実践記事

「コロンビア ディエゴ・ロペス」を飲んでみた

今回の飲んでみたシリーズは「コロンビア」です。

コロンビアと聞くと「苦味が強い珈琲」というイメージを持つ人が多いようです。

恐らく、南米エリアの珈琲=ブラジル=酸味が少ない=苦い!!

といった先入観からコロンビアも同様のイメージを持つ人が多いのでしょう。

果たして、本当に苦味が強いだけの珈琲なのでしょうか?

— Sponsored Link —

コロンビアの珈琲生産量は世界トップクラスで、ブラジル、ベトナムにつぎ第三位です。

※インドネシアとも接戦で順位は年々入れ替わりますが、上位であることは間違いありません。

では、生産に適している土地=全てが美味しい珈琲なのか?

と言われると、残念ながら答えはNOです。

コロンビアでも珈琲を栽培している農園は山のようにあります。

そんな数ある農園の中から、今回飲んでみたシリーズの標的になったのは「コロンビア ディエゴ・ロペス」です。

ディエゴ・ロペスは農園主名にあたり、栽培エリアはナリーニョ県になります。

品種はブルボン種の突然変異であるカトゥーラ種。

標高2,150mという非常に高地で栽培された品質の高い珈琲です。

さっそく飲んでみましょう!!

[2人前]

 豆:コロンビア ディエゴ・ロペス

 ロースト:シティ

 豆の使用量:24(g)

 粒度:中粗挽き(ナイスカットミル/ダイヤル:4.5)

 湯温:90℃

 抽出方法:ペーパードリップ(コーノ)

 使用器具:備品紹介のページはここをクリック!

2人前で300[ml]抽出しましたが、余裕でカップに収まります((((;゚Д゚))))

なぜならば、今回はこちらの9オンスマグを使用したからです!!

20150509_161653

ファイヤーキングシリーズでもお馴染みのスヌーピーシリーズです。

少し大きいマグカップですが、使い勝手もよくデザインも可愛いのでまた別の機会に紹介します。

 

では、さっそく淹れたてを頂きます。

・・・・・。

・・・。

美味っ!!!!

柔らかくて滑らかな食感と、ほどよい自然の甘み。

柑橘系、特にオレンジ思わせるスッキリとした酸味としっかりとしたボディがあり、非常にバランスが良いです。

ホッとしたいときにピッタリの珈琲なので、どこかで出会ったときは試してみてください。

それでは、良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 実践記事

    「ケニア カイナムイファクトリー AA」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「ケニア」です。以前、登場したカラツファクト…

  2. 実践記事

    [ぶらり珈琲ぼっち旅~西国激走編~]珈琲、外で淹れます【後半:実践】

    珈琲の旅の道中、山や海でアウトドアコーヒーを楽しんできました。▼珈琲の…

  3. 実践記事

    同一の珈琲豆で浅煎りと深煎りの違いを確認してみた

    珈琲の香味は8割が生豆の質で決まるっ!!と、このブログでは紹介してきま…

  4. 実践記事

    「タンザニア ブラックバーン農園」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「タンザニア」です。タンザニアは中央アフリカ…

  5. 実践記事

    「グアテマラ ラ・ホヤ農園 ブルボン」を飲んでみた

    お久しぶりです。どーも、chayaです。「あれ?ブログ引退しました?」…

  6. 実践記事

    「タンザニア ブラックバーン農園」を飲んでみた【part2】

    今回の飲んでみたシリーズは「タンザニア」です。前回のタンザニア実践が2…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ニュース

    珈琲の世界に終わりはない
  2. 珈琲の知識

    貝殻豆は高級品?しかも正体は象?
  3. 珈琲の知識

    ロブスタ(カネフォラ)種とアラビカ種の成分の違い
  4. 珈琲と音楽

    珈琲を飲みながら聴きたい音楽【fox capture plan】
  5. 開業

    開業するには6W2Hを書き出すべし!お店のコンセプトは決まっていますか?
PAGE TOP