実践記事

同一の珈琲豆で浅煎りと深煎りの違いを確認してみた

珈琲の香味は8割が生豆の質で決まるっ!!

と、このブログでは紹介してきました。

▼参考記事

美味しい珈琲の選び方【スペシャルティコーヒーの解説含む】※改版

 

では、残りの2割はどこに依存しているのでしょうか?

1割は消費者の技量っ!!

つまり、抽出技術によるものです。

 

そして、もう1割は・・・

疑問

ロースト(焙煎)です。

今回は” 同一農園の珈琲豆で浅煎りと深煎りの違い”を確認していきます。

 それではどうぞ( ̄Д ̄)ノ

— Sponsored Link —

 ローストの違いで変化するポイントは大きく2つあります。

①見た目の違い

②香味の違い

※正確には水分値の違い、成分(カフェインなどの)含有量、豆の強度(堅さ)、など様々な変化があります。しかし、一般消費者では判断できないレベルです。

 

今回は「東ティモールさん」にご協力頂いて、それぞれの違いを確認していきます。

まずは、ロースト違いの豆を並べて見た目を確認していきます。

左フルシティ、右ハイ

左がフルシティ(FullCity)やや深煎り右がハイ(High)やや浅煎りにしています。

上の写真では伝わりづらいですが、近づくと違いは明らかです。

 

▼フルシティロースト

フルシティ

 

▼ハイロースト

ハイロースト

 

フルシティローストは色が濃く、油が滲み出ています。

対して、ハイローストは色が薄く、油が出ていないことが分かります。

これはロースト中に起こるカラメル化、メイラード反応によって色づき方が異なるためです。

・・・えぇ~っと、詳しく説明すると長くなるため、ローストが進行すると色が濃くなり、油が滲み出てくることだけ伝わっていればOKです(;´∀`)

 

そして、次に香味の違いです。

が、その前にこちらをご覧ください。

P1350006

※写真は過去記事の使い回し

 

実は豆の見た目にも違いはありましたが、よく見ると抽出後の水色にも違いが現れます。

浅煎りの豆は紅茶のような色合いになり、深煎りになるにつれて珈琲らしい(?)色合いになります。

白色のカップであれば違いが明確になるため、興味があれば試してみてください。

 

それでは、香味の違いを実際に飲んでみて確認していきます。

150912275732_TP_V 

以下、感想。

 

[ハイロースト]

●酸が明確で軽やかな飲み口。

●透明感があり、爽やかな印象。

 

[フルシティロースト]

●華やかな印象はあるが酸がやや弱く、甘みが強い。

●ボディが力強く、飲みごたえがある。

 

すごーーーく、簡単に言うと、

「浅煎り(ハイロースト)=酸味があり苦味が少ない」

「深煎り(フルシティロースト)=酸味が少なく苦味がある」

って感じです(汗)

今回は東ティモールで検証しましたが、生産国や品種、また精製方法などによっても焙煎後の印象は大きく異なるでしょう。

 

取りあえず、確認してみて分かったことは、ローストが違うことで・・・

0440d1fe537973fc982cfc78755e08ef_s

全く別の飲み物になるっ!!

ってことです。

最近は、農園違いの飲み比べをオススメする珈琲屋が増えている印象ですが、ローストの違いも楽しいです。

機会があれば試してみてください。

それでは、良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 実践記事

    「エルサルバドル シベリア農園 パカマラ」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「エルサルバドル」です。以前、登場したシベリ…

  2. 珈琲の知識

    粒度(メッシュ)を調整して美味しい珈琲を楽しむ

    珈琲は抽出方法に合わせた最適な粒度が存在します。→抽出方法に合わせた最…

  3. 珈琲の知識

    珈琲の酸味と苦味の関係性まとめ

    珈琲は言葉で表現するのが難しい複雑な香味を持った飲み物ですが、大きく分…

  4. 実践記事

    「エチオピア ゴティティ ナチュラル」を飲んでみた

    ダァーーーーーー!!雨、晴れ、雨、雨、晴れ、晴れ、雨。なんで天気が安定…

  5. 珈琲の知識

    「モカ」ってなに?【珈琲用語解説】

    「どのような珈琲が好きですか?」の問いに対して「モカ」と答える人が多く…

  6. 珈琲の知識

    自分好みの珈琲豆を判別する方法【焙煎度編】

    珈琲は生産国、農園、品種、精製方法など、様々な条件で香味が異なります。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 珈琲の知識

    pHが及ぼす味の影響
  2. ニュース

    スタイリッシュすぎるモカポット
  3. 珈琲の旅

    ぶらりと珈琲の旅に出ることにしました
  4. 珈琲の知識

    イタリアはカプチーノを1日○杯が基本
  5. マインド

    珈琲の淹れ方が上達する秘訣!!
PAGE TOP