ドリップ

ドリップ前に抑えておくべきポイント【後半】

 「ドリップ前の七箇条」後半です!!

必ず前半から順番に確認して下さい。

ドリップ前に抑えておくべきポイント【前半】

今回は前置きなしで、さっそく始めます。

— Sponsored Link —

いつーーーつっ!!

⑤お湯の温度は90℃前後にするべし!!

これは正直、毎回チェックしなくてもいいです。

季節の変わり目で気が向いたらチェックして下さい。

7kajo08

チェックするポイントは、何秒でお湯が90℃付近まで下がるか?の1点で問題ありません。

1秒でも速くドリップしたい場合は「やかん→温度を下げるためのポット→ドリップするためのポット」の順番でお湯を移し替えていきます。 

冬場であれば移すたびに2~3℃ずつお湯の温度が下がりますので、すぐにドリップできます。

とにかく90℃付近のお湯で抽出することが重要です。

今はこれだけ覚えていればOKです(`・ω・´)

※抽出温度の話しは長くなるので、別の記事で紹介しますね。

 

むっつーーーっ!!

⑥ポットの先端まで温めてから注ぐべし!!

やかんからポットにお湯を移し替えた段階で、ポットの先端も熱を持ち始めます。

が、直接お湯に触れていない部分は、どうしても最初に抽出されるお湯の温度が低いです。

7kajo09

少しだけ、お湯を捨ててから抽出を開始しましょう。

 

ななーーーつっ!!

⑦粉の中心からお湯を注ぐべし!!

ようやく最後のポイントですね。

最後のポイントは、ドリップ前と言うよりかドリップの入口にあたるポイントです。

ドリップの基礎になりますので厳守しましょう。

粉の中心からお湯を注ぐことで、粉全体にお湯が行き渡ります。

7kajo07

成功すると、中心から外側に向かって粉がモコモコと膨れ上がります。

ドーム状になることから通称「コーヒードーム」と呼びます。

仮に端の方からお湯を注ぐと、粉に触れないまま下にお湯が抜けてしまいますので注意してください。

因みに、コーヒードームという現象が起こることにも理由があります。

が、ここでは新鮮な豆だと膨らむ!!と言うことだけ覚えておいて頂ければOKです。 

— Sponsored Link —

と、いうことで「ドリップ前の七箇条」は以上です。

慣れるまでは面倒かもしれませんが、どなたでも自然とできるようになります。 

頑張って美味しい珈琲に近づきましょう!!

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. ドリップ

    コーノ式ドリッパーを推奨する理由

    ドリッパーの違いは把握していますか?珈琲の抽出方法は様々ですが、中でも…

  2. ドリップ

    一石二鳥の万能スケール!抽出時間を安定させていつでも美味しい珈琲を!

    フレンチプレスやサイフォンのように時間に依存する抽出方法は、ストップウ…

  3. ドリップ

    ネルドリップのメリット・デメリット

    弱点を代償に得たまろやかな香味!!珈琲の抽出方法は様々で、人によってオ…

  4. ドリップ

    クレバーコーヒードリッパーの使い方解説

    フレンチプレスのように濃厚な珈琲が飲みたい、でも舌のザラつきが気になる…

  5. ドリップ

    超高性能デジタルスケール「acaia pearl アカイア パール」とブルーボトルの関係

    ハンドドリップにおいて重要になってくる要素は「お湯を注ぐボリュームとタ…

  6. ドリップ

    台形ペーパー(カリタ、メリタ対応)の折り方解説

    ペーパードリップの王道は円すいペーパーまたは台形ペーパーの2パターンで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 珈琲の知識

    珈琲の香味に詳しくなるための近道
  2. 実践記事

    「タンザニア ブラックバーン農園」を飲んでみた
  3. 雑記

    ☆に願いを・・・ピノ「薫るアロマ珈琲」を食してみた!!【雑食】
  4. 珈琲の知識

    立体的に考える珈琲のブレンド方法
  5. 珈琲の知識

    低産地・高産地の珈琲の特徴
PAGE TOP