珈琲の知識

アイスコーヒーは日本で誕生した?

暑くなってきたのでアイスコーヒーについて語ることにします。

ところで、アイスコーヒーを英語でどう表現するかご存知ですか?

「ふっ、簡単だね。Ice coffeeでしょ!!」

と思われたアナタ。

海外でそのように注文してみてください。

大変なことになりますよ((((;゚Д゚))))

— Sponsored Link —

こんなアイスコーヒーが出てきます(笑)

DSC_0476a

引用元:tokuhain.arukikata.co.jp

これはドイツのアイスコーヒーです。

もうホイップクリームやらアイス、チョコチップなどがビッシリと乗っかてきます。

シアトル系を代表するスターバックスでもフラペチーノを注文すると大量のホイップが乗っていたりしますよね?

そう、海外のアイスコーヒーはこれがメジャーなのです。

では、どのように表現するのか?

答えは「Iced coffee」です。

受け身のIced を使用することで、想像しているアイスコーヒーにありつける可能性があります。

はっ?可能性があります・・・だと?

えぇ、海外ではまだまだ珈琲を冷やして、そのままブラックで飲むという風習が根付いていないのです。

さて、本題に入りましょう。

そもそも、アイスコーヒーはどこで誕生したのか?ですね。

タイトルにも書きましたが答えは、なんと「日本」です!!

その歴史は古く、始まりは大正時代と言われています。

日本人は昔から、飲み物や食べ物を冷やす風習があります。

スイカやトマト、キュウリなどを川で冷やした経験はございませんか?

d42d9302f90e0f9cabb2bbef283d02d7_s

水が綺麗なことにも起因していると思われますが、この日本の特有の冷やす文化こそが「アイスコーヒー」の誕生に結びついたと言われています。

刺身なんかも基本的には冷えていますよね?

海外の人が驚いていますよね?

当たり前と思っていたことが、本当はそうではなかった!!

当たり前の行為が実は物凄い発見だった!!

これは、珈琲の世界だけに限らず、様々な場面であると思います。

アイスコーヒーでクールダウンして、何か新しい発見ができるといいですね。

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`) 

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    珈琲の酸味と苦味の関係性まとめ

    珈琲は言葉で表現するのが難しい複雑な香味を持った飲み物ですが、大きく分…

  2. 珈琲の知識

    ロブスタ種が評価されない理由は絶対的に○○が足りないから!

    珈琲に少し詳しくなると「アラビカ種 > ロブスタ種」と定義する人がいま…

  3. 珈琲の知識

    ブレンドの作り方【前半】

    美味しい珈琲をさらに美味しく!!ここでは珈琲のブレンドの作り方について…

  4. ドリップ

    珈琲豆は焙煎度合いによって重さが異なります

    メジャースプーンでしっかりと量っているのに薄い珈琲になってしまった。逆…

  5. 珈琲の知識

    美味しい珈琲の選び方【スペシャルティコーヒーの解説含む】※改版

    美味しい珈琲を飲むためには豆選びが重要です。そして、豆を正しく選択する…

  6. 珈琲の知識

    pHが及ぼす味の影響

    お茶をはじめ、料理の世界では水へのこだわりを持つことが多いです。では、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ドリップ

    ドリップ前に抑えておくべきポイント【後半】
  2. 実践記事

    「インドネシア リントン マンデリン」を飲んでみた
  3. ニュース

    独創的なカフェ+○○がOPEN
  4. ドリップ

    コーノ式ドリッパーを推奨する理由
  5. 珈琲の知識

    一杯の珈琲に含まれるカフェインの量
PAGE TOP