珈琲の知識

カフェインレスコーヒーのブーム到来っ!?【解説含む】

サントリー食品が2016年6月28日より、カフェインレスコーヒー「ボス デカフェブラック」を全国のコンビニ、一部店舗にて新発売します。

カフェインレスコーヒーというと「美味しくない、物足りない」っといったイメージが先行していますが、当商品はしっかりとしたコクと香りが楽しめるようです。

日本では流通量が少ないカフェインレスコーヒーですが、これを期にブームが訪れるかもしれませんね。

さて、そんなカフェインレスコーヒーですが、当ブログではすでに先取りして「飲んでみたシリーズ」に登場しています。

▼過去記事はこちら

「カフェインレス コロンビア ブエサコ」&「松屋長春の羽二重餅」を食べてみた

カフェイン除去法についての説明が中途半端であった(ほぼ説明していない)ため、続きを書いていきます。

それではどうぞ( ̄Д ̄)ノ

— Sponsored Link —

ところで、カフェインってどのように取り除くの?と思われる人が多くいるでしょう。

一般的には水抽出法、または溶剤抽出法と呼ばれる手法を用いることが多いです。

ざっくりと図にまとめるとこんな感じです。

①カフェイン以外の成分が含まれた溶液に珈琲豆(生豆)を投入する

WS000006

  

②成分の飽和によりカフェインのみ外に排出される 

WS000007

 

図にするとカフェインだけが移動しているように勘違いするかもしれませんが、現実的には生豆に含まれる成分は無数にありますし、豆によって成分の比率は異なります。

 

故にカフェインのみ都合良く取り出すことは不可能です。

 

更に珈琲の成分は液体に溶け出しやすいこともあり、どうしても水抽出法、または溶剤抽出法の工程を経た珈琲は美味しいものから掛け離れてしまいます。

 

しかし、その問題を解決するカフェイン除去法が存在します。

それが・・・っ!!

 242283f3f7b168f57f4058b611ecdfd4_s

超臨界抽出法ですヽ(*´∀`)ノ

 

超臨界抽出法とは、二酸化炭素の超臨界流体(超臨界CO2)を用いたカフェイン除去法になります。

▼超臨界流体の位置づけ

WS000003

超臨界流体は”成分を溶かす液体の性質”と”どこにでも一瞬で侵入できる気体の性質”両方を兼ね備えています。

液体と気体の性質を兼ね備えた超臨界流体は、珈琲本来の香味は損なわずに、ピンポイントでカフェインのみを取り出します。

気体の性質で忍び込んで、液体の性質で奪うっ!!

そう、忍者のイメージです(笑)

しかも、利用するのが二酸化炭素であるため、安心・安全です。

ただ、1点だけ問題が・・・。

0440d1fe537973fc982cfc78755e08ef_s

コストが掛かるため、販売価格が高いことです(;゚Д゚)!

 

それでも「美味しい、更に安心・安全」といったことを考えると超臨界抽出法によるカフェインレスコーヒーは優れていると言えるでしょう。

取り扱い店舗は少ないと思われますが、どこかで見かけたときは試してみてください!!

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 珈琲の知識

    通はブラック?国によって異なる珈琲の飲み方!

    日本人は昔から素材を活かした調理法にこだわります。珈琲も例外ではなく、…

  2. 備品

    火力が命、焙煎機の性能で香味が劇的に変化します!!

    珈琲の香味は8割が生豆の品質で決まると言われています。では残りの2割は…

  3. 珈琲の知識

    スイーツに合う珈琲の選び方

    珈琲の種類によって相性の良いスイーツや食べ物があります。ここでは「3時…

  4. ニュース

    北欧の珈琲は○○を混ぜて飲むのが常識です

    最近では生クリーム、シナモン、ココアパウダー、キャラメル、チョコレート…

  5. 珈琲の知識

    珈琲をお湯で薄めるとは何事だ!?

    アメリカンコーヒーって見た目が薄い、味気ない、深みがない。そう思ってい…

  6. 珈琲の知識

    珈琲豆の粒度調整によるスイーツとのマリアージュ

    最近では珈琲業界でもマリアージュという言葉を耳にするようになりました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 雑記

    ブログ村コーヒー人気ランキングで1位獲得【雑記】
  2. 雑記

    飲む小倉あん?コメダ珈琲店「小豆小町」限定販売【雑記】
  3. ニュース

    コーヒースタンドが増加中です
  4. ドリップ

    あなたはどっち派?浸漬法と透過法の違い!【後半】
  5. 雑記

    「スターバックスのディカフェシリーズ」を飲んでみた
PAGE TOP