実践記事

「東ティモール レブドゥレテン2016」○○を使って飲んでみた

今回の飲んでみたシリーズは「東ティモール」です。

1年前のこの時期にも登場しています。

▼前回の記事

「東ティモール レブドゥ レテン」を飲んでみた

 

珈琲は農作物であるため、毎年同じ香味になるとは限りません。

果たして今年の東ティモールは昨年同様・・・いや、それ以上の香味となっているのでしょうか?

— Sponsored Link —

ところで、珈琲の香味をチェックする、また比較するときはカッピングが基本です。

▼カッピングに関する記事

カッピングを覚えて珈琲の香味を見極める

 

が、このシリーズは、僕が好きなように飲むだけのなんとも自由度が高い内容となっております。

よって普通に楽しみながら珈琲を淹れていきます( ̄Д ̄)ノ 

[1人前]

 豆:東ティモール レブドゥ レテン

 ロースト:ハイ

 豆の使用量:16(g)

 粒度:中挽き(ポーレックス10クリック)

 湯温:88℃

 抽出量:160[ml]

 抽出方法:ペーパードリップ(コーノ)

 使用器具:備品紹介のページはここをクリック!

使用した豆はこちらです。

P_20160618_104931

器が白飛びして分かりづらいですが、ハイローストにしています。

 こちらを1人前、16[g]で抽出していきます。

P_20160618_104824

そしていつも通りナイスカットミルでゴリゴリと豆を挽いて・・・いきませんっ!!

今回は外出時、特にアウトドアには最適なアレを使って豆を挽きます。

こちらです。

 

でんっ!!

P_20160618_105205

はい、「ポーレックスセラミック コーヒーミル」ですっ(*´∀`*)

※上の抽出条件のところでバレバレだね!ってツッコミはご遠慮ください。

写真にケメックスと豆瓶が写り込んでいますが、それよりも遥かにスタイリッシュで細身ですね。

そして格好いいっ!!

さっそく挽いていきましょう♪

P_20160618_105759

・・・躍動感のない写真ですが、割と頑張って回しています。

1~2分ほどハンドルを回すと~

P_20160618_110135 

キレイに中挽き(やや細め)の粉になりました。

ダイヤル調整次第では極細挽き(主にエスプレッソで使用)から粗挽きまで対応していますので、また別の機会に紹介します。

 

これをコーノペーパードリップで2分20秒かけて抽出し、

P_20160618_110915

「ファイヤーキングDハンドルシリーズ ホワイト」に注げば完成です。

 

ではでは、冷めないうちに飲んでみます。

こ・・・これはっ((((;゚Д゚))))

d4d9a9582a88c1bf4d05aceb9f4ca2ed_s

真っ先に思い浮かんだのはレモン。

レモンの爽やかな酸とハイローストとは思えない圧倒的なボディ。

そしてアフターは軽やかで、心地よいほろ苦さが口の中に響きわたります。

例えるならば、そうっ!!

極上のレモンティーっ(`・ω・´)b

9641b67ea7b1d147b75539c3f4f86fe7_s

夏場だと温かい飲み物はちょっと・・・と思われる人には是非オススメしたい珈琲ですね。

飲みやすすぎるので飲みすぎ注意ですけど(笑)

それでは、良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 実践記事

    「琥珀色の宝石 パナマ ゲイシャ」を飲んでみた

    セブンイレブンをはじめ、ローソン、ファミリーマート、サークルKとコンビ…

  2. 実践記事

    「エルサルバドル シベリア農園 コードブラック」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「エルサルバドル」です。エルサルバドルは中央…

  3. 実践記事

    同一の珈琲豆で浅煎りと深煎りの違いを確認してみた

    珈琲の香味は8割が生豆の質で決まるっ!!と、このブログでは紹介してきま…

  4. 実践記事

    「ブラジル ダテーラ農園 ブルボン」を飲んでみた

    「○○」を飲んでみたシリーズはじめました。こちらの記事は、珈琲について…

  5. 実践記事

    「コスタリカ ブルマス・デル・スルキ」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「コスタリカ」です。しかし、ただのコ…

  6. 実践記事

    「ケニア カラツファクトリー」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「ケニア」です。東アフリカに位置する共和制国…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ドリップ

    ドリップ前に抑えておくべきポイント【後半】
  2. 備品

    手挽きミルの調整方法(Kalita dome mill)
  3. ドリップ

    カナダ生まれの木製ドリッパー「カナディアーノ」
  4. 珈琲の知識

    ひとつまみの○○で珈琲の味がまろやかに!
  5. 珈琲の知識

    コーヒー染めでオシャレに変身!!
PAGE TOP