実践記事

「東ティモール レブドゥ レテン」を飲んでみた

今回の飲んでみたシリーズは「東ティモール」です。

東ティモールはアジア地域に位置する共和制国家です。

石油や天然ガスを中心に経済が成り立っているイメージが先行していますが、珈琲の栽培も行われています。

— Sponsored Link —

「東ティモール レブドゥ レテン」は、日本のNGOであるPWJ(ピース・ウインズ・ジャパン)が、東ティモール支援活動の一環でフェアトレードとして開発・援助した珈琲になります。

粉にしたときの香りが花のようにフローラルで、しっかりとしたコク、爽やかな酸が特徴的です。

同じアジアエリアではインドネシアが有名ですが、果たして似たような香味なのでしょうか?

そのあたりも含めて飲んでみます。

[1人前]

 豆:東ティモール レブドゥ レテン

 ロースト:シティ

 豆の使用量:17(g)

 粒度:中粗挽き(ナイスカットミル/ダイヤル:4.5)

 湯温:90℃

 抽出方法:ペーパードリップ(コーノ)

 使用器具:備品紹介のページはここをクリック!

 粉の使用量を増やして、粒度は中粗挽き、抽出量は150[ml]にしています。

こうすることで、フレンチプレスに匹敵するくらい香り高い珈琲が出来上がります。

ポイントは粒度ですね。

こちらの記事が参考になりますので、よければどうぞ。

粒度(メッシュ)を調整して美味しい珈琲を楽しむ

 

ファイヤーキングDハンドルシリーズのアイボリーを使用してみました。

20150531_162234

ホワイトほど珈琲は透き通りませんが、アイボリーは落ち着いた雰囲気で珈琲が美味しそうに見えます。

では、さっそく飲んでみましょう。

・・・え、エクセレントっ!!

華やかな香り、柑橘系、特にオレンジの酸味と豊かなコク、柔らかい甘みを感じます。

バランスが非常に良く、クッキーやビスケットのような焼き菓子と相性がよさそうです。

同じアジアエリアにも関わらず、飲んでみたシリーズにも登場した「インドネシア リントン マンデリン」とは香味が大きく異なります。

隣接している産地ごとで飲み比べると面白いかもしれません。

それでは、良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 実践記事

    「ケニア カラツファクトリー」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「ケニア」です。東アフリカに位置する共和制国…

  2. 実践記事

    「コロンビア ブエサコ」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「コロンビア」です。収穫エリアは、ナリーニョ…

  3. 実践記事

    「コスタリカ ブルマス・デル・スルキ」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「コスタリカ」です。しかし、ただのコ…

  4. 実践記事

    「パナマ コトワ農園 ダンカン プレミアムリザーブ」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「パナマ」です。今年に入って早くも2回目の登…

  5. 実践記事

    「コロンビア ラ・ピラミド」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「コロンビア」です。珈琲生産量が世界トップク…

  6. 実践記事

    「ケニア カナケファクトリーAB」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「ケニア」です。以前、登場したカラツファクト…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 実践記事

    「インドネシア リントン マンデリン」を飲んでみた
  2. 雑記

    「銀の匙」から学ぶ、生産者の熱い想い!!【雑記】
  3. 珈琲の知識

    しごき?手摘み?人手による珈琲の収穫は絶対に高品質なの?
  4. ニュース

    ブルーボトルコーヒーがOPENしました!!
  5. ドリップ

    バター焙煎コーヒーって何?【後半】
PAGE TOP