由はジャブです(笑)

ここからの理由が重要なのですっ(‘∀`)

 

②点滴抽出が非常に簡単、しかも狙ったところに真っ直ぐ落ちる!!

po03

とにかくお湯のコントロールが簡単にできます。

狙ったところにお湯を落とすことはドリップの世界では非常に重要です。

スポーツでもそうですよね?

コートの右側に打ちたいのに左側に飛んでいくテニスラケット。

フェアウェイを狙った渾身の一打で見事ラフに突撃するゴルフクラブ。

それよりは、狙ったところに打てるほうが気持ちいいですよね?

 

((((;゚Д゚))))

 

・・・微妙な例えで、すみません(笑)

ただ、本当にコントロールは定まりやすいのは事実です。

体験していただければ納得できるでしょう。

 

③グリップを握った時のフィット感と適度な重みっ!!

 これは写真ではお伝えしにくいのですが、とにかくグリップが握りやすいです。

 それと適度な重みですね。

07

 スポーツでもそうですよね?

あまりにも軽すぎて振った感じがしない野球のバット!!

・・・今回はやめておきましょう(笑)

 

とにかくに重すぎず、軽すぎずの重みが良いのです。

因みに僕がオススメするのは”M-5“と呼ばれるサイズです。

もう一回り小さいサイズ(M-3)と大きいサイズ(M-7)がありますが、M-3ではお湯が足りないし、M-7では1リットルも入るので重すぎて手が疲れます。

 

サラリとお伝えするつもりが、長くなってきましたね。

では次で最後です。

 

④お湯のボリュームが自由自在!!

これは極めて重要なポイントです。

ドリップはお湯を注ぐタイミングとボリュームで味が決まります。

そのため、

08

細くっ!!

そして、

09

太くっ!!

自在にお湯をコントロールする必要があります。

 

が、こちらに関してはメリットでもありデメリットでもあるんですね。

そのため最後の理由に持ってきました。

 

お湯のコントロールですが、いきなり上手にできる人は少ないです。

料理・スポーツ・勉強・仕事、どの分野でもいきなりできる人っていないですよね?

まれに天才はいますけど・・・((((;゚Д゚))))

 

そんなわけで、④の理由に関しては慣れるまでお湯のボリュームにバラつきが出てしまいます。

毎日、少なくとも2日に1回は淹れていれば必ず上達しますので、頑張って練習しましょう!!

 

さて、いかがだったでしょうか?

「YUKIWA M-5」の良さが少しでも伝わっていれば幸いです。

 

どこかで見かけたら是非、手にとってみてください!!

・・・と言いたいところなんですが、実はYUKIWAのポットを扱っているお店は少ないです。

僕が7年前に購入した時も展示品が1つ残っているだけでした。

 

現在はネットで購入するのが楽かもしれません。

当時は足を使って色々なお店に行ったんですけどね・・・。

しかも、遥かに価格がお手頃になってますΣ(゚д゚lll)ガーーン

僕は約1万3000円で購入。それがなんと・・・

↓↓↓↓↓↓

ユキワ M型 コーヒーポット 5人用

【追記】

手作業で製造されているため、極稀に注ぎ口が斜めになっていたり、蓋の調子が悪い(カタカタする)ポットが混入するようです。

決して安いポットではありません。

不具合があれば、速やかに交換してもらいましょう!!

それと、こちらの記事を参考にして頂けると表示価格より5~10%は安く購入できます!!

作業時間は約15分、慣れれば5分です!!

Amazon、楽天をよく利用する方は参考にしてください。

↓↓↓↓↓↓

Amazonと楽天で備品を安く買う裏技【雑記】

 

PS.以下のポットもオススメしています。

↓↓↓↓↓↓

月兎印 スリムポット 0.7L

機能性(ボリューム・点滴抽出難易度)に関しては、今回ご紹介した「YUKIWA-M5」には劣りますが、価格・デザイン性は申し分なしです。

ぽってりとした可愛らしいホルムから女性に人気のポットです。

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`) 

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. ドリップ

    珈琲に油が浮いてるけど大丈夫?

    珈琲に油が浮いてるけど飲めるの?これは古い珈琲??そう思ったことはあり…

  2. ドリップ

    Cores(コレス)ゴールドフィルターで飲んでみた【使い方解説含む】

    今回の飲んでみたシリーズは抽出方法を変更しての実践です。いつもペーパー…

  3. 備品

    銅メジャーカップで気分は喫茶店のマスター

    今回は珈琲豆を量るときに必要となるメジャーカップの紹介です。正直なとこ…

  4. ドリップ

    一石二鳥の万能スケール!抽出時間を安定させていつでも美味しい珈琲を!

    フレンチプレスやサイフォンのように時間に依存する抽出方法は、ストップウ…

  5. 備品

    ナイスカットミル廃盤 購入するなら今がラストチャンス!!【追記あり】

    ※記事後半に追記あり!!このブログでも度々紹介してきた「kalita …

  6. ニュース

    スタイリッシュすぎるモカポット

    モカポットは80年以上前にイタリアで開発された抽出器具の一つです。一家…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ドリップ

    カナダ生まれの木製ドリッパー「カナディアーノ」
  2. 珈琲と音楽

    珈琲を飲みながら聴きたい音楽【EGO-WRAPPIN’】
  3. 雑記

    あま~~~い、でも太らない!!幻の甘味料「羅漢果」
  4. 珈琲の知識

    コーヒーの日があるって本当?
  5. ドリップ

    一石二鳥の万能スケール!抽出時間を安定させていつでも美味しい珈琲を!
PAGE TOP