実践記事

「グアテマラ ラ・ホヤ農園 ブルボン」を飲んでみた

お久しぶりです。

どーも、chayaです。

「あれ?ブログ引退しました?」なんてお声かけ頂きましたが違います!!

パソコンが故障していましたヽ(´Д`;)ノ

ようやく復旧したため、またボチボチ更新していきます!!

はい、ということで復活一発目の記事は飲んでみたシリーズです。

今回は「グアテマラ」になります。

— Sponsored Link —

ターゲットとなった農園は「ラ・ホヤ農園」です。

アンティグア地方の標高1,610~1,960[m]で栽培されたブルボン種になります。

非常に急峻な斜面で栽培された貴重な珈琲で、収穫もピッカーさんによる完全手摘みによるものです。

これだけでも手間が掛かってそうそうですよね?

ただ、ラ・ホヤとはスペイン語で”宝石“の意味を持っています。

自らハードルを上げるような農園名となっていますが、果たしてその名にふさわしい輝きを持った珈琲なのでしょうか(;゚Д゚)??

さっそく真偽を確かめていきます(`・ω・´)ノ

[1人前]

 豆:グアテマラ ラ・ホヤ農園 ブルボン

 ロースト:シティ

 豆の使用量:17(g)

 粒度:中粗挽き(ナイスカットミル/ダイヤル:4.5)

 湯温:90℃

 抽出量:150[ml]

 抽出方法:ペーパードリップ(コーノ)

 使用器具:備品紹介のページはここをクリック!

使用した豆はこちらです。

P_20160819_183841

スクリーンサイズのレベルが高すぎて気絶しそうになりました(笑)

これ程までに均一性のある豆を見たことがありますか?

各工程において、現地のプロ達が幾度となくピッキングを重ねて、ハイクオリティなものだけを寄せ集めた結果でしょう。

豆の形状だけでも宝石のような美しさがありますね(*´∀`*)ウットリ

 

さて、これをいつも通り、コーノペーパードリップで丁寧に抽出していきます。

そして~~、お洒落なカップに注ぐのもありですが、グアテマラの山を妄想するために敢えて”スノーピークマグ“に注いでいきます。

なんだか、アウトドア感がでていませんか?笑

P_20160819_184341

では、さっそく一口っ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なに、この透明感っ((((;゚Д゚))))

5efdc7cef9f71b39c301caeddd4da6a2_s

オレンジ、アプリコットの華やかで明るい酸味の中に、ヘーゼルナッツのような香ばしく優しい甘みが感じられます。

酸味、苦味、甘味のトータルバランスが他の豆とは一線を画すレベルの珈琲ですね!!

とはいえ、肩肘張らずどのタイミングでも、どなたでも飲める純粋に美味しい珈琲といった感じです。

グアテマラファンには是非飲んでいただきたいですね。

それでは、良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 実践記事

    「ニカラグア ギジェルモ・モンテネグロ マラゴジペ」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「ニカラグア」です。ニカラグアは中央アメリカ…

  2. 実践記事

    「コスタリカ タラス ラ・ロカ ケブラダ」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「コスタリカ」です。コスタリカの珈琲は"ハニ…

  3. 実践記事

    今、話題の水素水で水出しコーヒーを作ったら○○だった

    僕の心のアクセルを踏み込む名言の一つにこのような言葉あります。あなたが…

  4. 実践記事

    「ホンジュラス トゥーリオ・ポルティージョ」を飲んでみた

    2月中旬から風邪はひくし、確定申告の準備には追われるし、なかなかゆっく…

  5. 実践記事

    「ペルー フェスパ農園」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「ペルー」です。もう一度言います。「ペルー」…

  6. 実践記事

    「ケニア カイナムイファクトリー AA」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「ケニア」です。以前、登場したカラツファクト…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 珈琲の知識

    ハニープロセスとは?【part2】 珈琲の精製方法
  2. 雑記

    珈琲を飲んだ後のケアは大丈夫?トゥービー・ホワイトの実力を検証してみた【雑記】
  3. 実践記事

    「ケニア カラツファクトリー」を飲んでみた
  4. 珈琲の旅

    珈琲の旅について説明します
  5. 雑記

    珈琲の世界におけるパレートの法則【持論】
PAGE TOP