ニュース

珈琲の世界に終わりはない

「私は自分の人生をコーヒースプーンで計り尽くした。」

by T・S・エリオット(詩人)

これは、珈琲にまつわる名言の一つです。

しかし、どうでしょうか?

本当に珈琲の世界に人生を計り尽くした瞬間はあるのでしょうか?

ご存知かもしれませんが、日本にはこのような人物が存在します。

東京・杉並区でコーヒー豆の輸入卸・小売店を経営する安藤久蔵さん。1911年生まれの101歳。小売店の名前は”アロマフレッシュ”。

引用元:d.hatena.ne.jp

な・・・なんとっ((((;゚Д゚))))

とんでもない人がいたものです。

2014年時点で既に103歳

僕が同じ土俵に立つためには残り73年(笑)

とてもコーヒースプーンでは計り知れないバイタリティです。

安藤さんは85歳から珈琲専門店をスタートして、100歳を超えてからも自転車で珈琲豆の配達をしているそうです(;゚Д゚)!

そして、なにより凄いのは焙煎から販売、配達における工程を全て一人でこなしていること。

この事実を知って「珈琲の世界は無限の可能性がある」と心から思いました。

僕は100歳を超えられるか分かりませんが、これからも一人でも多くの人に美味しい珈琲を伝えたいですね。

因みに安藤さんは1日に30杯珈琲を飲むそうです(-_-;)

これは真似したら大変なことになりそうですね(笑)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. ニュース

    珈琲の香りを嗅ぎ分けるシステムが登場

    これまでに、珈琲にはフルーツのような香味があると説明してきましたが、人…

  2. ニュース

    独創的なカフェ+○○がOPEN

    珈琲ブームの加速に伴ってカフェや喫茶店が全国的に急増していますね。そん…

  3. ニュース

    全国書店にて珈琲の焙煎が体験可能に!!

    フェリシモの食のブランド「CHOU CLUB(シュークラブ)」が201…

  4. ニュース

    ピース又吉さんの「深い珈琲エッセイ」付きコーヒーが話題に!

    ピース(お笑い芸人)の又吉直樹さんが、芥川賞を受賞したことはご存知でし…

  5. ニュース

    わずか10秒でハイクオリティなラテアートが作れるマシーンが登場!!

    ラテアートとは、エスプレッソの表面にフォームドミルク(泡立てたミルク)…

  6. ニュース

    スタイリッシュすぎるモカポット

    モカポットは80年以上前にイタリアで開発された抽出器具の一つです。一家…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ニュース

    珈琲の世界に終わりはない
  2. ニュース

    スタイリッシュすぎるモカポット
  3. 備品

    コーヒーサイフォンの仕組み
  4. 珈琲の知識

    高品質な珈琲は生豆から違う?梱包(パッキング)方法にもこだわりが!!
  5. 珈琲の知識

    アイスコーヒーは日本で誕生した?
PAGE TOP