ドリップ

カナダ生まれの木製ドリッパー「カナディアーノ」

コーヒーブームに伴って、個性あふれる方法で珈琲を楽しむことが多くなりました。

そんな中、カナダやアメリカのメディアで注目を浴びている抽出器具が話題となっています。

それがこちら、

dscn3597

カナディアーノ」です!!

一体これはなにものなのでしょうか?

— Sponsored Link —

カナディアーノは、本場カナダの木の素材を活かした木製コーヒードリッパーです。

他のドリッパー同様に本体に豆を入れ、お湯を注ぐだけ美味しい珈琲が出来上がります。

(抽出から後片付けまでの動画です。)

 

お洒落なデザイン、ペーパーも不要でドリッパーとしては優秀な印象ですね(゚∀゚)

・・・が、デメリットが1点だけあります。

それは1杯ずつしか淹れれないことです(;゚Д゚)ガーーン

しかーーし、そのデメリットを凌駕するほどのメリットもございます!!

そのメリットとは、、、

抽出後の珈琲が天然木の香りを含んでおり、癒やし効果抜群ということです(*´∀`*)

しかも、天然木の素材は「白樫(White Oak)、樺(Birch)、クルミ(Walnut)、桜(Cherry)」の4種類があり、それぞれで香りが異なります。

DSCN3597

引用元:カナディアーノ公式ページ

プレゼントとしても最適で、結婚式の引き出物なんかでも採用されているようです。

普段の珈琲にマンネリ感を抱いているようでしたら、カナディアーノを試してみてはいかがでしょうか?

[Amazon]

カナディアーノ(チェリー)

[楽天]

カナディアーノ(クルミ)

【おまけ】

「カナディアーノ ダブルダブル」も販売開始となったようです。

91233992_o3

これならMAX2杯までいけますね。

しかし、ドリッパーを大きくするといった発想はなかったのでしょうか((((;゚Д゚))))

手作業のため難易度が高いんですかね?

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. ドリップ

    あなたはどっち派?浸漬法と透過法の違い!【後半】

    前半では浸漬法と透過法の香味の違いを説明しました。→前半の記事はここを…

  2. ドリップ

    ペーパードリップのお湯を注ぎ足すタイミング

    お湯を注ぎ足すタイミングは、味のバラつきに影響する重要な部分になります…

  3. ドリップ

    超高性能デジタルスケール「acaia pearl アカイア パール」とブルーボトルの関係

    ハンドドリップにおいて重要になってくる要素は「お湯を注ぐボリュームとタ…

  4. ドリップ

    究極のカフェオレの作り方

    朝から深煎りの珈琲をガツンとブラックで飲む人もいれば、浅煎りをサッとア…

  5. 備品

    ナイスカットミルのお掃除【前半】※追記あり

    ※記事の最後に注意点を追記いたしました。猫型ロボットの彼は道具をポイポ…

  6. ドリップ

    フレンチプレス(シャンボール)の使い方とコツ

    この記事では珈琲本来の香味がダイレクトに抽出できる「フレンチプレスの使…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ニュース

    ブルーボトルコーヒーがOPENしました!!
  2. 質問

    少しでも美味しい珈琲に近づけるにはどうすれば良い?【Q&A】
  3. 実践記事

    「グアテマラ サンタカタリーナ農園 Montana」を飲んでみた
  4. 珈琲と音楽

    珈琲を飲みながら聴きたい音楽【EGO-WRAPPIN’】
  5. 雑記

    珈琲好き必読、コーヒーハンター渾身の一冊【雑記】
PAGE TOP