珈琲の知識

pHが及ぼす味の影響

お茶をはじめ、料理の世界では水へのこだわりを持つことが多いです。

では、珈琲の世界でも水にこだわったほうが良いのでしょうか?

・・・結論から言いましょう!!

水道水で十分です(`・ω・´)b

 

何度かお伝えしていますが、珈琲の香味は「8割が豆の品質」で決まります。

水を変えても香味が劇的に変わることはありません。

 

が、それはpH(水素イオン指数)が同じ水であれば・・・の話しです。

 

pHとは水溶液の酸性またはアルカリ性の強さを示す数値のことです。

軟水、硬水なんて表現されることもありますね。

 

基本的にはpH7を中性として、pHが低ければ酸性高ければアルカリ性になります。

 

珈琲はpHが5~6程度の低酸性飲料になるのですが、pHが高いアルカリ性の水で抽出することで、pHが高くなり酸味が弱くなる傾向にあるのです。

 

 「珈琲を飲むベストなタイミングは?」の記事で紹介したキナ酸を覚えていますか?

この御方です↓↓↓↓↓↓

起きた

そう、キナ酸が目覚めることで酸味が強くなると説明しましたね。

 

しかし、pHが高いアルカリ性の水を使うと、、、

目覚まし

目覚まし没収ーーーーっ!!

といったことが起こります。

 

これにより、キナさんの目覚めが悪くなり、酸味が少なくなるということです。

 

つまり、pHで酸味をコントロールできるということですね。

 

ですが、正直なところ酸味をコントロールしたいのであれば、使用する豆を変更するか、淹れたての珈琲を楽しむ方が早いです。

 

幸い日本では水道水が中性になります。

よって、よほどのことがない限りは水道水で十分!!

ってことですね。

 

水にこだわっても損はしませんので、興味がございましたら、pHを意識して色々と試してみてください。

 

それでは、良い珈琲ライフを(‘∀`)

 

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    自分好みの珈琲豆を判別する方法【焙煎度編】

    珈琲は生産国、農園、品種、精製方法など、様々な条件で香味が異なります。…

  2. 珈琲の知識

    しごき?手摘み?人手による珈琲の収穫は絶対に高品質なの?

    人手による収穫=高品質はうそ?珈琲の収穫方法は"機械収穫"、"人手によ…

  3. 珈琲の知識

    珈琲のブレンド創りが劇的に上達するたった一つのコツ

    以上が、ブレンドを創るまでの一連の流れになります。▼ちなみに出来上がっ…

  4. 珈琲の知識

    今が旬な果物食べてますか?珈琲の香味を表現するにはまずは果物と友達に!!

    あなたも一度は経験したことがあるでしょう!!種なしブドウは100%種が…

  5. 珈琲の知識

    珈琲の抽出カスを利用しましょう!!

    珈琲抽出後のカスは非常に便利です。有効活用しましょう!!あなたは珈琲を…

  6. 珈琲の知識

    抽出方法に合わせた最適な粒度(メッシュ)

    抽出方法によって粒度(メッシュ)は変えていますか?珈琲には様々な抽出方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 珈琲の旅

    [ぶらり珈琲ぼっち旅~西国激走編~]見知らぬらぁめん【後半】
  2. 珈琲と音楽

    珈琲を飲みながら聴きたい音楽【bohemianvoodoo】
  3. ニュース

    珈琲消費量No.1の国は?
  4. 実践記事

    今、話題の水素水で水出しコーヒーを作ったら○○だった
  5. 実践記事

    「ブラジル ダテーラ農園 ブルボン」を飲んでみた
PAGE TOP