珈琲の知識

pHが及ぼす味の影響

お茶をはじめ、料理の世界では水へのこだわりを持つことが多いです。

では、珈琲の世界でも水にこだわったほうが良いのでしょうか?

・・・結論から言いましょう!!

水道水で十分です(`・ω・´)b

 

何度かお伝えしていますが、珈琲の香味は「8割が豆の品質」で決まります。

水を変えても香味が劇的に変わることはありません。

 

が、それはpH(水素イオン指数)が同じ水であれば・・・の話しです。

 

pHとは水溶液の酸性またはアルカリ性の強さを示す数値のことです。

軟水、硬水なんて表現されることもありますね。

 

基本的にはpH7を中性として、pHが低ければ酸性高ければアルカリ性になります。

 

珈琲はpHが5~6程度の低酸性飲料になるのですが、pHが高いアルカリ性の水で抽出することで、pHが高くなり酸味が弱くなる傾向にあるのです。

 

 「珈琲を飲むベストなタイミングは?」の記事で紹介したキナ酸を覚えていますか?

この御方です↓↓↓↓↓↓

起きた

そう、キナ酸が目覚めることで酸味が強くなると説明しましたね。

 

しかし、pHが高いアルカリ性の水を使うと、、、

目覚まし

目覚まし没収ーーーーっ!!

といったことが起こります。

 

これにより、キナさんの目覚めが悪くなり、酸味が少なくなるということです。

 

つまり、pHで酸味をコントロールできるということですね。

 

ですが、正直なところ酸味をコントロールしたいのであれば、使用する豆を変更するか、淹れたての珈琲を楽しむ方が早いです。

 

幸い日本では水道水が中性になります。

よって、よほどのことがない限りは水道水で十分!!

ってことですね。

 

水にこだわっても損はしませんので、興味がございましたら、pHを意識して色々と試してみてください。

 

それでは、良い珈琲ライフを(‘∀`)

 

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    エスプレッソのクレマができる仕組み

    まだまだマイナーイメージが先行しているエスプレッソですが、珈琲愛好家の…

  2. 珈琲の知識

    珈琲豆の粒度調整によるスイーツとのマリアージュ

    最近では珈琲業界でもマリアージュという言葉を耳にするようになりました。…

  3. 珈琲の知識

    高品質な珈琲は生豆から違う?梱包(パッキング)方法にもこだわりが!!

    珈琲は鮮度が命!!品質は焙煎前でも刻々と落ちていきます。珈琲ができるま…

  4. 珈琲の知識

    一杯の珈琲に含まれるカフェインの量

    珈琲一杯のカフェイン含有量はご存知ですか?「珈琲は飲みすぎると健康に良…

  5. 珈琲の知識

    コーヒードームは何故できる?

    新鮮な豆にお湯を注ぐと豆がモコモコと膨らみますよね?この膨らんでいる状…

  6. 珈琲の知識

    今さら聞けない!!エスプレッソってなに?【承】

    今さら聞けない!!エスプレッソってなに?のPart【承】です。前回は、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 珈琲の旅

    [ぶらり珈琲ぼっち旅~西国激走編~]白鷺とおでんと私
  2. 珈琲の知識

    スペシャルティコーヒーの二極化が進行しています
  3. マインド

    心の鍵を外せば珈琲の世界は広がる
  4. 実践記事

    「琥珀色の宝石 パナマ ゲイシャ」を飲んでみた
  5. 実践記事

    「東ティモール レブドゥレテン2016」○○を使って飲んでみた
PAGE TOP