珈琲の知識

珈琲にまつわるベートーヴェンの奇妙なこだわり【雑記】

数ではない、重さこそが真実です!

音楽室の守護神ことベートーヴェンが珈琲好きであったことはご存知でしょうか?

とにかく美味しい珈琲へのこだわりが強く、毎朝丁寧にドリップして飲むのが日課だったようです。

そんな珈琲通のベートーヴェンですが、1つだけ奇妙なこだわりがあります。

それは・・・

— Sponsored Link —

使用する珈琲豆をきっちり、しっかり、きっかり”60粒”にしていたことです。

それが59粒でも61粒でもダメっ!!

少しでもズレていると、

whyジャパニーズピーポー

Whyーー?なんで60粒じゃないのぉーーーっ!!!!

と激怒してたそうです。

それくらい、珈琲に対する想いが熱かったようです。

 

では、60粒の珈琲とは本当に正しい定義なのでしょうか?

実際に60粒数えて、重さを量ってみました。

1種類だけではサンプル不足なので、2種類の豆(産地、品種、焙煎度、全てバラバラ)を量ります。

 

そして・・・突然ですが、豆リンピックを開催します。

別に勝ち負けとかありませんが、今回は重たかった豆が勝利です。

 それでは選手(豆)入場!!

P_20151212_161823

【選手データ】

[写真]

産地:ニカラグア

品種:マラゴジペ

焙煎度:シティ

 

[写真]

産地:インドネシア

品種:ティピカ

焙煎度:フレンチ

どちらも大型選手ですね。

60粒も集まるとなかなかのボリュームです。

これは僅差の闘いが予想されます。

 

では、さっそくインドネシア選手から重量チェックしていきましょう!!

 

 

 

・・・・・・・。

 

 

 

・・・。

 

 

 

結果はっ!!??

 

 

 

でんっ

P_20151212_162008

9.4[g]だぁーーーっ!!

ベートーヴェン曰く60粒で約10[g]とのことなので、若干の誤差はありますが、まずまずの結果でしょう。

これはニカラグア選手に相当なプレッシャーを与えたに違いありません。

それでは、続いてニカラグア選手の重量チェックです!!

 

 

 

・・・・・・・。

 

 

 

・・・。

 

 

 

結果はっ!!??

 

 

 

でででんっ

P_20151212_161919

12.5[g]ーーーっ((((;゚Д゚))))

いやはや、3[g]もの大差でニカラグア選手の勝利です。

当時この結果を知っていたら、ベートーヴェンも驚いたことでしょう(笑)

— Sponsored Link —

はい、ということで今回の重量勝負はニカラグアの圧倒的勝利ということで終了です。

数値を合わせる(粒を一定にする)という点は良かったですが、やはり豆の状態によって重さはまちまちです。

皆さんは粒の数ではなく、重さを一定にして飲むようにしましょう!!

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    エスプレッソのクレマができる仕組み

    まだまだマイナーイメージが先行しているエスプレッソですが、珈琲愛好家の…

  2. 雑記

    珈琲とKindleと私【電子書籍のメリット・デメリット】

    あなたは空き時間に何をしていますか?スマホを触っていますか?…

  3. 雑記

    珈琲好き必読、コーヒーハンター渾身の一冊【雑記】

    財宝ハンター、賞金首ハンター、幻獣ハンター。世の中には様々なハンターが…

  4. ドリップ

    究極のカフェオレの作り方

    朝から深煎りの珈琲をガツンとブラックで飲む人もいれば、浅煎りをサッとア…

  5. 珈琲の知識

    珈琲の抽出カスを利用しましょう!!

    珈琲抽出後のカスは非常に便利です。有効活用しましょう!!あなたは珈琲を…

  6. 雑記

    「ネスカフェ アンバサダー」進化する職場の珈琲【雑記】

    1杯あたり約20円でビジネスマンのモチベーションアップ!!会社員の人に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 実践記事

    「コロンビア ラ・ピラミド」を飲んでみた
  2. ドリップ

    ドリップ前に抑えておくべきポイント【後半】
  3. 珈琲と音楽

    珈琲を飲みながら聴きたい音楽【Schroeder-Headz】
  4. 珈琲の旅

    ぶらりと珈琲の旅に出ることにしました
  5. 珈琲と音楽

    珈琲を飲みながら聴きたい音楽【toconoma】
PAGE TOP