珈琲の知識

珈琲が現在の飲み方にステップアップするまでの過程

今でこそ当たり前のように飲んでいる珈琲ですが、いきなり現在の飲み方になったわけではありません。

だって普通に考えてみてください!!

コーヒーチェリーから豆(正確には種)を取り出して、それを焙煎。

さらに粉砕して、お湯を注ぐ。

簡単に説明しても、割と複雑な工程を踏んでいます。

これを昔の人が無知の状態で当たり前のように行なっていたとしたら奇妙ですよね?

 

そこで今回は、珈琲が現在の飲み方にステップアップするまでの過程を順番に説明していきます。

最初は、やっぱりこうなるよね!!って感じの飲み方から始まりました。

それではどうぞ。

— Sponsored Link —

[STEP 1]果肉の発酵

現在でも果肉を発酵させて飲用するものがありますね。

 

・・・・・。

 

 

・・・。

 

 

 

そう、ワインです!!

wain

珈琲も初期の段階では、コーヒーチェリーを発酵させてワインのように飲用していました。

 

[STEP 2]薬用への進化

誰が情報を拡散したか不明ですが「珈琲は体に良しっ!!」ってことが伝わって薬用として使用するようになりました。

この段階では果肉を乾燥させて煮沸する方法が取られていました。

6086f9b4416258746c490f8b6c853102_s

ドライフルーツのようなイメージです。

 

[STEP 3]果肉は不要

他のフルーツと比べると、コーヒーチェリーは果肉が肉薄で種子が大きい果物です。

種子だけ煮沸してみれば良いのでは?

ってことで、この段階で種子に注目が集まります。

 

[STEP 4]炒ったら香ばしい

乾燥した種子に火を通してみると、あら不思議(;゚Д゚)!

香ばしくて良いかほり。

ようやく火を通すことが始まります。

これが13世紀頃と言われており、ハジ・オマールの話しなんかが有名です。

 

[STEP 5]皮の排除

珈琲の種子はパーチメント(パーティメント)と呼ばれる内果皮と、シルバースキンと呼ばれる銀皮に覆われています。

皮を排除した種子のみの状態で焙煎して煮出すようになります。

この時が14世紀頃になるので、この段階に至るまでに約1世紀です(;゚Д゚)!

 

[STEP 6]粉砕開始

焙煎した種子(珈琲豆)を乳鉢などで粉砕すればもっと成分が排出されるのでは?

と考えるようになります。

このあたりで現在の抽出方法(所謂、浸漬法)となるわけです。

— Sponsored Link —

以上が、現在の飲み方にステップアップするまでの過程となります。

飲用するうちに様々な気付きがあったということです。

まだまだ珈琲(抽出方法、焙煎機など)は進化を続けているため、未来では考えられないような方法をとっているかもしれません。

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    エスプレッソのクレマができる仕組み

    まだまだマイナーイメージが先行しているエスプレッソですが、珈琲愛好家の…

  2. 珈琲の知識

    高品質な珈琲は生豆から違う?梱包(パッキング)方法にもこだわりが!!

    珈琲は鮮度が命!!品質は焙煎前でも刻々と落ちていきます。珈琲ができるま…

  3. 珈琲の知識

    珈琲の水色を楽しむ

    珈琲は真っ黒な飲み物!そう思っていませんか?紅茶の世界では水色(すいし…

  4. ニュース

    えっ、2年も熟成?タリーズよりエイジドマンデリンが発売!!

    2015年11月27(金)からタリーズコーヒー全店にて数量限定コーヒー…

  5. ドリップ

    珈琲豆は焙煎度合いによって重さが異なります

    メジャースプーンでしっかりと量っているのに薄い珈琲になってしまった。逆…

  6. 備品

    コーヒーサイフォンの仕組み

    今回はコーヒーサイフォンの仕組みについて解説していきます。※抽出方法は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 実践記事

    「グアテマラ サンタカタリーナ農園 Montana」を飲んでみた
  2. 珈琲の知識

    珈琲の美味しさには無限の可能性がある
  3. 珈琲の旅

    [ぶらり珈琲ぼっち旅~西国激走編~]角島大橋の価値は
  4. 珈琲の旅

    珈琲の旅について説明します
  5. 珈琲の知識

    自分好みの珈琲豆を判別する方法【焙煎度編】
PAGE TOP