珈琲の知識

高品質な珈琲は生豆から違う?梱包(パッキング)方法にもこだわりが!!

珈琲は鮮度が命!!

品質は焙煎前でも刻々と落ちていきます。

珈琲ができるまで(最終消費段階まで)の工程をざっくりと説明すると、

~珈琲ができるまで~

種をまく

苗木に育つ

開花(白色の花)

結実(赤、黄色に色付く)

収穫(機械 or 手積み)

精製(ウォッシュト、ナチュラルなど)

選別(ハンドピック)

梱包←今回のテーマ

輸送(基本的に海上輸送、稀に空輸)

焙煎(直火 or 熱風 or 半熱風)

粉砕(ミル)

抽出(ハンドドリップ、マシーンなど)

これだけの工程を経ることになります。

今回は珈琲の香味、品質に影響がないように思える「梱包(パッキング)」の部分に触れてみます。

最終消費者の人からは少し離れた工程になりますが、ここを知っていると高品質な珈琲に辿り着けるかもしれませんよ。

— Sponsored Link —

珈琲は飛行機で日本に届くこともありますが、輸送費が高額である理由から、多くは船に揺られて1ヶ月ほど掛けて日本にやってきます。

長期間の移動であるため、しっかりとした梱包が必須です。

ちなみに、梱包を辞書で調べてみると「包装し、縄などで荷造りすること」となっています。

では珈琲はどのように梱包されていると思いますか?

珈琲専門店やカフェにも飾ってありますよね?

そう、麻袋です。

e873d136e1fca3c3930f19577041f36f_s

この麻袋の内側に酸素や水分を浸透させない保存ビニールを使用して輸送しています。

とはいえ海を1ヶ月も渡る過酷な輸送になるわけです。

湿気や温度変化を完全に防ぐのは難しいです。

この時、生豆は刻々と鮮度を落としています。

では、空気を完全に遮断するにはどうしたらよいでしょうか・・・。

と、そこで採用されたのが「真空パック」です!!

バキュームパックとも呼ばれ、ブラジルのコーヒー社が始めたのがきっかと言われています。

麻袋と比較してコストは高くなりますが、鮮度が落ちる心配がないことから、ここ数年で急速に普及した輸送手段となっています。

主に段ボールに入れられて梱包することが多いため、麻袋は使用しません。

「珈琲=麻袋」みたいなイメージを勝手に持っているので、少し寂しいように感じますが、品質面においては間違いありません。

万が一、珈琲専門店などで真空パックを採用しているところがあれば、見せてもらうと良いでしょう。

石なんじゃないか(;゚Д゚)!?????

ってくらい、ガチガチに固めれています(笑)

— Sponsored Link —

少々マニアックな話しになってしまいましたが、高品質な珈琲は全ての工程にこだわりが詰まった貴重なものということですね。

生豆の保存状態、このあたりにも注目して珈琲を楽しんでみてください。

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    冷凍保存した珈琲豆って凍ってるの?温度を計ったら○○℃だった!!

    珈琲豆は常温と冷凍を使い分けて保存すると効果的です。こちらのQ&amp…

  2. 珈琲の知識

    エスプレッソのクレマができる仕組み

    まだまだマイナーイメージが先行しているエスプレッソですが、珈琲愛好家の…

  3. ドリップ

    あなたはどっち派?浸漬法と透過法の違い!【前半】

    珈琲の抽出方法は大きく2つに分類できるとご存知ですか?1つはフレンチプ…

  4. 珈琲の知識

    高品質な珈琲は高度なピッキング技術が要求されます!!

    珈琲ができるまでの工程において、どこか一つでも不備があると高品質なもの…

  5. 珈琲の知識

    珈琲を飲むベストなタイミングは?

    同じ珈琲でも淹れたての珈琲と時間が経過した珈琲では、味に大きな違いがあ…

  6. 珈琲の知識

    珈琲にも「新・古・古々」があるってご存知ですか?

    アナタが購入している珈琲はいつ収穫された豆ですか?お米に新米・古米・古…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 珈琲の知識

    珈琲が甘いってホント?
  2. ドリップ

    コーノ円すいペーパーの折り方
  3. 珈琲の知識

    風邪気味のときは珈琲牛乳(改)に限ります
  4. ニュース

    新しい食文化が日本に上陸!温かいパンに冷たいジェラート?
  5. ドリップ

    クレバーコーヒードリッパーの使い方解説
PAGE TOP