珈琲の知識

アイスコーヒーは日本で誕生した?

暑くなってきたのでアイスコーヒーについて語ることにします。

ところで、アイスコーヒーを英語でどう表現するかご存知ですか?

「ふっ、簡単だね。Ice coffeeでしょ!!」

と思われたアナタ。

海外でそのように注文してみてください。

大変なことになりますよ((((;゚Д゚))))

— Sponsored Link —

こんなアイスコーヒーが出てきます(笑)

DSC_0476a

引用元:tokuhain.arukikata.co.jp

これはドイツのアイスコーヒーです。

もうホイップクリームやらアイス、チョコチップなどがビッシリと乗っかてきます。

シアトル系を代表するスターバックスでもフラペチーノを注文すると大量のホイップが乗っていたりしますよね?

そう、海外のアイスコーヒーはこれがメジャーなのです。

では、どのように表現するのか?

答えは「Iced coffee」です。

受け身のIced を使用することで、想像しているアイスコーヒーにありつける可能性があります。

はっ?可能性があります・・・だと?

えぇ、海外ではまだまだ珈琲を冷やして、そのままブラックで飲むという風習が根付いていないのです。

さて、本題に入りましょう。

そもそも、アイスコーヒーはどこで誕生したのか?ですね。

タイトルにも書きましたが答えは、なんと「日本」です!!

その歴史は古く、始まりは大正時代と言われています。

日本人は昔から、飲み物や食べ物を冷やす風習があります。

スイカやトマト、キュウリなどを川で冷やした経験はございませんか?

d42d9302f90e0f9cabb2bbef283d02d7_s

水が綺麗なことにも起因していると思われますが、この日本の特有の冷やす文化こそが「アイスコーヒー」の誕生に結びついたと言われています。

刺身なんかも基本的には冷えていますよね?

海外の人が驚いていますよね?

当たり前と思っていたことが、本当はそうではなかった!!

当たり前の行為が実は物凄い発見だった!!

これは、珈琲の世界だけに限らず、様々な場面であると思います。

アイスコーヒーでクールダウンして、何か新しい発見ができるといいですね。

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`) 

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    珈琲にまつわるベートーヴェンの奇妙なこだわり【雑記】

    数ではない、重さこそが真実です!音楽室の守護神ことベートーヴェンが珈琲…

  2. 珈琲の知識

    抽出温度で珈琲の味が変わる

    沸騰したての熱湯でドリップしていませんか?ここでは抽出温度による味の違…

  3. 珈琲の知識

    珈琲の水色を楽しむ

    珈琲は真っ黒な飲み物!そう思っていませんか?紅茶の世界では水色(すいし…

  4. ドリップ

    あなたはどっち派?浸漬法と透過法の違い!【前半】

    珈琲の抽出方法は大きく2つに分類できるとご存知ですか?1つはフレンチプ…

  5. 珈琲の知識

    エスプレッソのクレマができる仕組み

    まだまだマイナーイメージが先行しているエスプレッソですが、珈琲愛好家の…

  6. ドリップ

    バター焙煎コーヒーって何?【後半】

    バター焙煎コーヒーって何?の後半です。前半では「珈琲にバターを浮かべる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 実践記事

    「パナマ カフェ・コトワ リオクリスタル ゲイシャ」を飲んでみた
  2. 備品

    [ぶらり珈琲ぼっち旅~西国激走編~]珈琲、外で淹れます【前半:道具紹介】
  3. 実践記事

    CAFE PILAO(カフェピロン)を飲んでみた
  4. 雑記

    『スペシャルティコーヒー入門』珈琲の常識が激変する一冊。
  5. 実践記事

    「カフェインレス コロンビア ブエサコ」&「松屋長春の羽二重餅」を食べてみた
PAGE TOP