珈琲の知識

珈琲にまつわるベートーヴェンの奇妙なこだわり【雑記】

数ではない、重さこそが真実です!

音楽室の守護神ことベートーヴェンが珈琲好きであったことはご存知でしょうか?

とにかく美味しい珈琲へのこだわりが強く、毎朝丁寧にドリップして飲むのが日課だったようです。

そんな珈琲通のベートーヴェンですが、1つだけ奇妙なこだわりがあります。

それは・・・

— Sponsored Link —

使用する珈琲豆をきっちり、しっかり、きっかり”60粒”にしていたことです。

それが59粒でも61粒でもダメっ!!

少しでもズレていると、

whyジャパニーズピーポー

Whyーー?なんで60粒じゃないのぉーーーっ!!!!

と激怒してたそうです。

それくらい、珈琲に対する想いが熱かったようです。

 

では、60粒の珈琲とは本当に正しい定義なのでしょうか?

実際に60粒数えて、重さを量ってみました。

1種類だけではサンプル不足なので、2種類の豆(産地、品種、焙煎度、全てバラバラ)を量ります。

 

そして・・・突然ですが、豆リンピックを開催します。

別に勝ち負けとかありませんが、今回は重たかった豆が勝利です。

 それでは選手(豆)入場!!

P_20151212_161823

【選手データ】

[写真]

産地:ニカラグア

品種:マラゴジペ

焙煎度:シティ

 

[写真]

産地:インドネシア

品種:ティピカ

焙煎度:フレンチ

どちらも大型選手ですね。

60粒も集まるとなかなかのボリュームです。

これは僅差の闘いが予想されます。

 

では、さっそくインドネシア選手から重量チェックしていきましょう!!

 

 

 

・・・・・・・。

 

 

 

・・・。

 

 

 

結果はっ!!??

 

 

 

でんっ

P_20151212_162008

9.4[g]だぁーーーっ!!

ベートーヴェン曰く60粒で約10[g]とのことなので、若干の誤差はありますが、まずまずの結果でしょう。

これはニカラグア選手に相当なプレッシャーを与えたに違いありません。

それでは、続いてニカラグア選手の重量チェックです!!

 

 

 

・・・・・・・。

 

 

 

・・・。

 

 

 

結果はっ!!??

 

 

 

でででんっ

P_20151212_161919

12.5[g]ーーーっ((((;゚Д゚))))

いやはや、3[g]もの大差でニカラグア選手の勝利です。

当時この結果を知っていたら、ベートーヴェンも驚いたことでしょう(笑)

— Sponsored Link —

はい、ということで今回の重量勝負はニカラグアの圧倒的勝利ということで終了です。

数値を合わせる(粒を一定にする)という点は良かったですが、やはり豆の状態によって重さはまちまちです。

皆さんは粒の数ではなく、重さを一定にして飲むようにしましょう!!

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. ニュース

    ポケモンGOは珈琲業界に進出するのか?【雑記】

    世界中を震撼させている話題のアプリ「ポケモンGO」が日本でもいよいよ配…

  2. 珈琲の知識

    美味しい珈琲を見極める超シンプルな方法

    教育家ヘレン・ケラーの言葉に「盲目であることは、悲しいことです。けれど…

  3. 珈琲の知識

    精製方法による香味の違いとは?

    珈琲は精製により香味が大きく異なります。アナタは精製方法まで意識して珈…

  4. 珈琲と音楽

    「Jazz and Rain」で集中力アップっ!!

    最近はカフェや喫茶店で作業、または勉強する人が増えてきました。これには…

  5. 珈琲の知識

    エスプレッソのクレマができる仕組み

    まだまだマイナーイメージが先行しているエスプレッソですが、珈琲愛好家の…

  6. 珈琲の知識

    珈琲の酸味と苦味の関係性まとめ

    珈琲は言葉で表現するのが難しい複雑な香味を持った飲み物ですが、大きく分…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ニュース

    日本でもコーヒーが栽培されてるのはご存知ですか?
  2. マインド

    珈琲の味の違いが分からない?それって本当?
  3. 雑記

    珈琲極意ブログ1周年【感謝】
  4. 雑記

    「蒟蒻畑コーヒー味」を食してみた【雑食】
  5. マインド

    心の鍵を外せば珈琲の世界は広がる
PAGE TOP