珈琲の知識

今さら聞けない!!エスプレッソってなに?【転】

今さら聞けない!!エスプレッソってなに?のPart【転】です。

以前の記事はこちら

↓↓↓↓↓↓

今さら聞けない!!エスプレッソってなに?【起】

今さら聞けない!!エスプレッソってなに?【承】

【起】→【承】→【転】と読み進めると理解が深まりす。

ところで、エスプレッソには様々な種類があるってご存知ですか?

エスプレッソを専門で扱っているお店で「ソロ」、「ドッピオ」などのキーワードを見たことはありませんか?

今回はエスプレッソの基礎。ベーシックエスプレッソについて順番に説明していきます。

— Sponsored Link —

ベーシックエスプレッソの種類

エスプレッソ・ソロ

豆の使用量:9(g)

抽出量:30(ml)

一般的なエスプレッソを「ソロ」と表現します。

こちらは全てのエスプレッソ(アレンジコーヒー含む)のベースともなりますので基本中の基本です。

できたてのエスプレッソをグっと飲み干してみてください(‘∀`)

 

エスプレッソ・ドッピオ

豆の使用量:18~20(g)

抽出量:60(ml)

ダブルショットと表現するお店もございます。

単純にソロを2倍にしたものがドッピオにあたります。

ソロでは物足りない場合はドッピオを注文しましょう!! 

 

エスプレッソ・リスレット

豆の使用量:9(g)

抽出量:15(ml)

エスプレッソ・ソロの抽出量を半分にしたものをリスレットと表現します。

より濃厚なエスプレッソを求めている人にオススメです。

苦味は非常に強いですが、まろやかな舌触りがございます。

また、後味がソロに比べてスッキリとしています。 

 

エスプレッソ・ルンゴ

豆の使用量:9(g)

抽出量:60(ml)

エスプレッソ・ソロの抽出量を2倍にしたものをルンゴと表現します。

エスプレッソ特有のクリーミーな口当たりが減少します。

スッキリしたエスプレッソを求めている人にオススメです。 

 

エスプレッソ・アメリカーノ

豆の使用量:9(g)

抽出量:エスプレッソ・ソロ30(ml)+お湯90(ml)

エスプレッソ・ソロのお湯割りをアメリカーノと表現します。

アメリカンコーヒーとは別物になりますのでご注意を!!

特徴としては、アメリカンコーヒーと比較するとしっかりとしたコクがあることです。

また、もともと深煎りの豆を使用しているので、カフェイン含有量が圧倒的に少ないです。

 

いかがでしたか?

それぞれの特徴を理解することでエスプレッソを何倍も楽しむことができそうですね。

是非、頭の片隅にでも入れておいてください。

次回はアレンジエスプレッソとご家庭でも気軽に楽しめるエスプレッソマシーンについて説明します。

楽しみにしていてください(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    珈琲の酸味と苦味の関係性まとめ

    珈琲は言葉で表現するのが難しい複雑な香味を持った飲み物ですが、大きく分…

  2. 珈琲の知識

    温度プロファイルによる香味の違い

    珈琲を焙煎するうえで重要になってくるは、豆の個性を最大限まで引き出すこ…

  3. ドリップ

    バター焙煎コーヒーって何?【前半】

    焙煎した豆にバターを染み込ますっ!!それがバター焙煎コーヒーです!!最…

  4. 珈琲の知識

    今が旬な果物食べてますか?珈琲の香味を表現するにはまずは果物と友達に!!

    あなたも一度は経験したことがあるでしょう!!種なしブドウは100%種が…

  5. 珈琲の知識

    ロースト(焙煎)による香味の違い

    そもそも珈琲の焙煎が始まったのは15世紀頃と言われています。18世紀頃…

  6. 珈琲の知識

    珈琲にも「新・古・古々」があるってご存知ですか?

    アナタが購入している珈琲はいつ収穫された豆ですか?お米に新米・古米・古…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 珈琲の知識

    SL-28って何?ケニアコーヒーの品種解説!!
  2. 珈琲の知識

    ロブスタ種とアラビカ種の関係に迫る!!
  3. 実践記事

    今、話題の水素水で水出しコーヒーを作ったら○○だった
  4. ドリップ

    台形ペーパー(カリタ、メリタ対応)の折り方解説
  5. 珈琲用語集

    「オールド・ブラウン・ジャワ」ってなに?【珈琲用語解説】
PAGE TOP