ドリップ

珈琲を蒸らす理由を把握して香味を安定させる

「 ペーパードリップの抽出時は、一投目のお湯を注いでから少し蒸らしましょう!」

そのように本で読んだり、教えてもらったことはありませんか?

では、なぜ蒸らしているのですか?

この問いに答えられる人は少ないです。

ここでは珈琲を蒸らす理由、味の安定に繋がる理由を説明します。

— Sponsored Link —

珈琲は焙煎することでガスを吐き出します。

ガスの正体は二酸化炭素です。

二酸化炭素は常時排出されているのですが、お湯を注ぐことで排出量が増加します。

極端に表現しましたが、イメージとしては下図右側のようになります。

WS000050

これにより、珈琲が全体的に上に押し上げられて半円形に膨らみます。

ドーム状に膨れ上がることから、通称コーヒードームとも呼ばれています。

ドーム

では、このまま一投目直後に二投目のお湯を注ぎ始めるとどうなるのでしょうか?

WS000052

そうなんです、お湯が粉に接することなく通り抜けてしまいます。

これでは薄い珈琲になってしまいますね。

ここで「蒸らし」の登場です!!

二酸化炭素の排出はお湯を注いでから約30秒程で落ち着きます。

すると上図右側のように、全体的にお湯が回るようになり、珈琲の成分を均一に抽出することができます。

つまり、味の安定に繋がるのです。

 

いかがでしたか?

普段なんとなく蒸らしてから抽出していた人も、蒸らしの重要性を理解していただけたのではないでしょうか。

 

因みに、二酸化炭素の排出量は浅煎りほど少なく深煎りほど多くなります。

また、気温や湿度、湯温などによっても排出量は変化します。

一概に蒸らしは30秒と決めつけるのではなく、豆の動きを見て時間を調整してみてください。

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    珈琲豆の粒度調整によるスイーツとのマリアージュ

    最近では珈琲業界でもマリアージュという言葉を耳にするようになりました。…

  2. 実践記事

    同一の珈琲豆で浅煎りと深煎りの違いを確認してみた

    珈琲の香味は8割が生豆の質で決まるっ!!と、このブログでは紹介してきま…

  3. 珈琲の知識

    珈琲の香味に詳しくなるための近道

    ワインの世界では香味を言葉で表現することが一般的です。ワイン用語の「ア…

  4. 珈琲の知識

    カフェインレスコーヒーのブーム到来っ!?【解説含む】

    サントリー食品が2016年6月28日より、カフェインレスコーヒー「ボス…

  5. 実践記事

    今、話題の水素水で水出しコーヒーを作ったら○○だった

    僕の心のアクセルを踏み込む名言の一つにこのような言葉あります。あなたが…

  6. 珈琲の知識

    ロブスタ(カネフォラ)種とアラビカ種の成分の違い

    珈琲の品種は大きく2つに分類されます。1つは缶コーヒーやインスタントコ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 質問

    再沸騰した水は使わないほうが良い?【Q&A】
  2. 珈琲の知識

    古くなった珈琲豆の結末 ~奪われた○○~
  3. 備品

    珈琲豆の保存方法
  4. 質問

    珈琲の保存は常温と冷凍どちらが良いの?【Q&A】
  5. 雑記

    TポイントでもOKっ!!熊本地震の被災者に協力しましょう!!
PAGE TOP