実践記事

「パナマ コトワ農園 ダンカン プレミアムリザーブ」を飲んでみた

今回の飲んでみたシリーズは「パナマ」です。

今年に入って早くも2回目の登場ですね!!

[前回の記事]

「パナマ カフェ・コトワ リオクリスタル ゲイシャ」を飲んでみた

新年早々、ゲイシャでは衝撃を受けましたが果たして今回はどうでしょうか?

— Sponsored Link —

タイトルでお気付きかもしれませんが、またまたコトワ農園の登場です。

チリキ県ボケテ北部に位置する農園で、世界中から高い評価を受けています。

コトワ農園にはいくつかの栽培エリアが存在し、その1つがダンカンというわけです。

標高が高く、有機栽培にも注力しているため、安心・安全、そして何よりも美味しい珈琲が産出されます!!

[注]もちろん、生産者の絶え間ない努力あってこその美味しい珈琲です。

しかも、今回は・・・

特別仕様のプレミアムな珈琲ですっ!!

ん?何がプレミアムかだって??

説明しましょうっ(`・ω・´)b

コーヒーチェリーは通常、表面が均一に赤くなり完熟したところで収穫します。

しかし、プレミアムリザーブは完熟を過ぎて深紅(ワインレッド)になるまで待機するのです。

熟度のピークを過ぎたチェリーは、風や少しの衝撃でも落下してしまうため、非常にリスキーな収穫方法と言えます。

事実、収穫量が約30%も低下するようです。

そんなリスクを代償にした希少な珈琲を今回は飲んでみます( ̄Д ̄)ノ

[1人前]

 豆:パナマ コトワ農園 ダンカン プレミアムリザーブ

 ロースト:シティ(ハイロースト寄り)

 豆の使用量:17[g]

 粒度:中粗挽き(ナイスカットミル/ダイヤル:4.5)

 湯温:88℃

 抽出量:150[ml]

 抽出方法:ペーパードリップ(コーノ)

 使用器具:備品紹介のページはここをクリック!

※今回から抽出量も追加っ!!

普段は湯温を90~92[℃]に設定しますが、綺麗な酸味を堪能したかったため、88[℃]に下げてから抽出してみました。

気温にも影響するため一概には言えませんが、やかん(ケトル)からポットに移しかえて40秒ほど待つと90[℃]を下回ります。

P_20160314_114848

焙煎がハイロースト寄りのため、水色は少し薄い印象です。

分かりやすいように「ファイヤーキング Dハンドルシリーズ ホワイト」に注いでみましたが、写真じゃ伝わらないですね(;゚Д゚)!

それでは、冷めないうちに飲んでみます。

 

・・・・・。

 

うまっ!!

 

ボディ(口に含んだときの粘性)に厚みがあり、マウスフィールが非常に滑らかです。

深煎り珈琲に匹敵するくらいのコクを感じます|゚Д゚)))

香味はアフリカエリア・・・特にケニアに近い印象で、ベリー系、また赤ワインのように複雑で芳醇です。

なかなか出会えないかもしれませんが、個人的にはメチャクチャお勧めです。

見かけたら試してみてくださいね♪

それでは、良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 実践記事

    「ケニア カラツファクトリー」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「ケニア」です。東アフリカに位置する共和制国…

  2. 実践記事

    今、話題の水素水で水出しコーヒーを作ったら○○だった

    僕の心のアクセルを踏み込む名言の一つにこのような言葉あります。あなたが…

  3. 実践記事

    「カフェインレス コロンビア ブエサコ」&「松屋長春の羽二重餅」を食べてみた

    今回の飲んでみたシリーズは「コロンビア ブエサコ」です。2015年夏に…

  4. 実践記事

    「ニカラグア フローレンシアミル マラゴジペ」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「ニカラグア」です。ニカラグア産の珈琲はフル…

  5. 実践記事

    「グアテマラ ラ・ホヤ農園 ブルボン」を飲んでみた

    お久しぶりです。どーも、chayaです。「あれ?ブログ引退しました?」…

  6. 実践記事

    「エチオピア サワナ農園 ナチュラル」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「エチオピア」です。僕の中ではお馴染みなイメ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 雑記

    宇宙で飲む珈琲
  2. 備品

    銅メジャーカップで気分は喫茶店のマスター
  3. 珈琲の知識

    ロースト(焙煎)による香味の違い
  4. 珈琲の知識

    珈琲の美味しさには無限の可能性がある
  5. 珈琲の知識

    カッピングを覚えて珈琲の香味を見極める
PAGE TOP