珈琲の知識

珈琲豆の粒度調整によるスイーツとのマリアージュ

最近では珈琲業界でもマリアージュという言葉を耳にするようになりました。

マリアージュとはフランス語で結婚。

飲食業界では飲み物と料理の組み合わせが良いことを意味します。

特に、ワインと料理の組み合わせで頻繁に使用します。

wain

ではカフェや喫茶店、またはビーンズショップで「○○産の珈琲は●●のスイーツやパンと相性が良い」と聞いたことはありませんか?

これが所謂”珈琲業界のマリアージュ“です。

しかしながら、この説明の多くは系統が似たものでバランスを取るワインのマリアージュをベース(真似しただけ)にしています。

— Sponsored Link —

ワインのマリアージュは赤系統(肉類)の料理には赤ワイン。

%e8%82%89

 

白系統(魚類)の料理には白ワインをオススメします。

%e9%ad%9a

これは料理の重さ(濃度)や見た目によって、ワインと料理の共通点を見つけてバランスを取る方法です。

「珈琲はまるでワインのようだね」と世間に広まったことから、珈琲業界でもこの方法が一般的になったのでしょう。

しかし、ワインと珈琲には決定的な違いがあります( ̄Д ̄)ノ

 

ん~ワインには赤と白がある?

26406c3a091648e89bf4a39fa2c579e2_s

NO、違いますっ!!

 

ワインの場合はボトルを空けたあとに香味を操作できないため料理が変われば銘柄を変えて対応しますが、珈琲の場合は豆を変えずとも香味を操作できるのです(`・ω・´)b

 

豆の使用量、湯温、抽出速度、様々なもので香味を操作できますが、もっとも簡単な方法があります。

 

それが・・・

max16011542_tp_v

YES、粒度調整ですっ!!

 

例えば、ナイスカットミルでダイヤル1(細挽き)にするとこんな感じ。

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%ab1 

ダイヤル4(中挽き)にするとこんな感じ。

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%ab4

ダイヤル8(粗挽き)にするとこんな感じになります。

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%ab8

粒度が細ければ細かいほど濃度の高い珈琲が出来上がるため、例えばチョコレートのように濃厚で甘いスイーツと合わせるなら細挽きに、 ビスケットやクッキーのように柔らかい甘さがあるスイーツと合わせるなら中挽きに、さっぱりしていて上品な甘さがある(和菓子などの)スイーツと合わせるなら粗挽きにするなどして調整可能です。

更には同じ産地でも焙煎度によって香味は大きく異なるため、珈琲とスイーツのマリアージュは無限大なのです。

 

[注]抽出方法によって最適な粒度は異なります。

目安程度に以下の表を参考にしてください。

WS000046

 「○○産の珈琲は●●と合わせるといい」と決めうちするのも良いですが、マリアージュを意識していつもと異なる味を創造して楽しむのもオススメです。

固定概念に囚われずに、色々とチャレンジしてみてください。

 

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    コーヒー染めでオシャレに変身!!

    珈琲は飲むだけに限らず。ここでは珈琲(または紅茶)を使った染め物につい…

  2. 珈琲の知識

    SL-28って何?ケニアコーヒーの品種解説!!

    ベリー系、特にブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリーのように芳醇で濃…

  3. 珈琲の知識

    抽出温度で珈琲の味が変わる

    沸騰したての熱湯でドリップしていませんか?ここでは抽出温度による味の違…

  4. ドリップ

    あなたはどっち派?浸漬法と透過法の違い!【後半】

    前半では浸漬法と透過法の香味の違いを説明しました。→前半の記事はここを…

  5. ドリップ

    珈琲を蒸らす理由を把握して香味を安定させる

    「 ペーパードリップの抽出時は、一投目のお湯を注いでから少し蒸らしまし…

  6. 実践記事

    同一の珈琲豆で浅煎りと深煎りの違いを確認してみた

    珈琲の香味は8割が生豆の質で決まるっ!!と、このブログでは紹介してきま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 雑記

    珈琲を飲んだ後のケアは大丈夫?トゥービー・ホワイトの実力を検証してみた【雑記】
  2. 実践記事

    「パプワニューギニア キガバ農園」を飲んでみた
  3. 実践記事

    「インドネシア リントン マンデリン」を飲んでみた【水出し編】
  4. 珈琲と音楽

    珈琲を飲みながら聴きたい音楽【Schroeder-Headz】
  5. 備品

    火力が命、焙煎機の性能で香味が劇的に変化します!!
PAGE TOP