珈琲の知識

ロブスタ種が評価されない理由は絶対的に○○が足りないから!

珈琲に少し詳しくなるとアラビカ種ロブスタ種と定義する人がいます。

ws000011

中にはロブスタ種は悪者と考える人もいるようです。

確かに栽培条件(難易度)であったり、香味の複雑性を考慮すると間違ってはいません。

しかし、決めつけるのはよくありません。

実際にインドやインドネシアではロブスタ種の中からスペシャルティーコーヒーを選ぶコンテストが行われており、ロブスタ種の栽培に全身全霊をかけて取り組んでいる人もいます。

更に言うと、最近ではアラビカ種とロブスタ種を掛け合わせたハイブリッド種も出てきています。

故に品質の(力関係の)図はこうなります。

batu

低品質のアラビカ種の場合「アラビカ豆100%使用」と謳っていてもロブスタ種に劣る場合があるということです。

arabika

(辛口になりますが、僕は缶コーヒーを飲んで美味しいと思ったことはありません)

それなのに、なぜロブスタ種は一方的に悪者扱いされるのでしょうか?

それは・・・

-- Sponsored Link --

絶対的に少糖類が不足しているためですっ!!

なんのこっちゃ?と思われた人は、まずは成分表を見てください。

[補足]カネフォラ種=ロブスタ種です。

香味や色付きに影響する成分

過去記事でも紹介しましたが、珈琲はアミノ酸、少糖類、クロロゲン酸等のバランスによって香味が決まります。

▼過去記事はこちら

ロブスタ(カネフォラ)種とアラビカ種の成分の違い

中でも少糖類は非常に重要な役割を果たしており、焙煎が進行することでキャラメル、ローストナッツ、豆によっては焦がしバターのような柔らかくて豊かなコクを感じる香りを放ちます。

そしてクロロゲン酸はスパイシーで煙臭い(良く言うと芳ばしい)香りを放ちます。

そのため、少糖類が不足している(もっと言うとクロロゲン酸が多過ぎる)ロブスタ種は、人間にとって魅力的な香りを形成できないのです。

これがロブスタ種が悪者扱いされている理由になります。

 

因みに東南アジアではロブスタ種を焙煎するときに砂糖やバターを加える地域があります。

強制的に糖を加えることでアラビカ種に近づける手法なのかもしれせんね。

909663079_8e5ddd54fe

まぁ~ごちゃごちゃと書きましたが、まとめますと

●ロブスタ種でもアラビカ種に勝るスペシャルティがある

●アラビカ種100%は謳い文句としては弱い

●少糖類を多く含む珈琲(主にアラビカ種)は魅力的な香りを放つ

ということです。

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    精製方法による香味の違いとは?

    珈琲は精製により香味が大きく異なります。アナタは精製方法まで意識して珈…

  2. 珈琲の知識

    珈琲の美味しさには無限の可能性がある

    「あなたにとって珈琲の魅力とはなんですか?」香り、アレンジメニューの種…

  3. 珈琲の知識

    抽出温度で珈琲の味が変わる

    沸騰したての熱湯でドリップしていませんか?ここでは抽出温度による味の違…

  4. 珈琲の知識

    通はブラック?国によって異なる珈琲の飲み方!

    日本人は昔から素材を活かした調理法にこだわります。珈琲も例外ではなく、…

  5. ドリップ

    あなたはどっち派?浸漬法と透過法の違い!【前半】

    珈琲の抽出方法は大きく2つに分類できるとご存知ですか?1つはフレンチプ…

  6. 珈琲の知識

    珈琲をお湯で薄めるとは何事だ!?

    アメリカンコーヒーって見た目が薄い、味気ない、深みがない。そう思ってい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 珈琲の知識

    ロブスタ種とアラビカ種の関係に迫る!!
  2. 珈琲の知識

    エスプレッソのクレマができる仕組み
  3. ドリップ

    フレンチプレス(シャンボール)の使い方とコツ
  4. 雑記

    「美味しい珈琲を淹れる極意」が生まれ変わりました【お知らせ】
  5. 珈琲の知識

    珈琲を飲むベストなタイミングは?
PAGE TOP