珈琲の知識

幻のコーヒーは巨大な動物から生まれます

世界一高価な幻の珈琲ってご存知ですか?

珈琲について詳しい人は「あぁ~コピルアックでしょ(゚∀゚)」と答えると思われます。

そうそうインドネシアのジャコウネコの生態を利用したあれです。

確かに高額で取引されていますよね?

↓↓↓↓↓↓

コピ・ルアック[100(g)]

コピルアック[250(g)]

 

はいっ、正解でーーーすっ(‘∀`)

・・・・・では、記事が終わってしまいます((((;゚Д゚))))

ということで、不正解です。

確かにコピルアックは非常に高価な珈琲として有名です。

しかし、それを上回る高額な珈琲が存在するのです!!

それが・・・「ブラック・アイボリー(Black Ivory)」です。

この珈琲は”香りが強く、苦味が少なくてまろやか”なのが特徴です。

では、どのように生産されるのでしょうか?

コピルアックをご存知であればなんとなく想像できますよね?

そうですっ!!

動物の糞(排泄物)から珈琲を取り出すのです(;゚Д゚)!

そして、その動物の正体とは・・・。

ぱぉ~~~~~ん!!

zou

ゾウです(笑)

生産国はタイになります。

そして、気になるお値段ですが・・・。

YUKI_accyonburike15114524-thumb-815xauto-18873 

1キロあたり約8万8000円ですΣ(゚д゚lll)

えぇ~身近な高額商品が余裕で購入できる価格ですね(笑)

 

因みにベトナムでは猿の糞から取り出した「モンキー・コーヒー」と言うものがあります。

もはや、なんでもありです((((;゚Д゚))))

では、なぜ価格がここまで高額なのか?

それは、、、

ゾウ1頭の飼育にひと月あたり約1000ドルかかるうえ、33キロのコーヒーの実を食べさせて1キロのブラックアイボリーの生産しか出来ないため、高額になってしまうのだと言います。

引用元:www.sanktgallenbrewery.com

と言うことです。

確かにゾウを飼育するだけでも一苦労でしょうしね。

コピルアックののジャコウネコもそうですけど、動物の力とは本当に偉大です。

しかし、最近はジャコウネコに餌として珈琲の実を与えて、豆を取り出すことも行われているようです(-_-;)

所謂、コピルアックの人工的生産(養殖)というやつです。 

本来、ジャコウネコは完熟した実の中でも品質の高いものを厳選して食べます。

これがコピルアックの美味しさの秘訣だと考えられます。

が、餌として与えていては未熟な豆も食べてしまいますΣ(゚д゚lll)

本末転倒とはまさにこのことですね。

まぁ~色々と書きましたが、これらの珈琲を否定する気は全くありません。

ただ「珍しい=高額=美味しい珈琲」ではないかもしれませんよ?

ということが伝えたくて、幻のコーヒーについて取り上げてみました。

 

 一応、紹介だけしておきますね。

↓↓↓↓↓↓


タイ発 「ゾウが作る最高級のコーヒー」 ブラック・アイボリー(Black Ivory) 35[g]

 

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. ドリップ

    抽出条件による味の傾向

    抽出条件による味の傾向は把握していますか?珈琲はお湯の温度、粒の大きさ…

  2. 珈琲の知識

    珈琲の酸味と苦味の関係性まとめ

    珈琲は言葉で表現するのが難しい複雑な香味を持った飲み物ですが、大きく分…

  3. 珈琲の知識

    通はブラック?国によって異なる珈琲の飲み方!

    日本人は昔から素材を活かした調理法にこだわります。珈琲も例外ではなく、…

  4. 実践記事

    同一の珈琲豆で浅煎りと深煎りの違いを確認してみた

    珈琲の香味は8割が生豆の質で決まるっ!!と、このブログでは紹介してきま…

  5. 珈琲の知識

    高品質な豆を見極める方法・・・求める香味を明確に!!

    今、飲んでいる珈琲は求めている香味ですか?珈琲の香味は8割が生豆の品質…

  6. ドリップ

    珈琲豆は焙煎度合いによって重さが異なります

    メジャースプーンでしっかりと量っているのに薄い珈琲になってしまった。逆…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 珈琲の知識

    冷凍保存した珈琲豆って凍ってるの?温度を計ったら○○℃だった!!
  2. 珈琲と音楽

    珈琲を飲みながら聴きたい音楽【bohemianvoodoo】
  3. 雑記

    これを読むと心が温まります!!
  4. 珈琲と音楽

    珈琲を飲みながら聴きたい音楽【toconoma】
  5. 珈琲の知識

    珈琲にも「新・古・古々」があるってご存知ですか?
PAGE TOP