雑記

珈琲の世界におけるパレートの法則【持論】

パレートの法則をご存知でしょうか?

パレートの法則とは、

イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した法則で、「全体の数値の大部分(8割)は、全体を構成するうちの一部の要素(2割)が捻出しているといった考えです。

この法則はビジネス及び自然現象、社会現象で当てはめられることが多く、

例えば、

●商品の売上げの8割は、全体の2割の商品で生み出される。

●売上げの8割は2割の顧客によって生み出される。

●企業の売上の8割は、2割の従業員によって生み出される。

●自然現象の8割は、2割の地域に集中している。

といったことです。

 

しかし、この考えには続きがあるのではないか?

そして、珈琲の世界(コーヒーマーケット)においても当てはまるのではないか?

と、僕は考えています。

— Sponsored Link —

パレートの法則は「80:20の法則」とも呼ばれており、全体を100としたときに「8:2」に分類できるといった理論です。

では、よく考えてみてください。

「80:20」の20にも「8:2」が適用できますよね?

20の「8:2」、つまり「16:4」です。

即ち、全体で考えると「96:4」になるということです。

 

これを珈琲の世界に当てはめてみると・・・

美味しい珈琲の8割は、全体の珈琲の2割に集中している

さ・ら・にっ!!

集中した2割の珈琲の中でも特別に美味しい珈琲の8割は、2割の珈琲に集中している

となります。

 

や、ややこしいですね(;゚Д゚)!

 

パレートの法則と若干ニュアンスが変わってしまいますが、簡単に言うと、

●美味しい珈琲は全体の20(2割)である。

●20のうち16(8割)は普通に美味しい珈琲、4(2割)は特別に美味しい珈琲となる。

ということです。

— Sponsored Link —

と、まぁ~ごちゃごちゃと書きましたが、スペシャルティグレード(20の部分にあたる珈琲)も2極化が進んでおり、ハイエンドスペシャルティグレード(4の部分にあたる珈琲)がこれからのコーヒーマーケットを引っ張っていく可能性が高いですよ~。

WS000000

ってことです。

早くもフォースウェーブなんてキーワードも飛び交っていますので、これからもコーヒーマーケットから目が離せませんね!!

 

以上、パレートの法則による僕の珈琲論でした。

それでは良い珈琲ライフを(‘∀`)

ランキング参加中!

応援クリックよろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

関連記事

  1. 雑記

    珈琲とKindleと私【電子書籍のメリット・デメリット】

    あなたは空き時間に何をしていますか?スマホを触っていますか?…

  2. 雑記

    宇宙で飲む珈琲

    以前、宇宙飛行士の"スコット・ケリー"さんがTwitterやfaceb…

  3. 雑記

    「スターバックスのディカフェシリーズ」を飲んでみた

    スターバックスコーヒーが2017年1月11日から「ディカフェシリーズ」…

  4. 雑記

    ランニング前のコーヒーはダイエットに効果があると聞いたので実践してみます【雑記】

    冬になると温かい食べ物が美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまいます。そし…

  5. 開業

    開業に一歩踏み出せないアナタへ送る本【雑記】

    開業したいけど何から手をつければ良いか分からない、自分なんてあの人(成…

  6. 雑記

    100,000PV突破しました【雑記】

    まずは読者の皆様!!ありがとうございます(´∀`*)これからも宜しくお…

コメント

  1. chayaさんこんにちは

    確かに、コーヒーにもパレートの法則が適用されてますね、興味深いです!これから世界中の人がコーヒーに興味を持ち始めると、ハイエンドスペシャルティグレードはどんどん稀少な豆になりそう。

    • mongomeさん、コメントありがとうございます。
      無理やりパレートの法則をねじ込んでみました(笑)

      >これから世界中の人がコーヒーに興味を持ち始めると・・・

      そうですね。
      珈琲の需要は年々増加傾向にあり、徐々にですが価格が高騰しています。
      現在はハイブリッドコーヒー(気象現象、病気に強い品種)も重要視されており、供給率を上げる流れもあるようです。
      これから先どうなるのでしょうか(´ε`;)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 珈琲の知識

    ブレンドの作り方【前半】
  2. 珈琲の知識

    炭火焙煎珈琲のよくある勘違い
  3. 珈琲の知識

    ハニープロセスとは? 珈琲の精製方法
  4. 実践記事

    「ケニア カイナムイファクトリー AA」を飲んでみた
  5. ドリップ

    新鮮な豆でもコーヒードームができない条件はあるの?【Q&A】
PAGE TOP