実践記事

「ルワンダ コアカカ」を飲んでみた part2

今回の飲んでみたシリーズは「ルワンダ」です。

2015年4月以降、久しぶりの登場です!!

「ルワンダ コアカカ」を飲んでみた

 

当ブログでは何度かお伝えしていますが、珈琲は農作物です。

いつもでも同じ味(つまり安定した香味)を再現するのは非常に困難と言われています。

果たして、今回のルワンダは昨年同等の香味なのでしょうか?

— Sponsored Link —

ルワンダ、またはブルンジ等の珈琲に詳しい人は「ポテト臭」といったキーワードを目にしたことがありませんか?

ポテト臭とはジャガイモ、ゴボウのような泥臭い香りのことで、珈琲の香味としては評価されません。

ただ、すべての豆からその香りがするわけではなく、大量の豆の中に数粒混入しているといったケースが多いです。

では、それをハンドピック(欠点豆を取り除く作業)で弾けばいいのでは?

と思われるかもしれませんが、見た目からは判断できかねます。

故に、混入を完全に防ぐことは不可能ですが、生産プロセスのクオリティが高ければ高いほど混入率は低下すると思われます。

ということで、今回はポテト臭にも着目して飲んでみます!!

[2人前]

 豆:ルワンダ コアカカ ムガンザW.S

 ロースト:シティ

 豆の使用量:24[g]

 粒度:中粗挽き(ナイスカットミル/ダイヤル:4.5)

 湯温:90℃

 抽出方法:ペーパードリップ(コーノ)

 使用器具:備品紹介のページはここをクリック!

前回と条件を合わせるために、2人前で抽出しました。

使用した豆はこんな感じ。

P_20160213_115308

別に豆を選んで撮影したわけではありませんが、粒の大きさが均一で整っていることが分かりますね。

このあたり、クオリティの高さを感じます。

ではでは、冷めないうちにさっそく飲んでみます。

カップに注いだ写真が保存されてなかった(‘A`;)

 

淹れたてはナッツのような香ばしさを少し感じます。

温度が下がってくるにつれて、さくらんぼのような柔らかくて優しい甘味がでてきます。

問題のポテト臭は・・・

 

全くありませんっ( ̄Д ̄)ノ

 

個性的な豆が多いアフリカエリアの中でも穏やかで飲みやすい珈琲ですね。

是非、アフリカエリア初心者の人には飲んでいただきたいです。

それでは、良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 実践記事

    「コロンビア ディエゴ・ロペス(フレンチロースト編)」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「コロンビア」です。2回目の登場ですね(゚∀…

  2. 実践記事

    「ホンジュラス トゥーリオ・ポルティージョ」を飲んでみた

    2月中旬から風邪はひくし、確定申告の準備には追われるし、なかなかゆっく…

  3. 実践記事

    「ルワンダ コアカカ」を飲んでみた

    「○○」を飲んでみたシリーズ第2回目ということで、少し聞きなれない地域…

  4. 実践記事

    「タンザニア ブラックバーン農園」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「タンザニア」です。タンザニアは中央アフリカ…

  5. 実践記事

    「コスタリカ タラス ラ・ロカ ケブラダ」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「コスタリカ」です。コスタリカの珈琲は"ハニ…

  6. 実践記事

    今、話題の水素水で水出しコーヒーを作ったら○○だった

    僕の心のアクセルを踏み込む名言の一つにこのような言葉あります。あなたが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 実践記事

    「コスタリカ ブルマス・デル・スルキ」を飲んでみた
  2. 珈琲の知識

    珈琲豆の粒度調整によるスイーツとのマリアージュ
  3. 珈琲の知識

    今さら聞けない!!エスプレッソってなに?【結】
  4. 珈琲の知識

    珈琲の香味の表現方法でよくある誤解
  5. 備品

    火力が命、焙煎機の性能で香味が劇的に変化します!!
PAGE TOP