珈琲の知識

冷凍保存した珈琲豆って凍ってるの?温度を計ったら○○℃だった!!

珈琲豆は常温と冷凍を使い分けて保存すると効果的です。

こちらのQ&Aで回答したように、1~2週間程度で消費できる量を常温、残りを冷凍しておく方法がオススメです。

▼過去記事はこちら

珈琲の保存は常温と冷凍どちらが良いの?【Q&A】

 

ところで、珈琲豆は冷凍しても凍らないっ!!

と言われていますが、果たして何℃くらいなのでしょうか?

今回は、常温と冷凍した珈琲豆の温度差にフォーカスして調査していきます。

それではどうぞ( ̄Д ̄)ノ

— Sponsored Link —

研究室にあるような本格的なプローブがあれば良かったのですが、手元にないため、こちらの防水ペン型温度計で豆の温度を計ります。

001

電源ON時点の温度(気温)は27.6[℃]です。

豆の状態では温度計が刺さらないため、ナイスカットミル(ダイヤル4.0)で粉にしてから計測しました。

 

まずは常温の豆の温度です。

 

結果はこちらっ!!

 

 

でんっ!!

002

28.2[℃]でした。

摩擦熱でもう少し高い温度になると思っていましたが、気温とほぼほぼ同等ですね。

流石ナイスカットミル!!

 

続きまして、冷凍の豆の温度です。

 

結果はこちらっ!!

 

 

でんっ!!

003

15.4[℃]でした。

常温の豆と比べると、12.8[℃]も低いです。

焙煎後の豆は水分値が1%以下と言われているため、凍ってはいませんでした。

しかし、冷えていることは確かです!!

いつもと同じ要領で抽出すると、冷凍の豆の方が湯温が低くなります。

よって、香りが弱く、味の総量が少ない(薄い)珈琲になりがちです。

気になる人は、冷凍庫から取り出して30分ほど経過すると豆の温度が常温に戻りますので、解凍してから使うようにしてください。

 

簡単ではありますが、調査結果は以上です。

 

[補足]

実際に飲み比べてみましたが、違いは僅かです。

言われなければ気付きません(`・ω・´)キッパリ

それでも気になる人は、使うたびに冷凍庫から取り出して解凍してください。

もし大変であれば、冒頭で述べたように「1~2週間程度で消費できる量を常温、残りを冷凍しておく方法」を実践してみてください。

 

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    珈琲の香味の表現方法でよくある誤解

    珈琲の香味を明確に伝える手段として、フルーツの香味に置き換えることがあ…

  2. 珈琲の知識

    ロースト(焙煎)による香味の違い

    そもそも珈琲の焙煎が始まったのは15世紀頃と言われています。18世紀頃…

  3. 珈琲の知識

    ロブスタ(カネフォラ)種とアラビカ種の成分の違い

    珈琲の品種は大きく2つに分類されます。1つは缶コーヒーやインスタントコ…

  4. 珈琲の知識

    エスプレッソのクレマができる仕組み

    まだまだマイナーイメージが先行しているエスプレッソですが、珈琲愛好家の…

  5. 珈琲の知識

    「ビジャ・サルチ」 珈琲の品種と特徴

    日本人は品種を意識して商品を選択します。僕も代表的なその一人です(笑)…

  6. ドリップ

    究極のカフェオレの作り方

    朝から深煎りの珈琲をガツンとブラックで飲む人もいれば、浅煎りをサッとア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. マインド

    心の鍵を外せば珈琲の世界は広がる
  2. マインド

    守破離の教え、それが珈琲道!!
  3. ニュース

    独創的なカフェ+○○がOPEN
  4. 備品

    コーヒーサーバー(コーノ グラスポット)使い方のコツ
  5. 実践記事

    「コスタリカ タラス ラ・ロカ ケブラダ」を飲んでみた
PAGE TOP