ドリップ

珈琲を蒸らす理由を把握して香味を安定させる

「 ペーパードリップの抽出時は、一投目のお湯を注いでから少し蒸らしましょう!」

そのように本で読んだり、教えてもらったことはありませんか?

では、なぜ蒸らしているのですか?

この問いに答えられる人は少ないです。

ここでは珈琲を蒸らす理由、味の安定に繋がる理由を説明します。

— Sponsored Link —

珈琲は焙煎することでガスを吐き出します。

ガスの正体は二酸化炭素です。

二酸化炭素は常時排出されているのですが、お湯を注ぐことで排出量が増加します。

極端に表現しましたが、イメージとしては下図右側のようになります。

WS000050

これにより、珈琲が全体的に上に押し上げられて半円形に膨らみます。

ドーム状に膨れ上がることから、通称コーヒードームとも呼ばれています。

ドーム

では、このまま一投目直後に二投目のお湯を注ぎ始めるとどうなるのでしょうか?

WS000052

そうなんです、お湯が粉に接することなく通り抜けてしまいます。

これでは薄い珈琲になってしまいますね。

ここで「蒸らし」の登場です!!

二酸化炭素の排出はお湯を注いでから約30秒程で落ち着きます。

すると上図右側のように、全体的にお湯が回るようになり、珈琲の成分を均一に抽出することができます。

つまり、味の安定に繋がるのです。

 

いかがでしたか?

普段なんとなく蒸らしてから抽出していた人も、蒸らしの重要性を理解していただけたのではないでしょうか。

 

因みに、二酸化炭素の排出量は浅煎りほど少なく深煎りほど多くなります。

また、気温や湿度、湯温などによっても排出量は変化します。

一概に蒸らしは30秒と決めつけるのではなく、豆の動きを見て時間を調整してみてください。

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    貝殻豆を見つけたら取り除きましょう!!

    アフリカエリアの豆、特にエチオピア、ケニアの豆は貝殻豆の混入が目立ちま…

  2. 珈琲の知識

    美味しいアイスコーヒーを作るコツは味覚の温度特性を知ること!

    8月に突入して、いよいよ夏本番といったところでしょうか。冷房なしでは生…

  3. 珈琲の知識

    珈琲の香味に詳しくなるための近道

    ワインの世界では香味を言葉で表現することが一般的です。ワイン用語の「ア…

  4. 珈琲の知識

    珈琲のブレンド創りが劇的に上達するたった一つのコツ

    以上が、ブレンドを創るまでの一連の流れになります。▼ちなみに出来上がっ…

  5. 珈琲の知識

    一杯の珈琲に含まれるカフェインの量

    珈琲一杯のカフェイン含有量はご存知ですか?「珈琲は飲みすぎると健康に良…

  6. 珈琲の知識

    アイスコーヒーは日本で誕生した?

    暑くなってきたのでアイスコーヒーについて語ることにします。ところで、ア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 雑記

    超強気な缶コーヒー!お値段なんと○○円っ!?【雑記】
  2. 実践記事

    「インドネシア リントン マンデリン」を飲んでみた【水出し編】
  3. 実践記事

    「エチオピア ゴティティ ナチュラル」を飲んでみた
  4. 実践記事

    「コスタリカ ロス・クレストネス ラ・シーマ」を飲んでみた
  5. 雑記

    珈琲とティラミスチョコの相性が抜群すぎる件
PAGE TOP