珈琲の知識

ロブスタ(カネフォラ)種とアラビカ種の成分の違い

珈琲の品種は大きく2つに分類されます。

1つは缶コーヒーやインスタントコーヒーに多用されるロブスタ(カネフォラ)種

もう1つはレギュラーコーヒーで使用するアラビカ種になります。

こちらの記事では、これらの2大品種の意外な関係について紹介しました。

ロブスタ種とアラビカ種の関係に迫る!!

では、成分の違いはどうでしょうか?

ロブスタ種とアラビカ種の成分の違いをグラフ化して説明していきます。

— Sponsored Link —

全日本コーヒー協会、その他文献の情報をベースにざっくりと成分表を作成して、グラフ化してみました。

※生豆の状態の成分表になりますので、焙煎後は数値が少し前後します。

成分表

様々な成分が含まれていますね。

パッと見た感じでは似たりよったりに思えます。

しかし、よく見ると・・・

2倍の差

カフェイン含有量はロブスタ(カネフォラ)種のほうが2倍近く多いですっ!!

 

とはいえ、珈琲の香味を決定づける成分は、

香味や色付きに影響する成分

アミノ酸、少糖類、クロロゲン酸等のバランスになります。

カフェインが多いから美味しい!!

とはならないということです。

結局のところ「カフェインが摂取できれば問題ないっ( ̄Д ̄)ノ」って人を除いては、上記成分が絶妙なバランスで含まれるアラビカ種がオススメということですね。

因みにアラビカ種のが多く含まれる脂質についてですけど、ペーパードリップの場合はほとんどペーパーが吸収してしまいますし、珈琲を飲んだから劇的に太る(‘A`;)っといったことはありませんのでご安心ください。

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    ハニープロセスとは?【part2】 珈琲の精製方法

    コスタリカのハニープロセス(珈琲の精製方法)を覚えていますか?忘れてし…

  2. 珈琲の知識

    抽出温度で珈琲の味が変わる

    沸騰したての熱湯でドリップしていませんか?ここでは抽出温度による味の違…

  3. 珈琲の知識

    ピーベリーとフラットビーンの香味の違い

    珈琲豆は、コーヒーチェリーと呼ばれるサクランボのような実から種子を取り…

  4. 珈琲の知識

    今さら聞けない!!エスプレッソってなに?【起】

    一般的には「量が少ない、濃い、苦い」などマイナーイメージが先行している…

  5. 珈琲の知識

    珈琲が甘いってホント?

    珈琲に甘みを感じたことはありますか?果物(フルーツ)や野菜の世界でもそ…

  6. 珈琲の知識

    ブレンドの作り方【後半】

    ブレンドの作り方の後半です。前半ではブレンドのメリット・デメリット、ブ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 珈琲の知識

    スイーツに合う珈琲の選び方
  2. ドリップ

    バター焙煎コーヒーって何?【後半】
  3. 雑記

    Amazonと楽天で備品を安く買う裏技【雑記】
  4. 雑記

    好みの珈琲を発見する喜び【再認識】
  5. 実践記事

    「ペルー フェスパ農園」を飲んでみた
PAGE TOP