珈琲と音楽

珈琲を飲みながら聴きたい音楽【ボビー・コールドウェル】

このブログで度々、登場している「ファイヤーキング」のカップは”1940~1970年代“にアメリカで製造されたものです。

買うなら今?FireKing Japanでお得にオシャレに珈琲を飲もう!

 

何が言いたいかって??

 

時を経ても素晴らしいものは素晴らしいっ!!

ってことです。

これは音楽の世界でも一緒です。

今回、ご紹介するのは1970~1980年代にかけてA.O.Rを世に広めたアーティストです!!

— Sponsored Link —

ところで、「A.O.R」というキーワードをご存知ですか?

A.O.RとはAdult-Oriented Rock(アダルト・オリエンテッド・ロック)の略語で「大人向けのロック」といった意味で使用されていた音楽用語です。

ファイヤーキングとはもちろん、珈琲とも相性抜群の音楽になっておりますので、是非聴いてみてください!!

ボビー・コールドウェル

ボビー・コールドウェル」はA.O.Rサウンドを代表するアメリカのミュージシャンです。

1978年のデビュー曲「風のシルエット」が強烈すぎるため”一発屋”と言われることもしばしばありますが、どの楽曲も洗練されており、これだけの時を経ても色褪せることはありません。

と、まぁ~僕がごちゃごちゃと説明しても素晴らしさが伝わらないと思うので、まずはこちらをご視聴ください。

 うぉ~、珈琲飲みたーーいっ!!

ってなりませんでしたか?

聴いていただいたのは「スペシャル・トゥ・ミー」って曲になります。

完成度が高く、独自の世界観を感じますよね。

A.O.Rの世界は奥が深く魅力のある音楽ばかりですが、まずはボビー・コールドウェルのこちらのアルバムは必聴です!!


イヴニング・スキャンダル

スペシャル・トゥ・ミー」も素晴らしいですが、A.O.Rの名盤と言っても良いほどにどの楽曲も素晴らしいです!!

特に「風のシルエット」は絶対に聴いていただきたいですね♪

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲と音楽

    珈琲を飲みながら聴きたい音楽【bohemianvoodoo】

    音には不思議な力が備わっており、言葉がなくても悲しみや喜びを感じる瞬間…

  2. 珈琲と音楽

    珈琲を飲みながら聴きたい音楽【ADAM at】

    音楽を聴いていて、突然やる気に満ち溢れたことはありませんか?幸福感…

  3. 珈琲と音楽

    ドライブしながら聴きたい音楽【tacica】

    最高に格好いいロックをアナタへ・・・このブログでは美味しい珈琲、楽しい…

  4. 珈琲と音楽

    珈琲を飲みながら聴きたい音楽【ドナルド・フェイゲン】

    音楽には人の感情を揺さぶる力が備わっています。そのため、気分が明るい(…

  5. 珈琲と音楽

    珈琲を飲みながら聴きたい音楽【orange pekoe】

    音楽の構造と人間の思考プロセスは極めて密接しており、多くの人は波長が合…

  6. 珈琲と音楽

    珈琲を飲みながら聴きたい音楽【toconoma】

    音楽って素晴らしいと思いませんか?いつでも、どこでも楽しめる。珈琲を飲…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 備品

    [ぶらり珈琲ぼっち旅~西国激走編~]珈琲、外で淹れます【前半:道具紹介】
  2. 珈琲の知識

    風邪気味のときは珈琲牛乳(改)に限ります
  3. 珈琲の知識

    珈琲の香味の表現方法でよくある誤解
  4. 実践記事

    「パナマ コトワ農園 ダンカン プレミアムリザーブ」を飲んでみた
  5. 雑記

    珈琲とKindleと私【電子書籍のメリット・デメリット】
PAGE TOP