珈琲の知識

アイスコーヒーは日本で誕生した?

暑くなってきたのでアイスコーヒーについて語ることにします。

ところで、アイスコーヒーを英語でどう表現するかご存知ですか?

「ふっ、簡単だね。Ice coffeeでしょ!!」

と思われたアナタ。

海外でそのように注文してみてください。

大変なことになりますよ((((;゚Д゚))))

— Sponsored Link —

こんなアイスコーヒーが出てきます(笑)

DSC_0476a

引用元:tokuhain.arukikata.co.jp

これはドイツのアイスコーヒーです。

もうホイップクリームやらアイス、チョコチップなどがビッシリと乗っかてきます。

シアトル系を代表するスターバックスでもフラペチーノを注文すると大量のホイップが乗っていたりしますよね?

そう、海外のアイスコーヒーはこれがメジャーなのです。

では、どのように表現するのか?

答えは「Iced coffee」です。

受け身のIced を使用することで、想像しているアイスコーヒーにありつける可能性があります。

はっ?可能性があります・・・だと?

えぇ、海外ではまだまだ珈琲を冷やして、そのままブラックで飲むという風習が根付いていないのです。

さて、本題に入りましょう。

そもそも、アイスコーヒーはどこで誕生したのか?ですね。

タイトルにも書きましたが答えは、なんと「日本」です!!

その歴史は古く、始まりは大正時代と言われています。

日本人は昔から、飲み物や食べ物を冷やす風習があります。

スイカやトマト、キュウリなどを川で冷やした経験はございませんか?

d42d9302f90e0f9cabb2bbef283d02d7_s

水が綺麗なことにも起因していると思われますが、この日本の特有の冷やす文化こそが「アイスコーヒー」の誕生に結びついたと言われています。

刺身なんかも基本的には冷えていますよね?

海外の人が驚いていますよね?

当たり前と思っていたことが、本当はそうではなかった!!

当たり前の行為が実は物凄い発見だった!!

これは、珈琲の世界だけに限らず、様々な場面であると思います。

アイスコーヒーでクールダウンして、何か新しい発見ができるといいですね。

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`) 

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    SL-28って何?ケニアコーヒーの品種解説!!

    ベリー系、特にブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリーのように芳醇で濃…

  2. 珈琲の知識

    コーヒードームは何故できる?

    新鮮な豆にお湯を注ぐと豆がモコモコと膨らみますよね?この膨らんでいる状…

  3. 珈琲の知識

    貝殻豆を見つけたら取り除きましょう!!

    アフリカエリアの豆、特にエチオピア、ケニアの豆は貝殻豆の混入が目立ちま…

  4. 珈琲の知識

    珈琲界の巨人?マラゴジペって何?

    今でこそ、豆の状態で購入する人が増えていますが、まだまだ粉の状態の珈琲…

  5. 珈琲の知識

    スイーツに合う珈琲の選び方

    珈琲の種類によって相性の良いスイーツや食べ物があります。ここでは「3時…

  6. 珈琲の知識

    冷凍保存した珈琲豆って凍ってるの?温度を計ったら○○℃だった!!

    珈琲豆は常温と冷凍を使い分けて保存すると効果的です。こちらのQ&amp…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 質問

    産地や品種によってローストは決まっていますか?【Q&A】
  2. 雑記

    夏と言えばビール?いいえ、時代は「炭酸×珈琲」です【雑記】
  3. 珈琲の旅

    [ぶらり珈琲ぼっち旅~西国激走編~]角島大橋の価値は
  4. 珈琲の知識

    ロースト(焙煎)による香味の違い
  5. 珈琲の知識

    美味しいアイスコーヒーを作るコツは味覚の温度特性を知ること!
PAGE TOP