珈琲の知識

抽出温度で珈琲の味が変わる

沸騰したての熱湯でドリップしていませんか?

ここでは抽出温度による味の違いについてを解説していきます。

以前、ドリップ前に抑えておくべきポイントでも紹介しましたが、珈琲の抽出温度は90℃前後が理想的です。

 記事はこちら

沸騰したての100℃でもいけないし、ぬるくなった80℃のお湯でもダメです。

では、なぜ90℃前後のお湯が良いのでしょうか?

— Sponsored Link —

それは、お湯の温度で酸味成分・苦味成分の溶けだし方が異なるからです。

基本的には高温ほど成分が短時間で出てきます(足が速くなる)。

逆に低温だと長時間かけて出てきます(足が遅くなる)。

さらに酸味成分はもともと足が速く、抽出温度にかかわらず2~3分もあれば殆ど珈琲に溶け出します。

例えると「ランニングしてる人」です。

酸味

対して苦味成分は足が遅く、ゆっくりと時間をかけて珈琲に溶け出します。

例えると「ウォーキングしてる人」です。

苦味

 

では、ここで「お湯の温度による成分の出方」、「酸味・苦味成分の特徴」をもう一度整理してみましょう。

 

 

・・・・・。

 

 

・・・。

 

もうお分かりですよね?

お湯の温度が高くなると、全体の足が速くなります。

つまり、苦味成分も「ウォーキング→ランニング」になります。

そのためコーヒー全体の味の総量が増え、苦味成分が多く入ったコーヒーになります。 

 

少し説明が複雑になってしまいましたが、これらの成分の出方を考慮すると90℃前後が最も酸味・苦味のバランスがとれた珈琲になるのです。

お湯の温度は毎回チェックするのは大変ですが、珈琲の味を左右する重要な要素の一つです。

しっかりと意識して美味しい珈琲に近づきましょう!! 

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    アイスコーヒーは日本で誕生した?

    暑くなってきたのでアイスコーヒーについて語ることにします。ところで、ア…

  2. 珈琲の知識

    精製方法による香味の違いとは?

    珈琲は精製により香味が大きく異なります。アナタは精製方法まで意識して珈…

  3. ドリップ

    ペーパードリップは蒸らし後に混ぜる?混ぜない?

    数年前のWCE(世界コーヒー大会)ブリュワーズカップ部門の優勝者がハリ…

  4. 珈琲の知識

    ロブスタ種が評価されない理由は絶対的に○○が足りないから!

    珈琲に少し詳しくなると「アラビカ種 > ロブスタ種」と定義する人がいま…

  5. 珈琲の知識

    一杯の珈琲に含まれるカフェインの量

    珈琲一杯のカフェイン含有量はご存知ですか?「珈琲は飲みすぎると健康に良…

  6. ドリップ

    珈琲を蒸らす理由を把握して香味を安定させる

    「 ペーパードリップの抽出時は、一投目のお湯を注いでから少し蒸らしまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. マインド

    守破離の教え、それが珈琲道!!
  2. マインド

    珈琲とは旅である!抽出に悩んでいるアナタへ・・・。
  3. 雑記

    珈琲の世界におけるパレートの法則【持論】
  4. 備品

    正しいドリップポットの選び方
  5. ニュース

    スタイリッシュすぎるモカポット
PAGE TOP