実践記事

「タンザニア ブラックバーン農園」を飲んでみた【part2】

今回の飲んでみたシリーズは「タンザニア」です。

前回のタンザニア実践が2015年5月であったため、実に8ヶ月ぶりの登場となります。

「タンザニア ブラックバーン農園」を飲んでみた

今回は「産地、農園、品種、精製方法」これら全ては前回同様っ!!

焙煎度を少しだけ浅くした豆での実践となります。

— Sponsored Link —

タンザニアの珈琲は16世紀にエチオピアから伝わったと言われています。

当初はロブスタ種がメインで栽培されていたという説もあるようです。

もともとは熟したコーヒーチェリーをゆでて数日間いぶしたものを噛んでいたようですが、徐々に飲み物として抽出されるようになっていきました。

現在では生産の約70%がアラビカ種、30%がロブスタ種となっています。

さて、雑学はこれくらいにして、さっそく飲んでみます!!

[1人前]

 豆:タンザニア ブラックバーン農園 ブルボン

 ロースト:フレンチ(フルシティに近い)

 豆の使用量:17(g)

 粒度:中粗挽き(ナイスカットミル/ダイヤル:4.5)

 湯温:90℃

 抽出方法:ペーパードリップ(コーノ)

 使用器具:備品紹介のページはここをクリック!

使用した豆はこちら。

P_20160111_124537

豆に少しだけ油が滲み出てきている状態です。

写真だと伝わりづらいですね(‘A`;)

前回同様に”ファイヤーキング Dハンドルシリーズ ホワイト”に注いでみました!!

P_20160111_124217

透き通った珈琲がいい味出してますね。

ではでは、冷めないうちに飲んでみます。

 

うまいっ((((;゚Д゚))))

グレープフルーツのような爽やかな酸味と渋みが絶妙なバランスで備わっています。

フレンチロースト(フルシティに近い)までしっかりと焼き上げていますが、煙に支配されることなくキャラクターが際立っていると言えるでしょう。

また、前回よりも焙煎度が少し浅いためか、飲み終えたあとはサラっとしています。

フルーツタルトと相性が良さそうに感じますね。

 

それでは、良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

 

関連記事

  1. 実践記事

    「コロンビア ディエゴ・ロペス」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「コロンビア」です。コロンビアと聞くと「苦味…

  2. 実践記事

    「インドネシア リントン マンデリン」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「インドネシア」です。インドネシアは大小さま…

  3. 実践記事

    「コロンビア ディエゴ・ロペス(フレンチロースト編)」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「コロンビア」です。2回目の登場ですね(゚∀…

  4. 実践記事

    「パナマ コトワ農園 ダンカン プレミアムリザーブ」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「パナマ」です。今年に入って早くも2回目の登…

  5. 実践記事

    同一の珈琲豆で浅煎りと深煎りの違いを確認してみた

    珈琲の香味は8割が生豆の質で決まるっ!!と、このブログでは紹介してきま…

  6. 実践記事

    「パナマ カフェ・コトワ リオクリスタル ゲイシャ」を飲んでみた

    今回の飲んでみたシリーズは「パナマ」です。パナマは北アメリカと南アメリ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 珈琲の知識

    珈琲の酸味と苦味の関係性まとめ
  2. ドリップ

    珈琲豆は焙煎度合いによって重さが異なります
  3. 雑記

    自分の生き方に迷走しているアナタへ送る本【雑記】
  4. 実践記事

    「ブラジル マカウバデシーマ農園 ウォッシュト」を飲んでみた
  5. 備品

    お気に入りのカップはお持ちですか?
PAGE TOP