実践記事

「エチオピア サワナ農園 ナチュラル」を飲んでみた

今回の飲んでみたシリーズは「エチオピア」です。

僕の中ではお馴染みなイメージがありますが、前回の記事から8ヶ月ぶりの登場です!!

「エチオピア イルガチェフェ ナチュラル」を飲んでみた

ストロベリー、ピーチのようなフルーティな香りが印象的でしたね。

今回は農園違いになりますが、似たような香味を体感することになるのでしょうか?

— Sponsored Link —

ところで、ナチュラル(非水洗式の精製方法)で仕上げた豆のデメリットをご存知ですか?

それは・・・

 

 

欠点豆の混入率が高い」 

ということです。

ナチュラルが盛んなブラジルの最高グレードが”No.1“でなく、”No.2“である理由はそこにあります。

しかし、今回のエチオピアはナチュラルであるにも関わらず「欠点0」に挑んだものになります。

いやいや、そんなこと不可能でしょ」と思われますよね。

侮ることなかれっ( ̄Д ̄)ノ

この珈琲を手掛けたのは、高品質ナチュラルのスペシャリスト「Bagersh社」です。

無謀な挑戦に思われましたが、結果的にはほぼ条件は達成!!

しかも、輸送には温度が一定に保てるリーファーコンテナ(※)を使用する徹底ぶりです。

※通常のドライコンテナと異なり、医薬品、温度変化に弱い食品を輸送するときに使用します。

これまでにない、エチオピアの香味を体感することになるでしょう。

[2人前]

 豆:エチオピア サワナ農園 ナチュラル

 ロースト:シティ

 豆の使用量:24[g]

 粒度:中粗挽き(ナイスカットミル/ダイヤル:4.5)

 湯温:90℃

 抽出方法:ペーパードリップ(コーノ)

 使用器具:備品紹介のページはここをクリック!

豆はエチオピアらしい形状で、細長くてコロコロしています。

P_20160117_110612

さっそく、ミルで挽いてフレグランス(粉の香り)をチェックすると・・・

サクランボのような香りがします((((;゚Д゚))))

そして、抽出中にも香りをチェックしてみると・・・

P_20160117_111050

今度はプルーン(ドライフルーツ)のような香りがします((((;゚Д゚))))

このあたりの香りの変化も面白いのでチェックしてみてください。

 

それではさっそく、飲んでみます!!

不覚にも写真撮り忘れorz

 

フレッシュなフルーツというよりは、ドライフルーツ(マンゴー、レーズン、ストロベリー)のような柔らかい酸味と甘みが感じられます。

滑らかでクリーミーな触感にも関わらず、ウォッシュトのようなクリアな飲み口。

・・・複雑すぎて、思考回路が停止寸前です(笑)

酸味・苦味のバランスが絶妙で、クセも少ないためどなたでも楽しめる珈琲ですね!!

アフリカエリア初心者の人には是非、飲んで頂きたいです。

それでは、良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 実践記事

    「パナマ カフェ・コトワ リオクリスタル ゲイシャ」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「パナマ」です。パナマは北アメリカと南アメリ…

  2. 実践記事

    「インドネシア リントン マンデリン」を飲んでみた【水出し編】

    今回の飲んでみたシリーズは「インドネシア」です。1年前のこの時期にも登…

  3. 実践記事

    「タンザニア ブラックバーン農園」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「タンザニア」です。タンザニアは中央アフリカ…

  4. 実践記事

    「パプワニューギニア キガバ農園」を飲んでみた

    どーも、chayaです(σ゚∀゚)σ突然ではありますが、らーめ…

  5. 実践記事

    「ニカラグア ギジェルモ・モンテネグロ マラゴジペ」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「ニカラグア」です。ニカラグアは中央アメリカ…

  6. 実践記事

    「ケニア カナケファクトリーAB」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「ケニア」です。以前、登場したカラツファクト…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 雑記

    「蒟蒻畑コーヒー味」を食してみた【雑食】
  2. 雑記

    珈琲の世界は球体です【2015年最後の記事】
  3. ドリップ

    ドリップ前に抑えておくべきポイント【後半】
  4. マインド

    心の鍵を外せば珈琲の世界は広がる
  5. 珈琲の知識

    カップの色によって珈琲の味が変わります
PAGE TOP