ドリップ

ドリップ前に抑えておくべきポイント【前半】

ドリッパーに粉をセットしていざドリップ!!の前に抑えておくべきポイントです。

細かいことですが、味の安定・器具の維持にも関わりますのでしっかりと抑えましょう!!

ポイントは全部で7つあります。 

名付けて「ドリップ前の七箇条」です。

・・・そのまんまじゃないかーーーいΣ(゚д゚lll)

のツッコミは受け付けません!!

男は黙って捻りなしです(`・ω・´)キリッ

— Sponsored Link —

ひとーーーつっ!!

①スケールを使って豆の量をはかるべし!!

これは地味に面倒なため、サボっている人が多いです。

しかし、豆の量が1(g)異なるだけで味に大きな影響があります。

朝起きたら顔を洗う!!くらいの勢いで習慣づけましょう。

 7kajo01

余談ですが、使用しているスケールは収納に優れています。

ディスプレイの部分が忍者のようにサッと隠れます(笑)

7kajo02

他にもストップウォッチ機能が付いているものもあります。

性能面・価格面で文句なしのスケールがこちら。

↓↓↓↓↓↓

ハリオ V60 ドリップスケール VST-2000B

 

ふたーーーつっ!!

②ミルを駆動させてから豆を投入するべし!!

これはKalita ナイスカットミルを使用している人向けの話しです。

ミルを長持ちさせるコツですね。

ミルを軽く駆動させてから豆を投入することで刃(カッター)への負担が減ります。

スポーツでいうところのウォーミングアップみたいなものです。

mill02

ナイスカットミルは後方にスイッチがあります。

「スイッチON→1~2秒回す→ミルは止めずに豆を投入→音が軽く(かん高い音に)なったらスイッチOFF」の順番でOKです(‘∀`)

 

みっつーーーっ!!

③粉は平らにならすべし!!

この状態ではお湯を注いでも全て矢印の方向に流れてしまいます。

7kajo03 

では、ドリッパー内の粉全体が均一にお湯と接するためにはどうしたら良いか?

簡単です。

ドリッパーを左右に揺らして平らにすればいいのです!!

7kajo04

余裕があれば、ここで香りのチェックもしてください。

振った時に香りが出てきます。

 

よっつーーーっ!!

④サーバーとカップは必ず温めるべし!!

特に冬場は気を付けてください。

サーバーとカップが氷のように冷えています。

お湯をサーバーの「1/3」くらいまで入れて、クルクルと回すと全体が温まります。

7kajo05

 そして、残ったお湯は捨てずにぃーーーーーー

・・・。

カップへINっ!!

7kajo06

これでサーバーとカップが両方、温まります。

— Sponsored Link —

前半はここまでです。 

後半も頑張りましょうっ(*´∀`*)

ドリップ前に抑えておくべきポイント【後半】

 

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. ドリップ

    ケメックスってご存知ですか?【前半】

    実験室生まれの凄いやつ!!それがケメックスです。このブログでは「美味し…

  2. ドリップ

    台形ペーパー(カリタ、メリタ対応)の折り方解説

    ペーパードリップの王道は円すいペーパーまたは台形ペーパーの2パターンで…

  3. ドリップ

    珈琲に油が浮いてるけど大丈夫?

    珈琲に油が浮いてるけど飲めるの?これは古い珈琲??そう思ったことはあり…

  4. ドリップ

    「エルサルバドル シベリア農園 パカマラ」をエアロプレスで飲んでみた【使い方解説含む】

    今回の飲んでみたシリーズは「エルサルバドル」です。コーヒーマーケットで…

  5. ドリップ

    クレバーコーヒードリッパーの使い方解説

    フレンチプレスのように濃厚な珈琲が飲みたい、でも舌のザラつきが気になる…

  6. ドリップ

    珈琲豆は焙煎度合いによって重さが異なります

    メジャースプーンでしっかりと量っているのに薄い珈琲になってしまった。逆…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 雑記

    飲む小倉あん?コメダ珈琲店「小豆小町」限定販売【雑記】
  2. 珈琲の知識

    精製方法による香味の違いとは?
  3. 雑記

    アイスのピノから「薫るアロマ珈琲」が限定販売!!レアピノに出会えるか?
  4. 質問

    粉の中心をへこますと美味しくなりますか?【Q&A】
  5. 珈琲の知識

    立体的に考える珈琲のブレンド方法
PAGE TOP