珈琲の知識

珈琲の香味の表現方法でよくある誤解

珈琲の香味を明確に伝える手段として、フルーツの香味に置き換えることがあります。

珈琲には700種類以上の香味成分が含まれており、苦い、甘い、酸っぱい、などぼんやした表現だけではお伝えできないためです。

では、本当に珈琲はフルーツの味がするのでしょうか?

正直に申しますと・・・

— Sponsored Link —

フルーツの味ではありませんっヽ(´Д`;)ノ

珈琲豆は(さくらんぼのような)フルーツの種子になります。

そのため、焙煎した豆からもフルーティーな香りがするのは事実です。

しかし、フルーツの味か?と言われると話しは別です。

やはり、珈琲は珈琲であって、フルーツの味とは別物です。

そのため珈琲の表現方法を誤解して、違和感を持つ人が多くいます。

(ここからは僕の持論になりますので、軽い気持ちで読んでいただけると助かります。)

考え方はそれぞれだと思いますが、僕は以下の2点に気を配って珈琲をフルーツで表現します。

 

●香りの系統

フルーツは他の食べ物と比べて香りの種類が豊富です。

柔らかい香り、爽やかな香り、刺激的な香り、甘い香り、など様々です。

同様に、珈琲も粉にしたとき(フレグランス)、お湯を注いだとき(アロマ)に様々な香りを放ちます。

そこで、フルーツで例えるとするならばどの系統か?といったところに着目して表現します。

※細分化しすぎると表現に困るため、以下の系統をベースにします。

 ・柑橘系
 ・葡萄系
 ・リンゴ系
 ・メロン系
 ・トロピカルフルーツ系
 ・ベリー系
 ・核果
 ・ドライフルーツ

 

●舌で感じる味覚の強度

具体的に数値化していませんが、酸味、甘味、苦味を5段階ほど(5が強く、1が弱い)に分類してフルーツが持つ味覚の強度を考えます。

例えばレモンであれば「酸味5、甘味1、苦味3」、ピーチであれば「酸味2、甘味4、苦味2」といった感じです。(数字は適当です)

これを珈琲の酸味、甘味、苦味の強度と比較して表現します。

※どうしても、ピンポイントでフルーツを絞り込めないときは、香りの系統で紹介した項目でざっくりと表現することもあります。

ex)柑橘系の綺麗な酸味、トロピカルフルーツの複雑な甘味、ドライフルーツの柔らかい(自然な)甘味、など。

— Sponsored Link —

ということで、(少なくとも僕は)フルーツの味そのものではなくて、もっと根本的な「香りの系統」、「舌で感じる味覚の強度」といったところを表現しているのです。

珈琲の中にはフルーツがこっそりと隠れているくらいの感覚で捉えてもらえると「フルーツの味がしなーーいっ!!」といった誤解がなくなるのではないでしょか?

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    しごき?手摘み?人手による珈琲の収穫は絶対に高品質なの?

    人手による収穫=高品質はうそ?珈琲の収穫方法は"機械収穫"、"人手によ…

  2. 雑記

    カフェ探しの強い見方「cafe snap(カフェ スナップ)」を動かしてみた【雑記】

    ぷらっと外出したときにこんなことはありませんか?休憩がてらカフェでも入…

  3. ドリップ

    あなたはどっち派?浸漬法と透過法の違い!【前半】

    珈琲の抽出方法は大きく2つに分類できるとご存知ですか?1つはフレンチプ…

  4. 雑記

    超強気な缶コーヒー!お値段なんと○○円っ!?【雑記】

    明けましておめでとうございます。今年も更新頻度にムラがあると思いますが…

  5. 珈琲の知識

    貝殻豆を見つけたら取り除きましょう!!

    アフリカエリアの豆、特にエチオピア、ケニアの豆は貝殻豆の混入が目立ちま…

  6. 珈琲の知識

    珈琲が現在の飲み方にステップアップするまでの過程

    今でこそ当たり前のように飲んでいる珈琲ですが、いきなり現在の飲み方にな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 珈琲の知識

    珈琲が現在の飲み方にステップアップするまでの過程
  2. 珈琲の知識

    今さら聞けない!!エスプレッソってなに?【起】
  3. 備品

    ユニフレーム コーヒーバネットでアウトドアをもっと楽しく【メリット・デメリット、…
  4. 質問

    珈琲の保存は常温と冷凍どちらが良いの?【Q&A】
  5. 珈琲の知識

    珈琲とバナナは親友です♪
PAGE TOP