珈琲の知識

pHが及ぼす味の影響

お茶をはじめ、料理の世界では水へのこだわりを持つことが多いです。

では、珈琲の世界でも水にこだわったほうが良いのでしょうか?

・・・結論から言いましょう!!

水道水で十分です(`・ω・´)b

 

何度かお伝えしていますが、珈琲の香味は「8割が豆の品質」で決まります。

水を変えても香味が劇的に変わることはありません。

 

が、それはpH(水素イオン指数)が同じ水であれば・・・の話しです。

 

pHとは水溶液の酸性またはアルカリ性の強さを示す数値のことです。

軟水、硬水なんて表現されることもありますね。

 

基本的にはpH7を中性として、pHが低ければ酸性高ければアルカリ性になります。

 

珈琲はpHが5~6程度の低酸性飲料になるのですが、pHが高いアルカリ性の水で抽出することで、pHが高くなり酸味が弱くなる傾向にあるのです。

 

 「珈琲を飲むベストなタイミングは?」の記事で紹介したキナ酸を覚えていますか?

この御方です↓↓↓↓↓↓

起きた

そう、キナ酸が目覚めることで酸味が強くなると説明しましたね。

 

しかし、pHが高いアルカリ性の水を使うと、、、

目覚まし

目覚まし没収ーーーーっ!!

といったことが起こります。

 

これにより、キナさんの目覚めが悪くなり、酸味が少なくなるということです。

 

つまり、pHで酸味をコントロールできるということですね。

 

ですが、正直なところ酸味をコントロールしたいのであれば、使用する豆を変更するか、淹れたての珈琲を楽しむ方が早いです。

 

幸い日本では水道水が中性になります。

よって、よほどのことがない限りは水道水で十分!!

ってことですね。

 

水にこだわっても損はしませんので、興味がございましたら、pHを意識して色々と試してみてください。

 

それでは、良い珈琲ライフを(‘∀`)

 

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    ロブスタ(カネフォラ)種とアラビカ種の成分の違い

    珈琲の品種は大きく2つに分類されます。1つは缶コーヒーやインスタントコ…

  2. 珈琲の知識

    ハニープロセスとは?【part2】 珈琲の精製方法

    コスタリカのハニープロセス(珈琲の精製方法)を覚えていますか?忘れてし…

  3. 珈琲の知識

    低産地・高産地の珈琲の特徴

    一般的にレギュラーコーヒーとして飲まれることが多いアラビカ種は、高温多…

  4. 珈琲の知識

    珈琲の酸味と苦味の関係性まとめ

    珈琲は言葉で表現するのが難しい複雑な香味を持った飲み物ですが、大きく分…

  5. ドリップ

    究極のカフェオレの作り方

    朝から深煎りの珈琲をガツンとブラックで飲む人もいれば、浅煎りをサッとア…

  6. 珈琲の知識

    しごき?手摘み?人手による珈琲の収穫は絶対に高品質なの?

    人手による収穫=高品質はうそ?珈琲の収穫方法は"機械収穫"、"人手によ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ニュース

    ピース又吉さんの「深い珈琲エッセイ」付きコーヒーが話題に!
  2. 珈琲の知識

    古くなった珈琲豆の結末 ~奪われた○○~
  3. 珈琲の知識

    通はブラック?国によって異なる珈琲の飲み方!
  4. 珈琲の知識

    抽出方法に合わせた最適な粒度(メッシュ)
  5. 備品

    手挽きミルの調整方法(Kalita dome mill)
PAGE TOP