実践記事

「ブラジル コヘーゴ・セコ農園 ナチュラル」を飲んでみた

今回の飲んでみたシリーズは「ブラジル」です。

これで何回目の登場だっΣ(゚д゚lll)

と思われる人もいることでしょう。

▼記念すべき第一回目から登場してます

「ブラジル ダテーラ農園 ブルボン」を飲んでみた

とはいえ、珈琲は農園、品種、精製方法、焙煎度、抽出方法など様々な条件で香味が異なります。

今回のブラジルはどういった特徴があるのでしょうか?

— Sponsored Link —

まずは農園名を紹介します。

聞いたことある人もいるかもしれませんが「コヘーゴ・セコ農園」になります。

生産地区は「バイア州シャパーダジアマンチーナ・ピアタン地区」という特定の地域です。

こちらの生産地区は標高1300[m]で、ブラジルとしては極めて高い場所に位置します。

そして、精製方法は伝統的なナチュラルっ!!

正直なところ生産地区は名前が長すぎて覚えられない(笑)

飲む前から柔らかそうな香味が想像できますね。

では、さっそく飲んでみましょう。

[1人前]

 豆:ブラジル コヘーゴ・セコ農園 ブルボン ナチュラル

 ロースト:フルシティ

 豆の使用量:17(g)

 粒度:中粗挽き(ナイスカットミル/ダイヤル:4.5)

 湯温:90℃

 抽出方法:ペーパードリップ(コーノ)

 使用器具:備品紹介のページはここをクリック!

久しぶりに「ファイヤーキング レストランウェア ストレートC&S ジェダイ」を使ってみます。

P_20151109_110233

柳宗理(スプーン)の丸みのあるデザインとレストランウェアのぽってりとしたフォルムが相性抜群です。

それでは、さっそく飲んでみます。

う、うまいっ!!

ナッツのような癖になる香ばしさと、チョコレートのような甘み、ナチュラル製法らしい果実感もほんのり感じられます。

ブラジル特有の濁り感、重たい印象は全く感じられず、軽やかでガブガブ飲んでしまいそうな珈琲です。

飲みすぎ注意認定珈琲ですね(笑)

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 実践記事

    「タンザニア ブラックバーン農園」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「タンザニア」です。タンザニアは中央アフリカ…

  2. 実践記事

    「グアテマラ サンタカタリーナ農園 ブルボン」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズの標的になったのは「グアテマラ」です(゚∀゚)…

  3. 実践記事

    「ケニア カナケファクトリーAB」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「ケニア」です。以前、登場したカラツファクト…

  4. 実践記事

    「ニカラグア フローレンシアミル マラゴジペ」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「ニカラグア」です。ニカラグア産の珈琲はフル…

  5. 実践記事

    「ルワンダ コアカカ」を飲んでみた part2

    今回の飲んでみたシリーズは「ルワンダ」です。2015年4月以降、久しぶ…

  6. 実践記事

    「コロンビア ラ・ピラミド」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「コロンビア」です。珈琲生産量が世界トップク…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ドリップ

    ネルドリップのメリット・デメリット
  2. ドリップ

    あなたはどっち派?浸漬法と透過法の違い!【前半】
  3. 雑記

    スマホ料金を安く抑えて美味しい珈琲を楽しみませんか?【雑記】
  4. 珈琲の知識

    ロブスタ種とアラビカ種の関係に迫る!!
  5. 珈琲の知識

    スイーツに合う珈琲の選び方
PAGE TOP