珈琲の知識

「モカ」ってなに?【珈琲用語解説】

どのような珈琲が好きですか?」の問いに対して「モカ」と答える人が多くいます。

理解して「モカ」と回答していれば問題ありませんが、勘違いしていると恥ずかしいことになるため、1度キーワードを整理しましょう。

この記事では、

 ●キーワードの由来

 ●モカの種類

 ●カフェで間違えるとビックリするモカ

の順番で説明していきます。

それではどうぞ。

— Sponsored Link —

キーワードの由来

「モカ」という用語はアフリカエリアのイエメンが発祥です。

イエメンと珈琲の歴史は非常に長く、何世紀にも渡って魅力的な珈琲を各国に出荷してきました。

31ad995e5818c645763e1e984689bc33_s

その時、珈琲を出荷していたイエメンの港の名前が「モカ(mocha)」であることから、イエメン産の珈琲を「モカ」と呼ぶようになりました。

つづりは元々「mocha」と表記されていましたが、現在では「moka」であったり「mokha」と表記することもあります。

モカの種類

混乱を招く一番の原因はモカに種類があることです。

キーワードの由来となったイエメン産の珈琲の他、対岸のエチオピア産の珈琲もモカと呼びます。

理由は単純で、どちらも同じ港(モカ)から出荷されていたからです。

それでは区別が付かないため、

 ●イエメン産 = モカ・マタリ

 ●エチオピア産 = モカ・ハラー or シダモ

と収穫地名を付加して差別化している場合もあります。

また「モカ・ジャバ」と呼ばれる珈琲が販売されていますが、これはジャワ島産とイエメン産の珈琲がブレンドされたものになります。

つまり、同じモカでも産地、特徴(香味)が様々ということです。

とはいえ、本来であればこれらの名称は各々で保護されて区別するのが妥当ではありますが、現在はフレーバーを説明するために「モカ」を使用する人が多く、

 ●モカ = 香りが強い、フルーティー、爽やか

になりつつあります。

これらの背景を理解したうえで「モカ」というキーワードを使うようにしましょう。

人によって「モカ」の定義が異なることもありますからね。

カフェで間違えるとビックリするモカ

イエメン産のモカ、エチオピア産のモカ、更にはブレンドしたモカ、これだけでもモカだらけなのに、ますます消費者を混乱に招くようなモカがカフェや喫茶店では提供されています。

それがこちら、

27b52becb35717839894b42835bbc1b3_s

 「カフェモカ」です。

簡単に説明すると、エスプレッソにホットチョコレートを混ぜ合わせたアレンジドリンクです。

これを”香りが強い、フルーティー、爽やか”なモカと勘違いして注文すると真逆のものが提供されますのでご注意を・・・。

— Sponsored Link —

たかがモカ、されどモカ、同じモカでも特徴は様々です。

勘違いしていると恥をかく可能性があるため、今回の内容はしっかりと覚えておきましょう。

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    今さら聞けない!!エスプレッソってなに?【起】

    一般的には「量が少ない、濃い、苦い」などマイナーイメージが先行している…

  2. 珈琲の知識

    珈琲の水色を楽しむ

    珈琲は真っ黒な飲み物!そう思っていませんか?紅茶の世界では水色(すいし…

  3. 珈琲の知識

    「ビジャ・サルチ」 珈琲の品種と特徴

    日本人は品種を意識して商品を選択します。僕も代表的なその一人です(笑)…

  4. 珈琲の知識

    炭火焙煎珈琲のよくある勘違い

    日本人は「炭火焼き」というキーワードが好物で、昔から根強いファンが多く…

  5. 珈琲の知識

    スイーツに合う珈琲の選び方

    珈琲の種類によって相性の良いスイーツや食べ物があります。ここでは「3時…

  6. 珈琲の知識

    精製方法による香味の違いとは?

    珈琲は精製により香味が大きく異なります。アナタは精製方法まで意識して珈…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 珈琲の知識

    ひとつまみの○○で珈琲の味がまろやかに!
  2. 雑記

    スマホ料金を安く抑えて美味しい珈琲を楽しみませんか?【雑記】
  3. 珈琲の知識

    抽出温度で珈琲の味が変わる
  4. 珈琲の旅

    [ぶらり珈琲ぼっち旅~西国激走編~]全自動焙煎機「トルネードキング」は京都にあっ…
  5. 実践記事

    「ケニア ンダロイニ・ファクトリー」を飲んでみた
PAGE TOP