実践記事

「コスタリカ ロス・クレストネス ラ・シーマ」を飲んでみた

今回の飲んでみたシリーズは「コスタリカ」です。

コスタリカは中央アメリカ南部に位置する共和制国家です。

北には前回ターゲットとなった「ニカラグア」また南東には「パナマ」があります。

— Sponsored Link —

コスタリカは中米では最も早く珈琲の栽培を開始した国で、近隣のグアテマラ、エルサルバドルに生産技術を伝えたことで有名です。

また、国全体で珈琲の生産を強く推奨していることもあり、当初は栽培希望者に土地が供給されていました。

それだけ力を入れているというこですね!!

他にもコスタリカと珈琲の歴史は古く、色々と説明したいところですが、この記事では飲んでみることが目的なのでこれくらいにしておきます。

早く飲みたいだけ(笑)

[1人前]

 豆:コスタリカ ロス・クレストネス ラ・シーマ

 ロースト:シティ

 豆の使用量:10(g)

 粒度:粗挽き(ナイスカットミル/ダイヤル:5.0)

 湯温:92℃

 抽出方法:フレンチプレス(シャンボール)

 使用器具:備品紹介のページはここをクリック!

豆本来の個性をダイレクトに味わいたかったため、久々にプレス式で抽出してみました。

P_20151213_114013

ペーパーに慣れていると、オイルの浮き出し方に若干戸惑いますね。

P_20151213_114040

抽出方法の詳細はこちらをどうぞ。

フレンチプレス(シャンボール)の使い方とコツ

因みに”ラ・シーマ”は区画のことで「コスタリカ アラスカ農園」の最上部に位置します。

それでは、説明はこれくらいにして冷めないうちに飲んでみましょう!!

 

むむ・・・っ!!

 

これはっ!!

口に含んだ瞬間、フローラルな香りが口腔内を刺激します。

軽やかな飲み口ではありますが、粘性が強く滑らかな触感が楽しめます。

アフターテイストが素晴らしく、ピーチ、マンゴーのような甘酸っぱい甘み(明るいコク)を感じます。

夜のリラックスタイムに音楽を聴きながらゆっくりと楽しみたくなるような珈琲です。

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 実践記事

    「ルワンダ コアカカ」を飲んでみた

    「○○」を飲んでみたシリーズ第2回目ということで、少し聞きなれない地域…

  2. 実践記事

    「東ティモール レブドゥ レテン」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「東ティモール」です。東ティモールはアジア地…

  3. 実践記事

    「ケニア カラツファクトリー」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「ケニア」です。東アフリカに位置する共和制国…

  4. 実践記事

    「ブラジル ダテーラ農園 ブルボン」を飲んでみた

    「○○」を飲んでみたシリーズはじめました。こちらの記事は、珈琲について…

  5. 実践記事

    「ルワンダ コアカカ」を飲んでみた part2

    今回の飲んでみたシリーズは「ルワンダ」です。2015年4月以降、久しぶ…

  6. 実践記事

    「エルサルバドル シベリア農園 パカマラ」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「エルサルバドル」です。以前、登場したシベリ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 珈琲と音楽

    珈琲を飲みながら聴きたい音楽【ドナルド・フェイゲン】
  2. 備品

    正しいドリップポットの選び方
  3. 実践記事

    CAFE PILAO(カフェピロン)を飲んでみた
  4. 珈琲の知識

    カッピングを覚えて珈琲の香味を見極める
  5. ドリップ

    珈琲を蒸らす理由を把握して香味を安定させる
PAGE TOP