珈琲の知識

抽出温度で珈琲の味が変わる

沸騰したての熱湯でドリップしていませんか?

ここでは抽出温度による味の違いについてを解説していきます。

以前、ドリップ前に抑えておくべきポイントでも紹介しましたが、珈琲の抽出温度は90℃前後が理想的です。

 記事はこちら

沸騰したての100℃でもいけないし、ぬるくなった80℃のお湯でもダメです。

では、なぜ90℃前後のお湯が良いのでしょうか?

— Sponsored Link —

それは、お湯の温度で酸味成分・苦味成分の溶けだし方が異なるからです。

基本的には高温ほど成分が短時間で出てきます(足が速くなる)。

逆に低温だと長時間かけて出てきます(足が遅くなる)。

さらに酸味成分はもともと足が速く、抽出温度にかかわらず2~3分もあれば殆ど珈琲に溶け出します。

例えると「ランニングしてる人」です。

酸味

対して苦味成分は足が遅く、ゆっくりと時間をかけて珈琲に溶け出します。

例えると「ウォーキングしてる人」です。

苦味

 

では、ここで「お湯の温度による成分の出方」、「酸味・苦味成分の特徴」をもう一度整理してみましょう。

 

 

・・・・・。

 

 

・・・。

 

もうお分かりですよね?

お湯の温度が高くなると、全体の足が速くなります。

つまり、苦味成分も「ウォーキング→ランニング」になります。

そのためコーヒー全体の味の総量が増え、苦味成分が多く入ったコーヒーになります。 

 

少し説明が複雑になってしまいましたが、これらの成分の出方を考慮すると90℃前後が最も酸味・苦味のバランスがとれた珈琲になるのです。

お湯の温度は毎回チェックするのは大変ですが、珈琲の味を左右する重要な要素の一つです。

しっかりと意識して美味しい珈琲に近づきましょう!! 

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 実践記事

    今、話題の水素水で水出しコーヒーを作ったら○○だった

    僕の心のアクセルを踏み込む名言の一つにこのような言葉あります。あなたが…

  2. 珈琲の知識

    ロブスタ種とアラビカ種の関係に迫る!!

    珈琲の品種まで意識するようになると、必ずと言っていいほど目にするキーワ…

  3. 珈琲の知識

    温度プロファイルによる香味の違い

    珈琲を焙煎するうえで重要になってくるは、豆の個性を最大限まで引き出すこ…

  4. 珈琲の知識

    スイーツに合う珈琲の選び方

    珈琲の種類によって相性の良いスイーツや食べ物があります。ここでは「3時…

  5. 珈琲の知識

    「モカ」ってなに?【珈琲用語解説】

    「どのような珈琲が好きですか?」の問いに対して「モカ」と答える人が多く…

  6. 珈琲の知識

    ピーベリーとフラットビーンの香味の違い

    珈琲豆は、コーヒーチェリーと呼ばれるサクランボのような実から種子を取り…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. マインド

    珈琲の味の違いが分からない?それって本当?
  2. 珈琲の旅

    [ぶらり珈琲ぼっち旅~西国激走編~]白鷺とおでんと私
  3. 珈琲と音楽

    「Jazz and Rain」で集中力アップっ!!
  4. 実践記事

    「インドネシア リントン マンデリン」を飲んでみた【水出し編】
  5. 備品

    ユニフレーム コーヒーバネットでアウトドアをもっと楽しく【メリット・デメリット、…
PAGE TOP