珈琲の知識

低産地・高産地の珈琲の特徴

一般的にレギュラーコーヒーとして飲まれることが多いアラビカ種は、高温多湿をきらい、さらには直射日光もNG、5℃以下の低温が続くとダメージを受けるなど、非常にデリケートな品種です。

他にも土壌であったり地形、標高など様々な条件が一致しないと栽培できません。 

逆にインスタントコーヒーや缶コーヒーに使用されることが多いロブスタ種は、もともと耐久性が強く、成長が早い品種であるため、必要最低限の栽培条件が整っていれば栽培可能です。

標高を例に具体的な数値を挙げると、

アラビカ種は標高1000~2000mの高地。

ロブスタ種は標高1000m以下の低地。

で栽培できます。

※土壌・地形・雨量などによっても異なりますので目安程度で受け止めてください。

 

では、この標高が珈琲にどのような影響を与えるのか説明します。 

こちらは特徴を表にまとめたものです。 

高産地・低産地の豆の特徴

※クリックで拡大可能

高産地で栽培された珈琲は、低産地の珈琲と比較して「酸味・渋味・コク」が強い傾向にあるといえます。

つまり、味の総量が多いということです。

では、なぜ味の総量が多くなるのでしょうか?

夏場に登山を経験した人なら想像できるかもしれませんが、標高が高ければ高いほど気温が低く(冷涼な環境に)なりますよね?

珈琲の実は気温が低く涼しい場所ほど、ゆっくりと時間をかけて熟していきます。

旨味がギュッと凝縮されれていくイメージですね。

そのため高産地の珈琲は味の総量が増えるのです。

ところで、ここまでの話しだと高産地の珈琲は良いことしかないように思えますよね。

しかしながら、若干のデメリットもあります。

 

一つ目は価格が高い!!

劣悪な環境であればあるほど農園側も苦労しますよね?

時には崖のような場所でも栽培します。

これは、栽培に掛かる労力からすると仕方がないことです。

 

そして二つ目は豆が硬い!!

・・・・・。

へっ(゜∀。)?

デメリットなの?と思われましたか?

えぇ~、これがデメリットですなんです。

焙煎する人間にとっては・・・ですけど(;゚Д゚)!

 

豆が硬いものほど火が均一に入りにくいため、焙煎の難易度が上がるのです。

とはいえ、焙煎機の性能も上がっていますので、大きなデメリットともいえませんね。

はい・・・ということで、デメリットは以上ですっ(`・ω・´)

 

最近では標高まで表示してある(または聞けば教えてくれる)珈琲専門店や喫茶店も増えてきています。 

一度、標高まで意識して珈琲を楽しんでみてはいかがでしょうか? 

それでは、良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. ドリップ

    あなたはどっち派?浸漬法と透過法の違い!【後半】

    前半では浸漬法と透過法の香味の違いを説明しました。→前半の記事はここを…

  2. ドリップ

    あなたはどっち派?浸漬法と透過法の違い!【前半】

    珈琲の抽出方法は大きく2つに分類できるとご存知ですか?1つはフレンチプ…

  3. 珈琲の知識

    今さら聞けない!!エスプレッソってなに?【承】

    今さら聞けない!!エスプレッソってなに?のPart【承】です。前回は、…

  4. 珈琲の知識

    自分好みの珈琲豆を判別する方法【焙煎度編】

    珈琲は生産国、農園、品種、精製方法など、様々な条件で香味が異なります。…

  5. 珈琲の知識

    古くなった珈琲豆の結末 ~奪われた○○~

    焙煎後の珈琲豆は時間の経過と共に様々な変化が起こります。焙煎度合いであ…

  6. 備品

    コーヒーサイフォンの仕組み

    今回はコーヒーサイフォンの仕組みについて解説していきます。※抽出方法は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. マインド

    心の鍵を外せば珈琲の世界は広がる
  2. 実践記事

    「ケニア カラツファクトリー」を飲んでみた
  3. 珈琲の知識

    ハニープロセスとは? 珈琲の精製方法
  4. 珈琲の知識

    珈琲の抽出カスを利用しましょう!!
  5. 珈琲の知識

    ロースト(焙煎)による香味の違い
PAGE TOP