実践記事

「パプワニューギニア キガバ農園」を飲んでみた

どーも、chayaです(σ゚∀゚)σ

突然ではありますが、らーめん仲間がこのようなものをプレゼントしてくれました。

▼パッケージ

▼中身

いや、これ、えぇーーーっΣ(゚д゚;)

2016年夏に、わざわざ奈良県まで食べに行ったやつじゃーーん!!

▼関連記事はこちら

[ぶらり珈琲ぼっち旅~西国激走編~]見知らぬらぁめん【後半】

-- Sponsored Link --

どうやら宅麺.comと呼ばれる通販サイトがあるようで、全国の有名らーめん店の人気メニューを自宅まで宅配してくれるサービスのようです。

よくコンビニなどに売っている○○とのコラボ商品って感じではなくて、麺もスープも具もお店の味そのままに届きます。

これって結構凄いことじゃないですか?

もし、このサービスとVRが融合したら、自宅にいながらにして人気店に行った気分を味わえるということです(汗)

とんでもない時代が訪れそうですね((((;゚Д゚))))

・・・はい、ということで今回の飲んでみたシリーズは「パプワニューギニア」です(強引に軌道修正w)

パプアニューギニアは、南太平洋にあるニューギニア島の東半分(西半分はインドネシアのパプア州)及び周辺の島々で構成された国家です。

今回は、ジワカ州北ワギ県キガバのキガバ農園から届いた珈琲になります。

パプワニューギニアにコーヒーの木が植えられたのが1890年代と言われていますが、このキガバ農園は1960年頃から徐々に規模を拡大していった農園です。

標高がおよそ1,550[m]、栽培品種はティピカ(またはカティモール)になります。

多くの人がパプワニューギニアの珈琲はインドネシアに近いワイルドな香味を持っていると思っているようですが、果たしてどうでしょうか?

さっそく抽出していきます( ̄Д ̄)ノ

[1人前] 豆:パプワニューギニア キガバ農園

 ロースト:シティ

 豆の使用量:17(g)

 粒度:中粗挽き(ナイスカットミル/ダイヤル:4.5)

 湯温:90℃

 抽出量:150[ml]

 抽出方法:ペーパードリップ(コーノ)

 使用器具:備品紹介のページはここをクリック!

ドリップ中にふと思い出したので、たま~にもらう質問について、これを機にお答えしておきます。

質問:抽出完了直後の色が薄くなった珈琲は捨てたほうが良い?

回答:はい、捨てたほうが良いです。下の写真のようにすり鉢状になる前に速やかにドリッパーを外してください。

逆に蒸らしのときにポタポタと落ちてくる濃い抽出液は捨てないようにしてください。

▼以前、似たような質問に回答していますので、よければ参考にしてください。

蒸らしのときに落ちてきた珈琲は捨てるの?【Q&A】

 

ではでは、質問にも回答したところで、ディズニーのクッキーと一緒に頂きます。

ワイルド?・・・いや違う。

究極にマイルドっ!!

この一言に尽きますね。

舌触りがシルキーで物凄く滑らかです。

中南米エリアの珈琲と比較すると粘性が強くオイリーな印象ですが、程良いコクと柔らかい口当たりがメチャクチャ心地よいです。

珈琲が苦手って方でも飲める一杯なんじゃないかな?と個人的には思います。

もし、見かけたらチャレンジしてみてください♪

それでは、良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 実践記事

    同一の珈琲豆で浅煎りと深煎りの違いを確認してみた

    珈琲の香味は8割が生豆の質で決まるっ!!と、このブログでは紹介してきま…

  2. 実践記事

    「ホンジュラス トゥーリオ・ポルティージョ」を飲んでみた

    2月中旬から風邪はひくし、確定申告の準備には追われるし、なかなかゆっく…

  3. 実践記事

    今、話題の水素水で水出しコーヒーを作ったら○○だった

    僕の心のアクセルを踏み込む名言の一つにこのような言葉あります。あなたが…

  4. 実践記事

    「エルサルバドル シベリア農園 パカマラ」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「エルサルバドル」です。以前、登場したシベリ…

  5. 実践記事

    「ペルー フェスパ農園 カトゥーラ」を飲んでみた

    一度は行ってみたい場所、食べてみたいもの、見てみたいもの、体験したいも…

  6. 実践記事

    「琥珀色の宝石 パナマ ゲイシャ」を飲んでみた

    セブンイレブンをはじめ、ローソン、ファミリーマート、サークルKとコンビ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ドリップ

    珈琲豆は焙煎度合いによって重さが異なります
  2. 雑記

    コーヒーインストラクター基礎問題アプリに挑戦っ!!
  3. マインド

    美味しい珈琲を求めるなら進化より深化、そして昇華すること【持論】
  4. 実践記事

    「東ティモール レブドゥ レテン」を飲んでみた
  5. 開業

    開業するには6W2Hを書き出すべし!お店のコンセプトは決まっていますか?
PAGE TOP