ドリップ

珈琲豆は焙煎度合いによって重さが異なります

メジャースプーンでしっかりと量っているのに薄い珈琲になってしまった。

逆にいつもより濃い珈琲になってしまった。

そんな経験はございませんか?

 

今回は焙煎度合いによる豆の重量の変化について説明します。

eee8db8f0662a2ef57139e0015791cb4_m

まずは結論から述べましょう。

メジャースプーン一杯の重さ。

 

・・・これ、全く当てになりません!!

 

少し言いすぎましたね((((;゚Д゚))))

正確には豆の焙煎度合いによって重さが異なるので、豆の種類を変えたタイミングで重さを確認しておかないとバラつきが出ます。

それでは、実際に検証してみましょう。

1

写真では確認しづらいですが、左のテカテカしている大粒の豆が深煎りの豆(インドネシア)右の小粒の豆が浅煎りの豆(エチオピア)です。

まずは軽そうなエチオピアから量ってみましょう。

4

メジャースプーンで擦り切れ一杯の豆です。

結果は・・・。

5

12(g)となりました!!

思ったよりも重さがありましたね。

 

次にインドネシアです。

黒くて重々しい感じがするので、15(g)くらいあるかもしれませんね。

では、さっそく深煎りの豆を量ってみましょう。

2

条件は一緒で、メジャースプーンで擦り切れ一杯の豆です。

結果は・・・。

3

10(g)となりました!!

 

そうなんです!!

深煎りの豆のほうが浅煎りの豆よりも遥かに軽いのです。

これには、しっかりと理由があります。

珈琲豆は焙煎が進行するにつれて、豆の内部に含まれる水分および、成分が気化して減少していきます。

逆に容積はどんどん増加していくのです。

※最終的には水分値は1%以下になると言われています。

 

少し極端かもしれませんが、ポップコーンなんかもそうですよね?

煎れば煎るほど、軽くなるのに大きくなっていますよね。

珈琲豆でも考え方は一緒です。

 

もし、アナタがいつもと同じように珈琲を淹れているのに、思ったよりも薄い、濃いと感じたのならば、それは豆の分量が狙った分量になっていない可能性があります。

毎回、量る必要はありませんので、豆の種類を変えたときには量ってみてはいかがでしょうか?

それでは、良い珈琲ライフを(‘∀`) 

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. ドリップ

    あなたはどっち派?浸漬法と透過法の違い!【前半】

    珈琲の抽出方法は大きく2つに分類できるとご存知ですか?1つはフレンチプ…

  2. 珈琲の知識

    高品質な珈琲は高度なピッキング技術が要求されます!!

    珈琲ができるまでの工程において、どこか一つでも不備があると高品質なもの…

  3. ドリップ

    バター焙煎コーヒーって何?【後半】

    バター焙煎コーヒーって何?の後半です。前半では「珈琲にバターを浮かべる…

  4. 珈琲の知識

    スイーツに合う珈琲の選び方

    珈琲の種類によって相性の良いスイーツや食べ物があります。ここでは「3時…

  5. 珈琲の知識

    珈琲が現在の飲み方にステップアップするまでの過程

    今でこそ当たり前のように飲んでいる珈琲ですが、いきなり現在の飲み方にな…

  6. ドリップ

    フレンチプレス(シャンボール)の使い方とコツ

    この記事では珈琲本来の香味がダイレクトに抽出できる「フレンチプレスの使…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 珈琲の知識

    珈琲の美味しさには無限の可能性がある
  2. 実践記事

    「エルサルバドル シベリア農園 パカマラ」を飲んでみた
  3. 珈琲の知識

    コーヒーの日があるって本当?
  4. 珈琲の知識

    珈琲と柑橘系フルーツの相性
  5. 珈琲の旅

    珈琲の旅について説明します
PAGE TOP