珈琲の知識

コーヒードームは何故できる?

新鮮な豆にお湯を注ぐと豆がモコモコと膨らみますよね?

この膨らんでいる状態を「コーヒードーム」と呼びます。

ここではコーヒードームが何故できるのか?について解説していきます。

— Sponsored Link —

ドリッパーに粉をセットして、いざドリップ!!

dome01

するとどうでしょう。

豆がモコモコと膨らんできませんか?

dome02

更にお湯を注ぐと、中心から泡がブクブクと現れます。

dome03

この泡が珈琲の灰汁(アク)であり、一般的には雑味のもととなり美味しくないと言われています。

しかし、個人的には思ったよりも影響が少ないと感じています。

※実際に灰汁が落ちきるまで待って飲んでみましたが大きな影響はありませんでした。

よほど神経質でない場合は「灰汁が落ちきる前に抽出を完了したほうが理想」程度で覚えておけばOKです。

ではコーヒードームや灰汁は何に起因してできるのでしょうか?

膨らむということは、何かしらの気体が発生しているのは間違いなさそうですね。

少し考えてみましょう。

 

・・・・・。

 

・・・。

 

わかりましたか?

 

答えはCO2(二酸化炭素)です。

珈琲豆は焙煎直後からどんどんCO2を排出しているのです。

つまり「コーヒードームは新鮮な豆でないと発生しない現象である!!」と言うことです。

これは豆選びのポイントとしても使えそうですね。

是非、ドリップ時のコーヒードームの有無についても確認してみてください。 

[注]粗挽きの豆でゆっくりとお湯を注ぐ(点滴抽出で注ぐ)、湯の温度が低い、など条件によっては発生しにくいこともありますので、必ずしも「膨らまない=豆が古い」とはなりませんのでお気を付けください。

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    珈琲と柑橘系フルーツの相性

    突然だが、ウィンナーコーヒーと聞いて、このようなイメージを持った人はい…

  2. 珈琲の知識

    ハニープロセスとは?【part2】 珈琲の精製方法

    コスタリカのハニープロセス(珈琲の精製方法)を覚えていますか?忘れてし…

  3. ドリップ

    珈琲豆は焙煎度合いによって重さが異なります

    メジャースプーンでしっかりと量っているのに薄い珈琲になってしまった。逆…

  4. ドリップ

    抽出条件による味の傾向

    抽出条件による味の傾向は把握していますか?珈琲はお湯の温度、粒の大きさ…

  5. 珈琲の知識

    イタリアはカプチーノを1日○杯が基本

     「卵は1日1個までっ!!」といったキーワードをご存知ですか?コレステ…

  6. 珈琲の知識

    通はブラック?国によって異なる珈琲の飲み方!

    日本人は昔から素材を活かした調理法にこだわります。珈琲も例外ではなく、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 実践記事

    「ブラジル マカウバデシーマ農園 ナチュラル」を飲んでみた
  2. 珈琲の知識

    通はブラック?国によって異なる珈琲の飲み方!
  3. ドリップ

    ケメックスってご存知ですか?【後半】
  4. 備品

    Kalita電動コーヒーミル「NEXT G」 スペック詳細
  5. 珈琲の知識

    イエローハニーとホワイトハニーコーヒーの比較
PAGE TOP