ドリップ

一石二鳥の万能スケール!抽出時間を安定させていつでも美味しい珈琲を!

フレンチプレスやサイフォンのように時間に依存する抽出方法は、ストップウォッチやタイマーを使用する人が多いです。

1分違うと味が別物になりますからね。

では、ペーパードリップではどうでしょうか?

・・・同じです。

抽出時間が1分違うと味が別物になります。

しかしながら、ストップウォッチやタイマーを使用する人は少ないです。

何故だか分かりますか??

ズバリ!!

— Sponsored Link —

重要度が低いと認識しているからですっ(´・ω・)

そして、面倒臭いからです(笑)

その気持ち、凄く分かります。

抽出前にわざわざ豆の重さを量るためにスケールを取り出して…さ・ら・に!!

ストップウォッチを取り出してぇ~とか億劫ですよね。

僕も同じです(゚∀゚)

そのため、僕はスケールしか取り出しません!!

02

 ・・・はっ!!??

なに、言ってるの((((;゚Д゚))))

矛盾したこと言ってないか??

が、それでいいんですヽ(*´∀`)ノ

なぜならば、

03

デジタル表示の左側に注目してください!!

そう、僕が使用しているスケールはストップウォッチ機能が付いているのです。

【Amazon】

ハリオ V60 ドリップスケール VST-2000B

【楽天】

ハリオ V60ドリップスケール VST-2000B

勿論、デジタル表示の右側はスケールとしてしっかりと仕事をしてくれます。

04

これにより、抽出時に自分がどれだけお湯を注いでいるか?

時間はどれだけ掛かっているか?

と、いったことがリアルタイムに把握できます!!

06

あ、もちろんドリップ前にリセットして、数字は”0″にしてくださいね!!

重量は右側の[ON/OFF TARE]ボタンを軽くタッチ。

※[ON/OFF TARE]を長押しすると電源が消えます。

ストップウォッチは[START/STOP]ボタンを長押しでリセットできます。

05

まずは、抽出時間をキッチリ守ることで、味の安定を実感してください。

騙されたと思って時計を見ながら抽出してみてください。

ペーパードリップであれば3分程度が目安です。

そのうえで、毎回スケールとストップウォッチを取り出すのが面倒臭いなぁ(-  -;)

でも安定して美味しい珈琲が飲みたいなぁ~ と感じた場合のみ使用を検討してください。

<注意>

価格の変動が激しい商品なので、お値打ちな時を狙ってくださいね。

定価より20~30%値引きされていればチャンスでしょう。(2015.06.15現在)

【Amazon】

ハリオ V60 ドリップスケール VST-2000B

— Sponsored Link —

因みに僕は数字を見るのが好きな人間なので、数字嫌いの人にこの感情は伝わるか分かりませんが、例えば抽出時間3分30秒を狙っていて時間ピッタリに抽出ができた時、僕はデジタル表示の「03’30″」の数字を見てニヤニヤしています(笑)

えぇ~っと、あれです。

目を閉じたままストップウォッチをスタートして、10秒後にストップ!

10秒ピッタリになった時に嬉しいやつと同じです。

・・・あまり言うと、変な人に思われるのでこれくらいにしておきます(;゚Д゚)!

【補足】

抽出量はペーパーや粉がお湯を吸収するため、デジタル表示の量にはなりませんので注意してください。

07

上の写真では、3分20秒で544[g]となっているため、550[ml]くらいの珈琲が抽出されたように見えます。

しかし、実際に抽出した珈琲の量は、

08

450[ml]ですね。

このあたりは、ペーパードリップの種類や大きさによって異なります。

それでは、良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. ドリップ

    新鮮な豆でもコーヒードームができない条件はあるの?【Q&A】

    珈琲にお湯を注ぐとモコモコと粉が膨らむ(コーヒードームができる)。その…

  2. ドリップ

    バター焙煎コーヒーって何?【後半】

    バター焙煎コーヒーって何?の後半です。前半では「珈琲にバターを浮かべる…

  3. 備品

    Kalita電動コーヒーミル「NEXT G」 スペック詳細

    2015年11月にリリースされたKalita電動コーヒーミルの最新作「…

  4. 備品

    お気に入りのカップはお持ちですか?

    普段なにげなく飲んでいる珈琲をより美味しく、そしてより楽しくしてくれる…

  5. ニュース

    スタイリッシュすぎるモカポット

    モカポットは80年以上前にイタリアで開発された抽出器具の一つです。一家…

  6. ニュース

    Kalita電動コーヒーミル(ナイスカットミル)の進化系!!その名も「NEXT G」

    今更ではございますが、SCAJ2015の展示ブースで気になる商品を発見…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 実践記事

    「ケニア カラツファクトリー」を飲んでみた
  2. 珈琲の知識

    エスプレッソのクレマができる仕組み
  3. 珈琲と音楽

    珈琲を飲みながら聴きたい音楽【→Pia-no-jaC←】
  4. ニュース

    わずか10秒でハイクオリティなラテアートが作れるマシーンが登場!!
  5. 備品

    正しいドリップポットの選び方
PAGE TOP