珈琲の知識

美味しいアイスコーヒーを作るコツは味覚の温度特性を知ること!

8月に突入して、いよいよ夏本番といったところでしょうか。

冷房なしでは生活できないレベルです(;゚Д゚)アヂィ~

 

ところで、皆さんはドロドロに溶けたアイスクリームや常温になったジュースを飲んで

553c6ad3346fc147bb6e1705ce555598

と叫んだ経験はありませんか?

 

はい、砂糖が沢山含まれていますからね。

事実、メチャクチャ甘いです!!

アイスやジュースを美味しいと感じる理由は「甘い」といった刺激と共に、舌が「冷たい」刺激を同時に受けとるためです。

 

では、アイスコーヒーの場合はどうでしょうか?

— Sponsored Link —

アイスコーヒーは深煎りの豆で作るべし」と聞いたことはありませんか?

これは直感や感覚、経験で言っているわけではありません。

 

味覚の温度特性と深く密接しています!

ざっくりと表にまとめてみました。

温度特性

この表から分かるように、人間は冷たいものだと「苦味、甘味」の感じ方が鈍感になります。

逆に温かいものだと「酸味」の感じ方が鈍感になります。

珈琲のカッピングで酸味(アシディティ)を評価するとき、70℃付近まで温度を下げるのはこのためです。

▼カッピングに関する参考記事

カッピングを覚えて珈琲の香味を見極める

 

では、ここまでの話しを整理して、美味しいアイスコーヒーを作るにはどうしたら良いか分かりますか?

それは、ズバリっ!!!!

博士

酸味を減らして、苦味を強くする!!

これが最も効果的な方法です。

しかし、ここで勘違いしないで欲しいのは「深煎りの豆で作ればいい」とは伝えていないことです。

例えば、粒度を細かくすることで苦味成分は多く排出されますし、ブラジルのような元より酸が少ない豆を使うのも一つの手です。

重要なのは“味覚の温度特性を考慮する”ことになります。

 

こちらの記事も参考にして頂けると、より理解が深まって、コツが分かります。

アイスコーヒーの作り方(ドリップ編)で注意するポイント【Q&A】

 

味覚の温度特性さえ理解できれば、美味しいアイスコーヒーは簡単に作れます!!

色々試して、究極のアイスコーヒーを作ってみてください。

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    抽出温度で珈琲の味が変わる

    沸騰したての熱湯でドリップしていませんか?ここでは抽出温度による味の違…

  2. 珈琲の知識

    珈琲の香味に詳しくなるための近道

    ワインの世界では香味を言葉で表現することが一般的です。ワイン用語の「ア…

  3. 珈琲の知識

    イタリアはカプチーノを1日○杯が基本

     「卵は1日1個までっ!!」といったキーワードをご存知ですか?コレステ…

  4. 珈琲の知識

    エスプレッソのクレマができる仕組み

    まだまだマイナーイメージが先行しているエスプレッソですが、珈琲愛好家の…

  5. 珈琲の知識

    ロースト(焙煎)による香味の違い

    そもそも珈琲の焙煎が始まったのは15世紀頃と言われています。18世紀頃…

  6. 珈琲の知識

    貝殻豆は高級品?しかも正体は象?

    珈琲豆の形状は大きく分類すると二種類になります。一つは半球形のフラット…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 珈琲の知識

    コーヒードームは何故できる?
  2. 珈琲の知識

    粒度(メッシュ)を調整して美味しい珈琲を楽しむ
  3. ドリップ

    台形ペーパー(カリタ、メリタ対応)の折り方解説
  4. 備品

    電動ミルのオススメはこれっ!!
  5. 珈琲の知識

    スイーツに合う珈琲の選び方
PAGE TOP