実践記事

「タンザニア ブラックバーン農園」を飲んでみた

今回の飲んでみたシリーズは「タンザニア」です。

タンザニアは中央アフリカ東部に位置する国で、アフリカ大陸最高峰の「キリマンジャロ山」が有名です。

日本では”タンザニアのコーヒー”と伝えるよりも、”キリマンジャロのコーヒー”と伝える方が納得される確立が高いです(笑)

— Sponsored Link —

では、キリマンジャロの珈琲は美味しいのか?

答えはYESでもなくNOでもありません。

なぜならば、栽培エリアが広大で、トレサビリティが不明確だからです。

故に、高品質で美味しい珈琲もあれば、低品質で美味しくない珈琲も混ざっています。

 

また、タンザニアはキリマンジャロでしか珈琲を栽培していないのか?

と思われがちですが、国土のさまざまな場所で栽培は行われています。

特に東北部(アルーシャ州)の豆は、酸とコクのバランスが良く、香味も優れていると評判です。

 

ということで、今回はタンザニアの中でも一線を画す「ブラックバーン農園」の珈琲を飲んでみます。

ブラックバーン農園はアルーシャ州に位置しており、標高も1600m以上と、非常に珈琲の栽培に適した栽培環境を持っています。

酸とコクのバランスに注目しながら飲んでみようと思います。

[2人前]

 豆:タンザニア ブラックバーン農園 ブルボン

 ロースト:フレンチ

 豆の使用量:25(g)

 粒度:中粗挽き(ナイスカットミル/ダイヤル:4.5)

 湯温:90℃

 抽出方法:ペーパードリップ(コーノ)

 使用器具:備品紹介のページはここをクリック!

珈琲が透き通る感じを堪能するため、ファイヤーキングDハンドルシリーズのホワイトを使用します。

20150515_145811

ホワイトだとよく透き通りますね(゚∀゚)

では、淹れたてを頂きます。

 

バランスが・・・ぜ、絶妙っ((((;゚Д゚))))

スッキリとした柑橘系の酸味と、甘みのある豊かなコクがバランスよく備わっています。

飲み口はキリっとしており、透明感がありながらも、柔らかい香味が口の中に持続します。

スイーツとの相性も抜群のため、3時のおやつタイムにはピッタリの珈琲ですね。

それでは、良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

 

関連記事

  1. 実践記事

    「カフェインレス コロンビア ブエサコ」&「松屋長春の羽二重餅」を食べてみた

    今回の飲んでみたシリーズは「コロンビア ブエサコ」です。2015年夏に…

  2. 実践記事

    「ペルー フェスパ農園 カトゥーラ」を飲んでみた

    一度は行ってみたい場所、食べてみたいもの、見てみたいもの、体験したいも…

  3. 実践記事

    「ルワンダ コアカカ」を飲んでみた

    「○○」を飲んでみたシリーズ第2回目ということで、少し聞きなれない地域…

  4. 実践記事

    「ペルー フェスパ農園」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「ペルー」です。もう一度言います。「ペルー」…

  5. 実践記事

    「インドネシア リントン マンデリン」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「インドネシア」です。インドネシアは大小さま…

  6. 実践記事

    「エチオピア イルガチェフェ ナチュラル」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「エチオピア」です。アフリカエリア特有のフレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 備品

    ブレードグラインダー(プロペラ式)ミルのコツ
  2. 珈琲の知識

    抽出方法に合わせた最適な粒度(メッシュ)
  3. ニュース

    コーヒースタンドが増加中です
  4. 実践記事

    「コロンビア ブエサコ」を飲んでみた
  5. マインド

    自営業という名のフィールドに旅立つ前に装備すべき3つのアイテム
PAGE TOP