実践記事

「コロンビア ディエゴ・ロペス(フレンチロースト編)」を飲んでみた

今回の飲んでみたシリーズは「コロンビア」です。

2回目の登場ですね(゚∀゚)

以前の記事ではシティローストでしたが、今回はフレンチローストまでしっかりと焼き上げたコロンビアです!!

果たして香味に大きな違いはあるのか?

— Sponsored Link —

因みに、ローストには8段階あり、焙煎士の感性によって仕上がりが微妙に異なります。

理由は複数ありますが、経験と感覚で煎り止めを決定しているためです。

例えば、赤色と青色の絵具を混ぜると紫色になりますよね?

少しずつ混ぜていき、紫色になったら手を挙げて下さい。

こういった実験をするとします。

67e72fb76c5f8c3feceb3168453b07ab_m

この時、全員が同じタイミングで手を挙げるでしょうか?

必ず早いタイミングで手を挙げる人と、遅いタイミングの人が出てきますよね?

焙煎の世界でも一緒なのです。

・・・つまり何が伝えたかったかというと、焙煎士が異なる場合、ローストも異なります。

焙煎士Aさんはフルシティと言っても、Bさんはフレンチというかもしれません。

同一産地のロースト違いの飲み比べには注意してください。

さて、余談はこれくらいにして、さっそく飲んでみましょう!!

[2人前]

 豆:コロンビア ディエゴ・ロペス

 ロースト:フレンチ

 豆の使用量:25(g)

 粒度:中粗挽き(ナイスカットミル/ダイヤル:4.5)

 湯温:90℃

 抽出方法:ペーパードリップ(コーノ)

 使用器具:備品紹介のページはここをクリック!

カップはDハンドルシリーズのジェダイを使用!

ビスケットと一緒に頂きます。

20150608_121727

シティーローストと比較するとチョコレートのような風味が心地よく、甘みが際立っています。

また、オレンジの柑橘系の酸味はほどよく残っており、温度が下がってくると感じやすいです。

つまり、ローストによって香味がガラリと変わるわけではなく、豆が持っている個性の見え方が変わるといった印象です。

 

ビスケットと同時に口含むと、ビスケットの甘さとコロンビアの香ばしさが融合して、お互いを引き立てますね。

至福のときを味わうことができますので、是非お試しあれ。

それでは、良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 実践記事

    「ペルー フェスパ農園 カトゥーラ」を飲んでみた

    一度は行ってみたい場所、食べてみたいもの、見てみたいもの、体験したいも…

  2. 実践記事

    「東ティモール レブドゥレテン2016」○○を使って飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「東ティモール」です。1年前のこの時期にも登…

  3. 実践記事

    「インドネシア リントン マンデリン」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「インドネシア」です。インドネシアは大小さま…

  4. 実践記事

    「ルワンダ コアカカ」を飲んでみた

    「○○」を飲んでみたシリーズ第2回目ということで、少し聞きなれない地域…

  5. 実践記事

    「コスタリカ ブルマス・デル・スルキ」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「コスタリカ」です。しかし、ただのコ…

  6. 実践記事

    同一の珈琲豆で浅煎りと深煎りの違いを確認してみた

    珈琲の香味は8割が生豆の質で決まるっ!!と、このブログでは紹介してきま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 実践記事

    「コロンビア ディエゴ・ロペス(フレンチロースト編)」を飲んでみた
  2. 珈琲の知識

    美味しい珈琲を見極める超シンプルな方法
  3. 珈琲の知識

    ロブスタ種とアラビカ種の関係に迫る!!
  4. 珈琲用語集

    「オールド・ブラウン・ジャワ」ってなに?【珈琲用語解説】
  5. 実践記事

    「ブラジル マカウバデシーマ農園 ナチュラル」を飲んでみた
PAGE TOP