ニュース

珈琲の世界に終わりはない

「私は自分の人生をコーヒースプーンで計り尽くした。」

by T・S・エリオット(詩人)

これは、珈琲にまつわる名言の一つです。

しかし、どうでしょうか?

本当に珈琲の世界に人生を計り尽くした瞬間はあるのでしょうか?

ご存知かもしれませんが、日本にはこのような人物が存在します。

東京・杉並区でコーヒー豆の輸入卸・小売店を経営する安藤久蔵さん。1911年生まれの101歳。小売店の名前は”アロマフレッシュ”。

引用元:d.hatena.ne.jp

な・・・なんとっ((((;゚Д゚))))

とんでもない人がいたものです。

2014年時点で既に103歳

僕が同じ土俵に立つためには残り73年(笑)

とてもコーヒースプーンでは計り知れないバイタリティです。

安藤さんは85歳から珈琲専門店をスタートして、100歳を超えてからも自転車で珈琲豆の配達をしているそうです(;゚Д゚)!

そして、なにより凄いのは焙煎から販売、配達における工程を全て一人でこなしていること。

この事実を知って「珈琲の世界は無限の可能性がある」と心から思いました。

僕は100歳を超えられるか分かりませんが、これからも一人でも多くの人に美味しい珈琲を伝えたいですね。

因みに安藤さんは1日に30杯珈琲を飲むそうです(-_-;)

これは真似したら大変なことになりそうですね(笑)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. ニュース

    えっ、2年も熟成?タリーズよりエイジドマンデリンが発売!!

    2015年11月27(金)からタリーズコーヒー全店にて数量限定コーヒー…

  2. ニュース

    独創的なカフェ+○○がOPEN

    珈琲ブームの加速に伴ってカフェや喫茶店が全国的に急増していますね。そん…

  3. ニュース

    スタイリッシュすぎるモカポット

    モカポットは80年以上前にイタリアで開発された抽出器具の一つです。一家…

  4. ニュース

    コーヒースタンドが増加中です

    コーヒースタンドが急速に増加しているのはご存知ですか?今や珈琲はスタン…

  5. ニュース

    北欧の珈琲は○○を混ぜて飲むのが常識です

    最近では生クリーム、シナモン、ココアパウダー、キャラメル、チョコレート…

  6. ニュース

    ブルーボトルコーヒーがOPENしました!!

    コーヒー界の「Apple」とも称されるブルーボトルコーヒー!!ついに日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ドリップ

    珈琲に油が浮いてるけど大丈夫?
  2. 実践記事

    「パナマ カフェ・コトワ リオクリスタル ゲイシャ」を飲んでみた
  3. 質問

    ペーパーレスフィルターとペーパーフィルターはどちらが良い?【Q&A】
  4. 備品

    珈琲豆の保存方法
  5. ドリップ

    ペーパーレス(金属)フィルターで淹れると薄くなる?【Q&A】
PAGE TOP