実践記事

「コロンビア ブエサコ」を飲んでみた

今回の飲んでみたシリーズは「コロンビア」です。

収穫エリアは、ナリーニョ県ブエサコになります。

ん?・・・県(゜∀。)??

コロンビアは非常に広大で、33の県が設けられているのです!!

ブエサコはナリーニョ県の中にある64市の中の一つです。

日本でも○○県○○市って区分しますよね。

— Sponsored Link —

ナリーニョ県は赤道に近く、穏やかで暖かい気候のエリアになります。

故に珈琲の栽培に適しています。

生産される珈琲は良質で、柔らかくてフローラル、そして芳醇なコクを持っています。

コロンビアというと力強く、ワイルドな香味を連想する人が多くいますが、生産エリアによって香味は大きく異なります。

果たして、どのような香味があるのでしょうか?

それでは、さっそく飲んでみましょう!!

[1人前]

 豆:コロンビア ブエサコ

 ロースト:シティ

 豆の使用量:17(g)

 粒度:中粗挽き(ナイスカットミル/ダイヤル:4.5)

 湯温:90℃

 抽出方法:ペーパードリップ(コーノ)

 使用器具:備品紹介のページはここをクリック!

ほへぇ~、またペーパードリップか。

って声がそろそろ聞こえてきそうなので、次回の飲んでみたシリーズは違う抽出でチャレンジします!!

気が向いたら(笑)

・・・と言っている間に、抽出完了!!

(心の声:やっぱりペーパーが楽だな)

ファイヤーキング チャームC&Sに注いでみました。

雰囲気出すためにStudioM'(スタジオエム)のスプーンも添えてみます。

20150831_133453

キャラメルのような優しい甘みと柑橘系、特にオレンジのような酸を感じます。

仕事の合間、食後、目覚めの一杯、どのタイミングでも気兼ねなく楽しめる珈琲といった印象です。

同じ生産国でもエリアによって香味が別物で楽しいですね。

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 実践記事

    「タンザニア ブラックバーン農園」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「タンザニア」です。タンザニアは中央アフリカ…

  2. 実践記事

    「東ティモール レブドゥレテン2016」○○を使って飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「東ティモール」です。1年前のこの時期にも登…

  3. 実践記事

    「タンザニア ブラックバーン農園」を飲んでみた【part2】

    今回の飲んでみたシリーズは「タンザニア」です。前回のタンザニア実践が2…

  4. 実践記事

    「ブラジル マカウバデシーマ農園 ナチュラル」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは前回に引き続き「ブラジル」です。前回の記事は…

  5. 実践記事

    「コスタリカ タラス ラ・ロカ ケブラダ」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「コスタリカ」です。コスタリカの珈琲は"ハニ…

  6. 実践記事

    「インドネシア リントン マンデリン」を飲んでみた【水出し編】

    今回の飲んでみたシリーズは「インドネシア」です。1年前のこの時期にも登…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ニュース

    コーヒースタンドが増加中です
  2. 珈琲の旅

    [ぶらり珈琲ぼっち旅~西国激走編~]白鷺とおでんと私
  3. 実践記事

    「東ティモール レブドゥ レテン」を飲んでみた
  4. 珈琲の知識

    珈琲の酸味と苦味の関係性まとめ
  5. 珈琲の知識

    しごき?手摘み?人手による珈琲の収穫は絶対に高品質なの?
PAGE TOP