珈琲の知識

今が旬な果物食べてますか?珈琲の香味を表現するにはまずは果物と友達に!!

あなたも一度は経験したことがあるでしょう!!

種なしブドウは100%種がないと思い込み、一気に口の中に放り込んだ瞬間。

ガリッ!!

種、あるやないかぁ~~い!!

種少なめブドウに改名ヨ・ロ・シ・クヽ(`Д´)ノ

今、まさにそれを経験しながら記事を書いています。

果物には旬があり、ブドウは7~9月末にかけて収穫されます。

故に、10月を過ぎると次にブドウに出会うのは来年になってからです。

つまり、僕はこう断言できます!!

来年もガリる(ガリってなる)!!と・・・。

さて、こんな素敵なやり取りが楽しめるフルーツですが、若い世代を中心に”果物離れ“が進んでいます。

どうやら、皮を剥くのが面倒、なんか酸っぱい、手がベタベタする、といった理由のようです。

しかし、果物の味は珈琲の香味を語る上で非常に重要になってきます!!

そこで、今回は果物を使った珈琲の香味の表現方法を紹介します。

— Sponsored Link —

 一昔前の珈琲は「苦い」、「コクがある」、「キレがうんぬん・・・」といった表現方法しかされていませんでしたが、最近では比喩法というのでしょうか。

「ナッツの香ばしさ」、「キャラメルの甘さ」といったように、何かに例えて香味を表現する風習があります。

特に酸味の表現方法は、果物を用いることが多いです。

よく使われる果物をざっと並べてみました。

【柑橘系】

●レモン(Lemon)

●グレープフルーツ(Grapefruit)

●オレンジ(Orange)

【葡萄系】
●ブドウ(Grape)

●マスカット(Muscut)

【リンゴ系】

●青リンゴ(Green Apple)

●赤リンゴ(Red Apple)

【メロン系】

●メロン(Melon)

●スイカ(Watermelon)

【トロピカルフルーツ系】
●マンゴー(Mango)

●パッションフルーツ(Passion Fruit)

●ライチ(Lychee)

●パイナップル(Pineapple)

【ベリー系】

●ストロベリー(Strawberry)

●ブルーベリー(Blueberry)

●ブラックベリー(Blackberry)

●クランベリー(Cranberry)

●ラズベリー(Raspberry)

【核果】

●桃(Peach)

●アプリコット(Apricot)

●チェリー(Cherry)

【ドライフルーツ】

●レーズン(Raisin)

●プルーン(Prune)

これら果物の香味を蓄積して、珈琲を飲んだ時に記憶のピースを一致させる。

そこで初めて「○○のような」といった表現が可能になります!!

普段から果物ばかり食べたほうが良いとは言いませんが、スーパーなどで旬の果物を見つけたときは手にとってみてはどうでしょうか?

珈琲を飲んだ時の香味の感じ方が変わりますよ。

 

【注意】

人の記憶力は想像以上に曖昧です。

一か月前の晩ご飯覚えていますか?

果物を食べる時も記憶に残るように意識して食べてみましょう。

 

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. ドリップ

    珈琲を蒸らす理由を把握して香味を安定させる

    「 ペーパードリップの抽出時は、一投目のお湯を注いでから少し蒸らしまし…

  2. 珈琲の知識

    ブレンドの作り方【前半】

    美味しい珈琲をさらに美味しく!!ここでは珈琲のブレンドの作り方について…

  3. 珈琲の知識

    ケニア 珈琲のグレード(等級)

    珈琲専門店でこれらの表記を目にしたことはありませんか? ●エチオピア …

  4. 珈琲の知識

    スペシャルティコーヒーの二極化が進行しています

    「スペシャルティコーヒー」というキーワードが広く浸透したことにより、日…

  5. 実践記事

    今、話題の水素水で水出しコーヒーを作ったら○○だった

    僕の心のアクセルを踏み込む名言の一つにこのような言葉あります。あなたが…

  6. 珈琲の知識

    珈琲とカフェインの関係

    知っているようで知らない珈琲とカフェインの関係!!「美味しい珈琲」とは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 珈琲の知識

    今さら聞けない!!エスプレッソってなに?【起】
  2. 実践記事

    「パナマ コトワ農園 ダンカン プレミアムリザーブ」を飲んでみた
  3. 実践記事

    CAFE PILAO(カフェピロン)を飲んでみた
  4. 珈琲の知識

    珈琲を飲むベストなタイミングは?
  5. 珈琲の知識

    精製方法による香味の違いとは?
PAGE TOP