実践記事

「ルワンダ コアカカ」を飲んでみた

「○○」を飲んでみたシリーズ第2回目ということで、少し聞きなれない地域の珈琲を選んでみました。

今回の珈琲は「ルワンダ」です。

個性的な香味が特徴的であるアフリカエリアの中でも比較的、穏やかな印象です。

サクランボのような優しい甘みに、さらりとした飲み口が心地よく、アフリカエリアを試したことがない人にはオススメです!!

因みに珈琲は海に隣接している地域で栽培されることが多いですが、ルワンダは中部アフリカの内陸国になります。

— Sponsored Link —

では、さっそく飲んでみましょう(‘∀`)

 

今回の抽出条件は以下のようにしました。

[2人前]

豆:ルワンダ コアカカ

ロースト:シティ

豆の使用量:24(g)

粒度:中粗挽き

湯温:90℃

使用器具:備品紹介のページはここをクリック!

 

第1回目同様にペーパードリップで淹れていきます。

ここで一つ抽出時のポイントをお伝えします!!

抽出は同じ場所にお湯を注ぎ続けると、全体にお湯が行き渡らないため「の」の字を意識してクルっと回しながら行います。

500円玉サイズ

この時の注意点ですが、赤丸で囲ってある部分(500円玉くらいのサイズ)に「の」の字を書くように抽出しましょう。

全体にお湯を注ぎたい気持ちは分かりますが、端の方(ペーパーに触れるくらい)にお湯を注いでしまうと、粉にお湯が触れないまま下に落ちてしまいます。

つまり、お湯に近いうすーい珈琲になってしまいます(´・ω・`)

これは、ペーパードリップの基本中の基本です。

必ず実践しましょう!!

 

さて、今回はファイヤーキングのレストランウェアシリーズのストレートカップを使います。

20150413_102339

ルワンダの優しいイメージとピッタリですね。

 

出現率は低いかもしれませんが、万が一ルワンダに遭遇した時にはチャレンジしてみてくだい。

それでは、良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 実践記事

    同一の珈琲豆で浅煎りと深煎りの違いを確認してみた

    珈琲の香味は8割が生豆の質で決まるっ!!と、このブログでは紹介してきま…

  2. 実践記事

    「ケニア ンダロイニ・ファクトリー」を飲んでみた

    相手がリンゴと叫べば、こちらはゴリラと叫ぶっ!!そして相手がラッパと叫…

  3. 実践記事

    「コロンビア ブエサコ」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「コロンビア」です。収穫エリアは、ナリーニョ…

  4. 実践記事

    「タンザニア ブラックバーン農園」を飲んでみた【part2】

    今回の飲んでみたシリーズは「タンザニア」です。前回のタンザニア実践が2…

  5. 実践記事

    「グアテマラ サンタカタリーナ農園 ブルボン」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズの標的になったのは「グアテマラ」です(゚∀゚)…

  6. 実践記事

    「グアテマラ ラ・ホヤ農園 ブルボン」を飲んでみた

    お久しぶりです。どーも、chayaです。「あれ?ブログ引退しました?」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 珈琲の知識

    一杯の珈琲に含まれるカフェインの量
  2. 珈琲と音楽

    ドライブしながら聴きたい音楽【tacica】
  3. 備品

    コーヒーサイフォンの仕組み
  4. 珈琲の旅

    [ぶらり珈琲ぼっち旅~西国激走編~]オススメの道の駅
  5. 珈琲の旅

    [ぶらり珈琲ぼっち旅~西国激走編~]世界初の熱風低温焙煎機の実力に迫るっ!!
PAGE TOP