実践記事

「ケニア カナケファクトリーAB」を飲んでみた

今回の飲んでみたシリーズは「ケニア」です。

以前、登場したカラツファクトリーに続き、中央州キアンブ県の珈琲となります。

▼カラツファクトリーの記事はこちら

「ケニア カラツファクトリー」を飲んでみた

同一エリアですが、香味に違いはあるのでしょうか??

— Sponsored Link —

ところで、実践(僕が飲むだけの趣味的な記事)に入る前に、タイトルの「ケニア カナケファクトリーAB」の”AB“って何?と思われませんでしたか?

これはケニアの輸出規格を現しています。

スクリーンサイズ(豆の大きさ)17以上がAA規格で最高グレードとなっています。

それ以下は、A、AB、Bなどに区分されます。

つまり、グレードが高いものほど、豆のサイズが大きいということですね。

しかし、ケニアのグレードはサイズだけでは決まりません。

欠点数(珈琲の香味を悪くする不都合な豆)でもグレードが変わってきます。

つまりグレードこそ低いものの、豆のサイズが小さいだけで、香味は一級品といった豆があるというこです。

※逆にサイズが大きくても欠点だらけでグレードが低い豆もあります。

ということで、今回の「カナケファクトリーAB」は、小粒ではありますが香りがメチャクチャ強い(フルーティーな香り)珈琲です。

20151023_145042

楽しみですね。

それでは、さっそく飲んでみましょう!!

[2人前]

 豆:ケニア カナケファクトリーAB

 ロースト:シティ

 豆の使用量:24(g)

 粒度:中粗挽き(ナイスカットミル/ダイヤル:4.5)

 湯温:90℃

 抽出方法:ペーパードリップ(コーノ)

 使用器具:備品紹介のページはここをクリック!

マグカップでたっぷり飲むので2人前で抽出しました。

因みに使用したマグカップはこちら。

20151023_135855

か、可愛い・・・

20151023_135839

お気に入りの「ファイヤーキング スヌーピースポーツシリーズ 9オンスマグ」のペダルパワーです!!

明らかに、スヌーピーの足が地面に届かない設定ですね。

転倒必至です(笑)

では、さっそく飲んでみます。

・・・・・。

うん、ケニアっぽさ(所謂ケニアフレーバー)が全面に出ている珈琲です。

フレッシュで華やかな風味の中にアプリコットのような柔らかくて優しい酸味が感じられます。

ブラウンシュガーのような甘い余韻が心地よいです。

また、温度が下がってくるとピーチ、マンゴーが感じられますね。

カラツファクトリーもなかなかの個性派でしたが、こちらもなかなかの個性派です。

同一エリアでも違うものですね。

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 実践記事

    「ルワンダ コアカカ」を飲んでみた part2

    今回の飲んでみたシリーズは「ルワンダ」です。2015年4月以降、久しぶ…

  2. 実践記事

    「ケニア ンダロイニ・ファクトリー」を飲んでみた

    相手がリンゴと叫べば、こちらはゴリラと叫ぶっ!!そして相手がラッパと叫…

  3. 実践記事

    「コロンビア ブエサコ」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「コロンビア」です。収穫エリアは、ナリーニョ…

  4. 実践記事

    「ペルー フェスパ農園」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「ペルー」です。もう一度言います。「ペルー」…

  5. 実践記事

    「インドネシア リントン マンデリン」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「インドネシア」です。インドネシアは大小さま…

  6. 実践記事

    「エチオピア ゴティティ ナチュラル」を飲んでみた

    ダァーーーーーー!!雨、晴れ、雨、雨、晴れ、晴れ、雨。なんで天気が安定…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 珈琲の知識

    抽出方法に合わせた最適な粒度(メッシュ)
  2. ニュース

    スタイリッシュすぎるモカポット
  3. 珈琲の旅

    [ぶらり珈琲ぼっち旅~西国激走編~]見知らぬらぁめん【前半】
  4. 珈琲の知識

    立体的に考える珈琲のブレンド方法
  5. 珈琲の知識

    幻のコーヒーは巨大な動物から生まれます
PAGE TOP