ドリップ

バター焙煎コーヒーって何?【前半】

焙煎した豆にバターを染み込ますっ!!それがバター焙煎コーヒーです!!

最近、アメリカではドリップした珈琲にバターを加える「バターコーヒー」が流行っています。

別名を「Bulletproof coffee(防弾コーヒー)」と言います。

いかつい名前ですね((((;゚Д゚))))

一体どんな見た目なのか気になりますよね?

こちらです!!

↓↓↓↓↓↓

butter-coffee

参考:http://andenkoko.blogspot.jp

 

・・・(;゚Д゚)!

一つ言っときますが、ギャグではありません!!

普通にバターがプカプカ浮いてるけど真面目です。

 

どうやら食欲を抑止する効果により、ダイエット効果がみられるためアメリカでは人気が出ているようです。

日本でも一部の喫茶店ではバターコーヒーとして普通にメニューにあります。

・・・が、僕は少し苦手です。

バターの量にもよると思いますが、バターの香りが主張しすぎて珈琲本来の香りが消えてしまいます。 

と言うことで前置きが長くなりましたが、ここでは「バターコーヒー」ではなく「バター焙煎コーヒー」について紹介したいと思います。

 

名前から想像できるかもしれませんが、焙煎した豆にバターを染み込ませる珈琲。

それがバター焙煎コーヒーです。

発祥地はベトナムです。

ベトナムではベトナムコーヒーと呼ばれる珈琲が一般的に飲まれています。

ロブスタ種と呼ばれるインスタントコーヒーや缶コーヒーに使用する珈琲豆を用いて、コンデンスミルクと合わせて飲む珈琲ですね。

ロブスタ種はアラビカ種(レギュラーコーヒーとして飲まれる品質が高い珈琲)と比較するとどうしても香りが悪く、味が単調になりがちです。

そこで豆そのものにコクと香りを付けてしまおう!!

ということで、焙煎した珈琲にバターを染み込ませたのです。

では、そんな経緯で誕生したバター焙煎コーヒー。

果たして、美味しいの?不味いの?

と言うことで、検証してみました。

 

作り方と共に紹介しますので、いつもと違った珈琲が試したい方は是非チャレンジしてみてください。

準備するものは深煎りの珈琲豆、そしてバターです!!

 

後半へ続く・・・。

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    低産地・高産地の珈琲の特徴

    一般的にレギュラーコーヒーとして飲まれることが多いアラビカ種は、高温多…

  2. 珈琲の知識

    ケニア 珈琲のグレード(等級)

    珈琲専門店でこれらの表記を目にしたことはありませんか? ●エチオピア …

  3. ドリップ

    珈琲に油が浮いてるけど大丈夫?

    珈琲に油が浮いてるけど飲めるの?これは古い珈琲??そう思ったことはあり…

  4. 珈琲の知識

    カフェインレスコーヒーのブーム到来っ!?【解説含む】

    サントリー食品が2016年6月28日より、カフェインレスコーヒー「ボス…

  5. 珈琲の知識

    ロースト(焙煎)による香味の違い

    そもそも珈琲の焙煎が始まったのは15世紀頃と言われています。18世紀頃…

  6. 珈琲の知識

    抽出方法に合わせた最適な粒度(メッシュ)

    抽出方法によって粒度(メッシュ)は変えていますか?珈琲には様々な抽出方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 実践記事

    「琥珀色の宝石 パナマ ゲイシャ」を飲んでみた
  2. 実践記事

    「エチオピア イルガチェフェ ナチュラル」を飲んでみた
  3. ドリップ

    初心者でも5分でマスター!おいしい水出しコーヒーの作り方!
  4. 実践記事

    「タンザニア ブラックバーン農園」を飲んでみた
  5. 珈琲の知識

    一杯の珈琲に含まれるカフェインの量
PAGE TOP