珈琲の知識

今さら聞けない!!エスプレッソってなに?【転】

今さら聞けない!!エスプレッソってなに?のPart【転】です。

以前の記事はこちら

↓↓↓↓↓↓

今さら聞けない!!エスプレッソってなに?【起】

今さら聞けない!!エスプレッソってなに?【承】

【起】→【承】→【転】と読み進めると理解が深まりす。

ところで、エスプレッソには様々な種類があるってご存知ですか?

エスプレッソを専門で扱っているお店で「ソロ」、「ドッピオ」などのキーワードを見たことはありませんか?

今回はエスプレッソの基礎。ベーシックエスプレッソについて順番に説明していきます。

— Sponsored Link —

ベーシックエスプレッソの種類

エスプレッソ・ソロ

豆の使用量:9(g)

抽出量:30(ml)

一般的なエスプレッソを「ソロ」と表現します。

こちらは全てのエスプレッソ(アレンジコーヒー含む)のベースともなりますので基本中の基本です。

できたてのエスプレッソをグっと飲み干してみてください(‘∀`)

 

エスプレッソ・ドッピオ

豆の使用量:18~20(g)

抽出量:60(ml)

ダブルショットと表現するお店もございます。

単純にソロを2倍にしたものがドッピオにあたります。

ソロでは物足りない場合はドッピオを注文しましょう!! 

 

エスプレッソ・リスレット

豆の使用量:9(g)

抽出量:15(ml)

エスプレッソ・ソロの抽出量を半分にしたものをリスレットと表現します。

より濃厚なエスプレッソを求めている人にオススメです。

苦味は非常に強いですが、まろやかな舌触りがございます。

また、後味がソロに比べてスッキリとしています。 

 

エスプレッソ・ルンゴ

豆の使用量:9(g)

抽出量:60(ml)

エスプレッソ・ソロの抽出量を2倍にしたものをルンゴと表現します。

エスプレッソ特有のクリーミーな口当たりが減少します。

スッキリしたエスプレッソを求めている人にオススメです。 

 

エスプレッソ・アメリカーノ

豆の使用量:9(g)

抽出量:エスプレッソ・ソロ30(ml)+お湯90(ml)

エスプレッソ・ソロのお湯割りをアメリカーノと表現します。

アメリカンコーヒーとは別物になりますのでご注意を!!

特徴としては、アメリカンコーヒーと比較するとしっかりとしたコクがあることです。

また、もともと深煎りの豆を使用しているので、カフェイン含有量が圧倒的に少ないです。

 

いかがでしたか?

それぞれの特徴を理解することでエスプレッソを何倍も楽しむことができそうですね。

是非、頭の片隅にでも入れておいてください。

次回はアレンジエスプレッソとご家庭でも気軽に楽しめるエスプレッソマシーンについて説明します。

楽しみにしていてください(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    珈琲の美味しさには無限の可能性がある

    「あなたにとって珈琲の魅力とはなんですか?」香り、アレンジメニューの種…

  2. ドリップ

    バター焙煎コーヒーって何?【後半】

    バター焙煎コーヒーって何?の後半です。前半では「珈琲にバターを浮かべる…

  3. 珈琲の知識

    今さら聞けない!!エスプレッソってなに?【承】

    今さら聞けない!!エスプレッソってなに?のPart【承】です。前回は、…

  4. ニュース

    珈琲の品種は意識していますか?

    スターバックスが1杯2,000円、豆の状態で250(g)10,800円…

  5. 珈琲の知識

    珈琲が現在の飲み方にステップアップするまでの過程

    今でこそ当たり前のように飲んでいる珈琲ですが、いきなり現在の飲み方にな…

  6. 珈琲の知識

    美味しいアイスコーヒーを作るコツは味覚の温度特性を知ること!

    8月に突入して、いよいよ夏本番といったところでしょうか。冷房なしでは生…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 珈琲の知識

    幻のコーヒーは巨大な動物から生まれます
  2. ドリップ

    「エルサルバドル シベリア農園 パカマラ」をエアロプレスで飲んでみた【使い方解説…
  3. 雑記

    コーヒーブログに旬がある?季節に合わせたネタが吉【雑記】
  4. 備品

    電動ミルのオススメはこれっ!!
  5. 珈琲の知識

    自分好みの珈琲豆を判別する方法【焙煎度編】
PAGE TOP