珈琲の知識

SL-28って何?ケニアコーヒーの品種解説!!

ベリー系、特にブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリーのように芳醇で濃厚な味わいが特徴的なケニアの珈琲。

生産量はそれほど多くないものの、浅煎りから深煎りまで幅広い焙煎に耐えられるため、個性溢れる表情(香味)が楽しめます。

世界的にも高評価で、多くのケニアファンが存在します。

さて、そんなケニアの珈琲ですが、品種についてはそこまで浸透していません。

なぜならば・・・。

— Sponsored Link —

ケニア特有の品種が栽培されているためです!!

有名な品種には、ティピカ種、ブルボン種、パカマラ種、最近ではゲイシャ種といったものもがありますね。

では、ケニアの品種は?

それは・・・「SL(エスエル)種」です!!

ケニアの珈琲を研究していた機関「スコット研究所(Scott Laboratories)」の頭文字を意味しており、ケニアで栽培される珈琲の大半はこの品種です。

そして、SL種はブルボン種の改良種で非常に乾燥に強いこと、品種ごとにナンバーが付加される(“SL-○○”と表現される)ことで有名です。

なかでも「SL-28(※)」は、ケニアで最高品質と言われる品種のひとつで、素晴らしい香味を持っています。

※スコット研究所28番目の品種を意味する。

つまり、乾燥が強く栽培が難しいエリアにも関わらず、諦めず改良を重ねた結果、今のケニア特有の素晴らしい香味(ケニアフレーバー)があるのです!!

それでも近年は、強い乾燥、またサビ病(コーヒーの木が枯れてしまう)などの病気に耐え切れず、さらに耐病性の高いRuiru11(カチモール種とSL系の交配種)に植え替える傾向にあります。

・・・しかし、これは珈琲関係者にとっては非常に深刻な問題です。

なぜならば、Ruiru11(ルイルイレブン)は耐久性があり、収穫量が多い代償に、ケニア特有の香味が弱いのです(;゚Д゚)!

生産性をとると香味が落ち、香味をとると生産性が落ちる。

トレードオフには逆らえませんね。

それでもケニアの人々は努力と施行を重ねて、高品質で美味しい珈琲を我々のもとに届けてくれています。

非常に有難いことです。

どこかでケニアの珈琲を飲む機会がございましたら、絶え間ない努力(品種改良をはじめ、栽培環境との闘いなど)のもと、一杯の珈琲が出来上がっていることを思い出してみてください。

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    珈琲の抽出カスを利用しましょう!!

    珈琲抽出後のカスは非常に便利です。有効活用しましょう!!あなたは珈琲を…

  2. ドリップ

    あなたはどっち派?浸漬法と透過法の違い!【後半】

    前半では浸漬法と透過法の香味の違いを説明しました。→前半の記事はここを…

  3. 珈琲の知識

    古くなった珈琲豆の結末 ~奪われた○○~

    焙煎後の珈琲豆は時間の経過と共に様々な変化が起こります。焙煎度合いであ…

  4. 珈琲の知識

    イエローハニーとホワイトハニーコーヒーの比較

    数年前からコーヒーマーケットで注目を浴びているコスタリカのハニープロセ…

  5. 備品

    コーヒーサイフォンの仕組み

    今回はコーヒーサイフォンの仕組みについて解説していきます。※抽出方法は…

  6. 珈琲の知識

    珈琲は悪魔の飲み物?

    「よいコーヒーとは、悪魔のように黒く、地獄のように熱く、天使のように純…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 珈琲の知識

    貝殻豆は高級品?しかも正体は象?
  2. 雑記

    100,000PV突破しました【雑記】
  3. 質問

    珈琲一杯に使用する豆の量は何g?【Q&A】
  4. 珈琲の知識

    珈琲の中に隠れたフルーツを発掘せよ!!
  5. 備品

    ポーレックスコーヒーミルが廃盤につき価格高騰、次はE-PRANCE?
PAGE TOP